terui のすべての投稿

時刻合わせ

Y先生のMacintosh は、なんと5分も遅れている。従って、メールをY先生に出し、すぐに返事をくれると、Y先生に出したメールより返事が先に帰ってきちゃう。
同じ時期にメールをうけとると、メールボックスの過去の方に入っちゃうので、訳がわからなくなっちゃう。

MacintoshOSX の時刻合わせは
http://mike.md.tsukuba.ac.jp/terui/timeadjust.html

電話の受け方、かけ方

電話の受け方

学内か学外かはベルの鳴り方でわかるから対応もそれに応じて変える。

積極的に電話を受けるポイントは、
●すぐに電話に出る。
●遅くても3コール以内に電話に出る。
●3コール以上で受けた場合は、「お待たせいたしました」の言葉を添える。

「はい、(xx大学)○○研究室です」 学外からだったら大学名を名乗る。

もし、相手が名乗ってくれない場合は、

「失礼ですが、お名前をお聞かせ願えますでしょうか」と、丁寧に聞く。

相手がわかったときにため息とか、声のトーンを変えてはいけない。
(だれのことを言っているかわかっているよね?Mさん)
取次ぎの間、先方に待っていただく必要が出ますが、その時に

「少々お待ちください」

「少々お待ちいただけますでしょうか?」 こちらのほうがいい。

電話応対の挨拶の基本は、以下のような感じです。

「○○を教えてください」 → 「かしこまりました」
相手に確認するときは → 「恐れ入りますが」「失礼ですが」
相手がなにかしてくれる時 → 「よろしくお願いいたします」

頬杖をついて電話をしたり、のけぞって足を組んだり、した態度は先方に必ず伝わる。姿勢をただすこと。
(わかっているよね!!H君)
また、電話をしている人の側で、大声で世間話をしたり、笑ったりするのも厳禁です。
お客様は、電話を通じてあなたを、そしてあなたの研究室の評価を下している。

話の終わりの挨拶は、
「ありがとうございました」
「失礼します」
「よろしくお願いいたします」
等です。

電話の掛け方

■時間を表す挨拶
「おはようございます」
「夜分遅くに恐れ入ります」
を最初に言うと印象がいい。

「○○研究室のxxと申します。いつもお世話になっています」
相手がどこの誰から電話がかかってきたのか分からないと、相手に不快感を与えます。明るく、はっきりした声で挨拶をしましょう。
(わかっているよね。Y先生!!)

感じの良い挨拶は、以下のようなパターンです。

■相手との関係を表す挨拶
「先日は、お忙しいところ、ありがとうございました」

電話をかけた名指し人の部署、役職、氏名など、必要なことをはっきりと告げるようにしましょう。

「xxxの件でお電話いたしました。○○先生は、いらっしゃいますでしょうか」
「xxx担当の○○様をお願いいたします」
など、はっきりと名指し人を特定できるように配慮しましょう。

そのため、まずは相手の都合を聞いて、気配りのある電話をかけるようにしましょう。相手の都合を聞いて、今は話せないというのであれば、すぐに電話を切り、改めて電話するようにしましょう。

「今、よろしいですか?」

という、たった一言が、相手に好印象を与えるのです。

「○○についてご確認したいのですが、今よろしいでしょうか?」
「こんにちは。○○研究室のxxと申します。今お電話、よろしいでしょうか?」
などの問いかけを習慣になるように訓練しましょう。

最後には、
「よろしくお願いします」
「ありがとうございました」
という言葉で締めくくる。

迷惑メール

UNK MAIL の挿入状況が、フィルタ設定以前と大して変わらんという、クレームがあったので、自動学習しているのかどうか わからないのでマニュアルで学習させてみた。

su でジャンクメールの学習は
sa-learn –showdots –spam /var/spool/imap/user/[junkmailのdirectory]/*

…..//…..
Use of uninitialized value in pattern match (m//) at /System/Library/Perl/Extras/5.8/Mail/SpamAssassin/Message.pm line 225.
なんのこっちゃ?
kearned from 367 message(s) (368 message(s) examined).

だそうで、ついで、ジャンクメールでないのにジャンクとしてしまった誤った方の学習は
sa-learn –showdots –ham /var/spool/imap/user/[notjunkmailのdirectory]/*

…..//……
Use of uninitialized value in pattern match (m//) at /System/Library/Perl/Extras/5.8/Mail/SpamAssassin/Message.pm line 225.
Learned from 21 message(s) (22 message(s) examined).
だそうです。
2月23日から25日にかけてためたjunk/notjunk mail を学習させたわけだ。
さらに別の日のも学習させてみた。

どうなるだろ?

迷惑メール

MacOSX Server メールサービスの管理 10.4 のマニュアル52ページにしたがってジャンクメールの振り分け設定をおこなった。

この週末に365通のジャンクメールと誤ってジャンクメールとされたメール9通が、それぞれ /var/spool/imap/user/junkmail、/vara/spool/imap/user/notjunkmailに、ユーザから転送されてきた。

毎日午前1時にこれらのメールボックスを読んでフィルタは学習するとマニュアルにはあるんだけど、更新しているのかの確認がわからない。

一応、各メールボックスのメールを削除しておいた。一日1回、削除しろと書いてあるからだ。

照井のとこにきた迷惑メールには JUBK MAIL がちゃんとsubject に書き加わっている。が、もともと、ほとんどこないから、順調に学習しているかどうかはまだわからん。

Thunderbird で添付書類のファイル名が文字化け

Windows でも Mac でもThunderbird を使っていると、添付書類のファイル名が文字化けする。

ほんとかどうかはわからないけど

http://d.hatena.ne.jp/hejihogu/20070206/p10
によると

Thunderbird 1.5 は、RFC 2231 と呼ばれる標準規格に準拠し、メッセージを送信する際ヘッダ (本文の前に付加されるメタ情報) に書き込む添付ファイル名の形式に変更を行いました。ファイル名が長い場合、または日本語などマルチバイト文字を含むファイル名の場合、これまでとは異なる形式が使用されます。

この規格に対応していないメールクライアント (Outlook、Outlook Express、一部の携帯電話など) で、こうしたヘッダの付いたメッセージを受信した場合、ファイル名が復元されません。その結果、文字が途切れる、「att」で始まる名前に置き換わる、あるいは添付ファイルそのものが認識されない、といった現象が起こり得ます。

だそうで、これが事実だとすると、正しく振る舞う少数がいいのか誤った振る舞いをする多数がいいのか という昔ながらの命題にぶちあたります。

一生懸命 と 一所懸命 どっちが本来の言葉か知っている?

というわけで、

このファイル 309566xpi.zip を(解凍して)次のように操作すればいい。Windows でもMac でも同じである。
Mac でやるとなにか言ってくるが無視して実行する。

1 Thunderbird を起動し、[ツール] メニューから [拡張機能] を選択。
2 [追加] ボタンを選択して、ダウンロードしたファイルを選択。または、ファイルを拡張機能ウィンドウにドラッグ&ドロップする。
3 [インストール] ボタンを選択。
4 Thunderbird を再起動。
5 Thunderbird でツール→機能拡張 で Bug 309566暫定パッチ 1.0 があればOK。

これで、不細工なOutlookExpress ユーザから添付書類のファイル名が読めないとクレームをつけてくることがなくなる。

参考:うまく行かないときは以下を確認する。
1.ツールのオプションを選択。
2.オプションの詳細を選択して一般を選択。
3.一般項目の下に高度な設定項目の右に設定エディタを選択。
4.abut:configの項目がでますのでmail.strictly_mime.parm_foldingの行を探して行を選択すると編集項目になる。
値が 0 でなかったら 0 に変更。

スケジュールの公開

iCal で作ったスケジュールを mike から公開する。

ようやく、自動アップデートできるようになった。ただしMacOSXから。 Windows はこれから。

「このサーバの使い方」の「自分のスケジュールを公開」にある

複数が使う場合、共通のスケジュール公開 は要望があったら作る。複数の場合は面倒だから各人に同じソフトをインストールしちゃえ。アップデートがめんどうだけど。どうせ2−3人だろ。

hosts の内容を見る

自分のMacOSXのhostsの内容を確認するためには

nidump hosts . とターミナルで入力する。
nidump というコマンドはファイルの内容を表示しろということで最後の . (ドット)はローカルドメイン(127.0.0.1) を意味する


