お父さんの顔パン

父の日が近いもんで、近所のパン屋では「お父さんの顔パン」というパンの注文をうけていました。顔の各パーツを選択して注文するのでセミ・オーダーメードです。

髪の毛の選択肢に「なし」がある。なんかお父さんかわいそ…

「お父さんの顔パン」への3件のフィードバック

  1. 山崎豊子著「不毛地帯」という小説のタイトルさえお気に召さない殿方もいらつしやるのに、その選択肢はあんまりです。(笑

  2.  磯野波平の場合は、どう注文すればよいのだろう。
     「一本」だろうか?

  3. いや、てっぺんは1本でも、脇にはあるから ●|● というパターンだな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください