妄想語録

学とみ子妄想語録です。順不同で加筆していきます。かなりあるので大変です。

STAP細胞は、ACTH培地を経た後もSTAP細胞です。STAP幹細胞という言葉を知らないようです

他の人では、酸浴細胞を7日間持たせることができないんですよ。他の人とはどなたでしょうね?検証実験、第三者の追試で7日間ばいようできなかったという報告はないですな。

mutually exclusiveという言葉ありますね。最終的にどちらでもないんだな、というニュアンスです。コイントスの結果、表か裏はどちらでもないのだそうです。

(TCR再構成の際、遺伝子セットの)アットランダムな選択は、胸腺におけるネガティブ・ポジティブセレクションを説明する時に便利だからです。説明するのに便利なもんで、TCR再構成が生じるようです。

STAP細胞がES細胞由来で、実験ミスと考える学者が大半だと思うよ。学とみ子だけが実験事故だと主張しています。

(TCR遺伝子再構成とは)1本のひも状のつながった遺伝子エクソンの連結から、細胞自らが、有用となる遺伝子を選び、いらない部分を切り取り又連結をする作業をくりかえして、成熟したT細胞になるTCR再構成は有用な遺伝子セットが選択されて生じるということらしい。

「胚の遺伝子異常感知能力」という言葉が奇想天外という人たちを集めたため息学派を主宰したら良いでしょう。オカルト医師というのが存在するのですな。

論文実験の多くを小保方氏が単独でやって、かつ、小保方氏が若山研究室スタッフをだましながら、データを捏造しまくらないと、STAP論文は完成しないですよ。論文が完成したのは小保方氏のデータ捏造によると結論した文を書いたわけですが、これが自分の主張と全く正反対の意味なのが理解できていないという、お粗末な脳味噌を露呈しました。

むしろ、書いてないと主張する根拠を示して!致命的さんの「学さんが書いた「自然の細胞発生とそうでない人工培養環境の対比」って論文のどこにあるのですか?」に対する答えです。あるというから、どこに?ときいたら、「ないということを示せ」だそうです。

STAP幹細胞にTCRがないと大問題になりました。これを騒いだ学者は、免疫の知識が無いです。あらまTCRがないと問題にしたノーベル賞受賞者、京都大学大学院医学研究科客員教授本庶佑氏を「免疫の知識が無い」と断定するくらい学とみ子は偉いのだそうです。

小保方捏造は物理的に無理です。この「物理的」の根拠を聞いたのですが答えはありません。このような考えの持ち主の方は学とみ子しか知りません。

 

Stupid Blog by Stupid Guy