$ nidump hosts .
127.0.0.1 localhost
255.255.255.255 broadcasthost
192.168.0.2 example.com
$

つまり192.168.0.2 はexample.com だよ といっている。

version の調べ方

バージョンの調べ方

php
$ php -v
PHP 4.4.4 (cil)(built: Nov 1 2006 18:12:33)
Copyright (c) 1977-2006 The PHP Group
Zend Engine v1.3.0, Copyright (c) 1998-2004 Zend Technologyes

MySQL
$ mysqladmin version
mysqladmin Ver 8.41 Distrib 4.1.13a, for portbld-freebsd8.0 on powerpc Copyright (C) 2000 MySQL AB & MySQL Finland AB & TCX DataKonsult AB. This software comes with ABSOLUTELY NO WARRANTY. This is free software, and you are welcome to modify and redistribute it under the GPL license

Server version 4.1.13a_log
Protocol version 10
Connection Localhost via UNIX socket
UNIX socket /var/mysql.sock
Uptime: 3 days 3 hours 37 min 24 sec

Threads: 1 Questions: 4365 Slow queries: 0 Open: 31 Flush tables: 1 Open tables: 28 Quereis per second avg: 0.016

Perl
$ perl -v

This is perl, v5.8.6 built for darwin-thread-multi-2level
(with 3 registered patches, see perl -V for more detail)

Copyright ……….

Apache
$ httpd -v
Server version: Apache/1.3.33(Darwin)
Server built: Mar 20 2005 15:08:27

Webmail Subject文字化け その2

http://discussions.info.apple.co.jp/WebX?13@474.nbGTbuX2Kmp.6@.efe51de/3 によると

セリアさんの発言 (作成日 2006/3/11 10:37 am )

またしてもなんですが、Security Patch 2006-001でPHPが4.2.1になるので、件名の文字化けが起こります。今度は特定の文字列だとISO-2022エンコードすらしません。これは www.squirrelmail.jpのsquirrelmail1.4.5用日本語パッチをあてても起こります。PHPの mb_encoding.mimeheaderのバグらしいですので、Mac OS X Server純正のPHPでは修正しにくい問題です。

だそうで...

FTPのメッセージの文字化け

このサーバ へのFTPをWindowsのコマンド・プロンプトで実行すると welcome message や banner message が文字化けする。Windows はShift-JIS でMac はUTF-8 だからだ。そこで /Library/FTPserver/Messages/ の welcome.txt あるいは banner.txt をテキスト・エディタの mi でコードをShift-JIS に変換すればいい。しかし今度はMacのターミナルや他のFTPクライアントソフトでは文字化けしてしまうだろう。これはクライアントのソフトのほうで吸収するしかない。だからUTF-8から変更しない。この日本語が読めなくても関係ないからだ。

Squirrelmail Subject 文字化け

このサーバの の Webmail (Squirrelmail)のSuject欄に半角数字があると文字化けする

Squirrelmail は以前から日本語に弱い。
インストールされているのは1.4.5らしい。
#/etc/squirrelmail/config/conf.pl
と入力して設定を変える
10. Languages
1. Default Language: ja_JP
2. Defult Charset: [iso-2022-jp]
/etc/php.iniの設定
サーバ管理からWeb, Mail を止める。
phi.ini のバックアップを2つ作る。一方はバックアップ、一つは修正用
#cp php.ini php.ini.200612112
#cp php.ini php.ini.copy
#vi php.ini.copy
以下の7つの行のコメントアウト( ; )を削除して有効にする
[mbstring]            1041行目
mbstring.language = Japanese
mbstring.internal_encoding = EUC-JP
mbstring.http_input = auto
mbstring.http_output = SJIS
mbstring.encoding_translation = On
mbstring.detect_order = auto
mbstring.substitute_character = none;
vi を保存して終了
#mv php.ini.copy php.ini
サーバ管理から Web と Mail 再起動
なんも 変わらん。相変わらずSubject に半角数字がはいると文字化けする。本文はOK。

というわけで、もとに戻した。

http://www.squirrelmail.jp/node.php?id=290 によると

変更ファイル名: homeディレクトリ/webmail/class/deliver/Deliver.class.php

以下の行(458行目)の内容を変更
変更前:
$header[] = ‘Subject: ‘.encodeHeader($rfc822_header->subject) . $rn;

変更後:
$header[] = ‘Subject: ‘.mb_convert_encoding($rfc822_header->subject,”JIS”) . $rn;

だがそんなファイルがない。

root# /etc/squirrelmail/config/conf/pl で

Then go to general options and make sure number 11. Allow server-side sorting is set to true.

にしたが変わらない。もとに戻す。

というわけで未解決。とりあえずSubject欄には半角数字を入れないこと とするしかない。

OP25B対策

最近というか、かなり前から迷惑メール (spam) 対策と称して、主に動的に割り当てられる IP アドレス (ADSL やダイアルアップ接続などにより割り当てられる) から外部に出て行く SMTP メール接続が Internet Service Provider(ISP )により禁止されています。ISP のメールサーバだけが使用可能になっているはずなのでそちらを経由してメール送信する必要があります。 これをOutbound Port 25 Blocking (OP25B)といいます。つまりポート25を使っているISP以外のSMTPサーバの利用を禁止しているわけです

したがってこのサーバ をSMTPサーバとして、医学外からは使えないことになります。そこでポート25以外でもmikeはSMTPサーバとして使えるようにしました。

といっても、このサーバ のSMTPをだれでもが使えちゃうとSpam メールの中継に使われちゃうので、特定のip address のサーバ/ルータ/パソコンからしか使えないんだけどね。

/etc/postfix master.cf の77、78行目の行頭の#を削除
#submission inet n – n – – smtpd
# -o smtpd_enforce_tls=yes -o smtpd_sasl_auth_enable=yes

んでもってpostfix を再起動
# postfix reload

これでポート番号を587に指定すればmikeをSMTPサーバとして使えることになる。

参考: http://www.ponkotsu.net/hiki/Postfix.html

上記の理由から xxxxxxxxxxxxのルータの下にあるパソコンと管理人の自宅サーバだけだけどね。自宅で固定ip addressを使っている人は教えてね。

Webmail容量増加

Webmail(Squirrelmail)の容量増加

webmail の添付書類の最大容量はこれまで2MBであった。
これを 20MB まで増加することを試みた。
SquirrelMailの添付ファイル容量を20MBまで許容することにする。といっても、SquirrelMailをいじるわけでなくてphpをいじる(phpのアップロード量の制限だから)

バックアップを作る→修正用にコピーを作る→コピーを変更する→httpdとmail機能を止める→コピーをオリジナルファイル名に変更する→httpdとmail機能をスタート の順である

1)オリジナルのファイルのバックアップとコピー /etcで #cp php.ini php.ini.06112 #cp php.ini php.ini.copy /etc/httpd で #cp httpd.conf httpd.conf.061127 #cp httpd.conf httpd.conf.copy 2)コピーしたファイルを書き換える
/etc で php.ini.copyの以下2行を書き換える。
upload_max_filesize = 20M   489行目
post_max_size = 20M      373行目

phpがアップロードできるファイル容量を20MBに変更したわけだ。

/etc/httpd で httpd.conf.copy の最終行以降に、以下の3行を加える。コメントを残しておくのがいいだろう。 <Files *.php> LimitRequestBody 52428800 </Files> apacheでのphpの転送制限を50MBに変更したわけだ(1024*1024*50)。

3)サーバ管理で Mail と Web を停止

4)書き換えたファイルをオリジナルのファイル名に変更
/etcで
#mv php.ini.copy php.ini

/etc/httpd で
#mv httpd.conf.copy httpd.conf

6)サーバ管理でMail と Web を起動
php や apache が動いているから、動いているファイルを書き換えるのは良くない。

メーリングリストが動かない

突然 みけ のメーリングリストが動かなくなった

エラーログを見ると

Is qrunner even running? とある。

/private/var/mailman/data にsitelist.cfgとmaster-qrunner.pidがない。どうしてだ??

しかたないから 同じ構成のサーバからsitelist.cfgをコピーして作った。

んでもって # /usr/share/mailman/bin/mailmanctl start とすると
Starting Mailman’s master qrunner.
ととかえってきてなんとかうごいた。再起動してもOK。

原因不明なのでこれ以上なんともできない。

ちなみに動いているqrunnerは
# /usr/share/mailman/bin/qrunner -l
Arch runs the ArchRunner qrunner
Bounce runs the BounceRunner qrunner
Command runs the CommandRunner qrunner
Incoming runs the IncomingRunner qrunner
News runs the NewsRunner qrunner
Outgoing runs the OutgoingRunner qrunner
Virgin runs the VirginRunner qrunner
Retry runs the RetryRunner qrunner
All runs all the above qrunners
#
で調べるそうな

Windows Vista

http://www.microsoft.com/windowsvista/getready/
upgradeadvisor/default.mspx
から Windows Vista Upgrade Advisor RC を DL インストールする。

がその前に
Microsoft Core XML Services (MSXML) 6.0 が必要で
http://www.microsoft.com/downloads/
details.aspx?displaylang=ja&FamilyID=
993c0bcf-3bcf-4009-be21-27e85e1857b1
msxml6.msi をDL してインストールする。

スズメバチ

ladder-1.jpgladder-2.jpgスズメバチが医学系棟8Fオフィスの窓の外に巣を作っていました。

 
総務が市役所に電話して消防署のおでましとなり、いとも簡単に取り除きました。手慣れたもんでしたな。出動したのは二人だけ。

 このあと、数匹の蜂が巣のあったあたりを うろうろ とんでましたよ。

 
先日、某助手を刺したのとは違います。ladder-3.jpg

あなたの好きなYouTubeをダウンロード

Firefox を使った TouTube のビデオダウンロード、再生方法

(Smile)Firefox のメニューのツール→拡張機能を選択。出現したウインドの右下の新しい拡張機能を入手をクリック
https://addons.mozilla.org/extensions.php?app=%7bec8030f7-c20a-464f-9b0e-13a3a9e97384%7d
のページのTop Extensions (2006年9月現在)の VideoDownloader をクリック
https://addons.mozilla.org/firefox/2390/
のページの下のほうに Install Now (10 KB) があるからこれをクリック
  VideoDownloader1.1が拡張機能一覧に加わる。
Firefoxを再起動。これで使えるようになる。Firefoxのウインドウの右下にアイコンが出現する。
Firefoxのメニューの表示→ツールバー→ツールバーのカスタマイズ にVideoDownloder という新しいアイコンがあるからこれをツールバーにドラッグしておくと便利。
YouTube で、video のページを表示させ(自動的に再生される)ダウンロード/再生プログレスバーでダウンロードが終了した時点でこのアイコンをクリックするとデスクトップにファイルがダウンロードされる。ファイルの拡張子は.flvになっている事が多い。

(Smile)再生プログラムのインストール
Windows
 Media Player Classic をインストールする。Windows Media Playeer とはまったく別物である。
http://prdownloads.sourceforge.net/guliverkli/mpc2kxp6490.zip?download
から
mpc2kxp6490.zip
をダウンロード。解凍するとmplayerc.exeという実行ファイルがあるから、これを CのProgram Files内に移動させる。
 ショートカットをタスクバーとか、CDocuments and SettingsAll Usersスタート メニュープログラム内におけば、他のアプリケーション同様起動できる。
 Media Player Classic を起動する。メニューの Veiw→Options→Player→Formatsで再生したいファイルの関連付けを行う。とりあえずなにもチェックしないでいい。

Codecのインストール
 ffdshow-20041012.exe のインストール
http://sourceforge.net/project/showfiles.php?group_id=53761&package_id=59355&release_id=274595
からダウンロードしてインストールする。
 スタート→すべてのプログラム→ffdshow→configulation→FLV1がdiableになっているからlibavcodecに変更 適用をクリック
 これで拡張子が .flv とダウンロードされたファイルがMedia Player Classic で再生できる。 

Mac OSX
http://www.videolan.org/
からVLC media player 0.8.5をダウンロードしインストールする。ダウンロードしたvideoファイルをこのアプリケーションで開く
iSquint で変換してQuickTime で再生するほうが簡単かも。
 http://www.isquint.org/