またAppleがやった

 4月のsecurity update 2007.4 をかけたら、またAppleは設定を変えてくれたよ。困ったもんだ。アップデートしないわけにはいかない。しかし勝手に設定が変更されちゃうというのが何回もあった。困ったもんだ。説明が一切ないからな。
 今度はFTP接続ができない。yk嬢からのクレームがあった。
みたらFTPサービスが停止している。でサービス開始したら、今度はroot directory まで見えちゃう。サーバ管理のFTPの認証済みユーザの参照先:ホームディレクトリのみ という設定が有効にならない。で、Googleで調べたらxftpd だったのが ftpd に変更されちゃったらしい。
というわけで
/system/Library/LaunchDaemons/ftp.plist
を昔のバックアップにあったファルを参考に書き換えた。

サーバ管理からFTPサービスを止め、root 権限で、上記directory で
#cp ftp.plist ftp.plist.2007.4
と、コピーしておいて
ftp.plist ファイルの
6行目  ftpd → xftpd
8行目  ftpd → xftpd
11行目 ftpd → xftpd
12行目 -l → -a
18行目 Bonjour → SockPassive
とそれぞれ書き換えて、さらに
21行目と22行目の間に    

を挿入する。

20074ftpplist.txtが2007.4のSecurity Update で代った ftp.plist。
xftpplist.txtが以前の ftp.plist。

サーバ管理からFTP開始。

ちなみにftpd だとファイルをアップロードするとパーミッションが ファイル → 640
ディレクトリ → 750  となってしまう。これを防ぐには、
/etc/ 以下に
ftpd.conf という名のファイルを作る
テキストエディタで編集し
umask all 022
と一行記述 。FTP再起動。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください