auto_cc

出先でwebメールを使うとき、新規のメールを出したり、返信したりすると、出張先からもどって普段使うデスクトップでメールを再度読むとき、ちゃんと出したかわからなくなってしまうことがある。持ち歩くノートで送信したメールを普段使うデスクトップに反映させたいのだ。そのためにはwebメールで自動的に自分宛にメールをBccで出しておけばいい。

というわけでmike のsquirrelmail に auto_cc というプラグインを入れてみた。

このプラグインを使うためには compatibility というプラグインが必須だ。

Download して auto-cc-2.0-1.2.tar.gz と compatibility-2.0.16-1.0.tar.gz を解凍して(ダブルクリックで解凍できる)

(コマンドラインからだったら# tar zxvf /[ファイルの有る場所]/auto-cc-2.0-1.2.tar.gz と# tar zxvf /[ファイルの有る場所]/compatibility-2.0.16-1.0.tar.gz )

それぞれauto-cc と compatibility いうフォルダができるから /usr/share/squirrelmail/plugins に突っ込む。

コマンドライン(ターミナル)から

# /usr/share/squirrelmail/config/conf.pl

として 8. Plugins を選択(8 を入力して enter)

Available Plugins: にリストされているから auto_cc の番号を入力してenter

Installed Plugins: のリストに加わる

Avilable Plugins のリストに compatibility があるが、これはInstalled Pluginsのリストに加える必要はない。

S (Save data)を入力してenter

Enter キーを押せといってくるから enter

これでおしまい。

これでSquirrelmail にログインして オプション -> 個人情報 のページを開くと一番下に

Additional CC address(es) for all messages:
Additional CC address(es) for all messages:

が表示される。2行目はCCではなくBCC と表示されるべきであるが、CC となっちゃう。機能的にはBcc の欄に自動的に出てくるので問題はない。

auto_cc のfunctions.php の68行目にはちゃんと echo _(“Additional BBC adress(es) for all massages:”) と書いてあるからBCCと表示されるべきであるが、表示されない。64行目の CC  がそのままでてくる。ここを書き換えると両方とも同じ表示になる。なんでだろ?

ちなみに mike ではこのような症状なんだけど、kでは問題ない。squirrelmail のバージョンの違いか?

ともかく、2行目の(最下)の入力ボックスにメアドを記入すると、新規の送信、返信、すべてに返信 のとき Bcc欄に自動的にここに記入したメアドが表示される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください