ご冗談はよしこさん

私の忠告を基に該当箇所を削除されたことは見識と思います(「結論ありき」の管理人方もAchilefu氏を「レベルが低い」などと誹謗した事を撤回する見識を示して欲しいものです)。

ご冗談でしょ。当初、小保方氏を褒め称えたのに途中から小保方氏を無能者ときめつけ「意図したエラー」だとかわけのわからんことをい言い始め、最近は恥ずかしいからか、なんのコメントもしていないあのトンデモ南堂氏や、片瀬久美子さんを散々誹謗中傷しあげく片瀬さんに全面降伏をした小保方氏を感情的に擁護していた山崎行太郎氏を、小保方氏擁護で小保方氏批判を批判していることからだけで褒めたたえるような方に、そして遠藤氏を研究者でないと頭ごなしに決めるけるような方に、上から目線で言われたくない、言うのを阻止できないからやめたといっているんですよ。

「結論有りき」のブログがどういう意図で立ち上げられたかを評価もせず、その中の特定の一部を揚げ足取りがごとく、ねちねち攻めるような方と議論はしたくないですな。
ご自身が、「遠藤氏が撤回されたデータを使って論文書くのがおかしい」と遠藤氏を批判しているにも関わらず、「撤回された論文を引用するのはおかしい」という意見をなんで責めるんだろ。場合に寄って様々だと、ごちゃごちゃいうだろうけど、相手によって基準をころころ変えるだけだろ。

当方が書いた、匿名を暴露するのはやめなさいという一般的な注意文の最後に名誉毀損で訴えられる場合もあるかもね と書いたら、その前文をなんら評価せず、最後だけを取り上げ、学生に対する脅迫だという。自分の教え子をこんなことで名誉毀損だなんて訴えるわけがないだろ?脅迫するわけがないだろう。あなたとちがうんだよ。委員会の構成員を明かすなとか勤務時間とか、こっちの事情も知らず一方的に批判するなよな。この方は、相手の言い分の主たる部分を評価することなしに、一部のみ取り上げクレームをつけるのが好きのようですな。

それと、木星氏はさておき、専門家が訳せばおそらくほとんど同じになると思うのですが、その場合でも「剽窃」になりますか。
なんとなく解せないのは、「翻訳」した「結論ありき」氏らは著者らを誹謗しており、「剽窃」した木星氏は著者らをたたえているわけで、著者から見れば好ましいのは木星氏のように思います。

あー、ひどいね。ちゃんと2つの文章を読んだのだろうから、比較し、あれを剽窃と判定してから、一般論の議論にすべきだろ。結論を持っているのだろうから、意見を書いてからけ問えばいいのに。木星は訂正したけど、剽窃とは認めず、自分のブログで謝っただけだ。当然Bジャーナルで訂正お詫び文を掲載し、この剽窃部分だけではなく、間違いだらけと指摘されていることもあるのだから、記事を撤回すべきでしょうが。どこを見て木星氏は「結論ありき」をたたえているの?どこが「好ましいのは木星氏」なんだろね。「私は擁護派じゃない」なんて平気で言うような人から説教じみたことを上から目線でいわれたくないのだ。

[ 追記 ]コメントがあり、当方の読み違いがありました。木星氏が褒めているのは「結論ありき」の著者ではなく英語原文著者です。出勤前に投稿したのがまちがいでした。

ところで、私がこのブログコメントで「結論ありき」ブログを批判していると「「結論ありき」にコメントを書け」と言われる人がいますが、「ため息^2ばかりのブログ」氏は私のブログ記事を自分のブログで多々批判していますよね。私にだけ言わずに「ため息」氏にも言っていただけませんか。

あんたが ため息 をアク禁にするかもといっているからだし、事実、何人もアク禁にしたでしょ?そんなとこに誰がコメントするかよ。自分のブログのコメントする方に「お前、あっちのブログに行ってわめいてこい」かよ。あんたが、ここに来いよ。あっちに行けよ。アク禁にするといってないんだから。

と、開き直って、もうやめ。不快になるだけでしょ。

「ご冗談はよしこさん」への2件のフィードバック

  1. はじめまして

    一か所だけ、コメント:私の読み違いかもしれませんが
    <孫引き>
    それと、木星氏はさておき、専門家が訳せばおそらくほとんど同じになると思うのですが、その場合でも「剽窃」になりますか。
    なんとなく解せないのは、「翻訳」した「結論ありき」氏らは著者らを誹謗しており、「剽窃」した木星氏は著者らをたたえているわけで、著者から見れば好ましいのは木星氏のように思います
    <孫引き終了>

    木星氏がたたえているのは「原論文著者」だと思います。
    そうすると{「原論文著者」は木星氏に讃えられる方が好ましいと思うであろう}、との「研究者ブログ主」の後段での主張へのつながりが良いと思います。

    そうなると、孫引き部分がはしなくも、「研究者ブログ主」の心象風景(Magic mirror on the wall, who is the fairest one of all ?におすまい)を吐露していることとなると思います。

  2. はい。訂正しました。コメントありがとうございます。
    冷静になってなかったようで、すみません。著者とは英文を書いた方のことですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください