小保方とSTAP現象 どっちが重要?

☆小保方擁護派の主張
STAP現象がホントにあったのだと、いわゆる小保方擁護派の方々は確信しているのだと思う。そのような方々の主張は;STAP現象がホントなのだから、理研が特許を放棄したのは、日本の再生医学における権益の放棄であってけしからん。事実STAP現象様の論文がどんどん出ているじゃん。ネットやマスコミがこぞってSTAP細胞(現象)否定に走ったのはiPS細胞推進派の権益を守るものであって、まことにけしからん。なぜ若者の新規なアイデアを援助しないのか、こういう態度だから日本の科学界は外国に負けるのだ。小保方のやったことは枝葉末節なエラーだろうが。小保方叩きは男社会の嫉妬だろ。小保方は現代のガリレオだ。STAP現象は真実であってこれを発見した小保方を学会やネットやマスコミがこぞってつぶしたのはけしからん、てなとこか。まだあるか。

☆小保方とSTAP現象どちらを取るの?
しかしだね、もし、STAP現象が生命科学の真実であるのならば、この崇高なる生命現象をデータの捏造でめちゃくちゃにして、その現象の存在を疑わしいものにしたのは誰なの?ということにはならないのかな?
小保方自身がデータの捏造を認めているんだよ?小保方がこの崇高なる生命現象を捏造して貶めたんだろ?STAP現象の存在を認めるのなら、小保方を非難するべきだ。

STAP現象を認める奴に小保方を批判する奴はだれもいないな。おかしいのでは?

「小保方とSTAP現象 どっちが重要?」への5件のフィードバック

  1. 三文以下の推理小説を書くにしても、若山氏を犯人にするのは筋が悪すぎですね。だって、若山氏がES細胞を混入するなら、自分に一番疑惑を招きそうなAcr-GFPが挿入された特殊なES細胞は使わないでしょ。それにSTAP細胞を作成するためのマウスを準備したのは若山氏だから、いつどの系統のマウスを使ったか解っているから、その系統に合わせてES細胞を作成するのはお手のものだから、Acr-GFPからES細胞にすり替えたことがバレるようなドジはしないですよね。誰かさんじゃあるまいし。擁護者たちは、こんな簡単なことも思いつかないみたいですね。(笑

  2. アノ姐さん、やっぱり若山氏がES細胞にすり替えたわけですか?
    それなら、納得できそうです。

  3. 成程さん
    アノ姐さんのコメントのどこを読めば「若山氏がES細胞にすり替えた」になるんでしょ?

  4. 一寸、ジャブを入れて見ただけです(笑)
    すいません。
    ーー
    (管理人が一部削除、正しいか誤っているかわからない個人情報があったからです)
    ーー
    この話題はどっちか言うと愉快な話題じゃないので、今回限りにします。
    また、のぞきに来ます。

  5. 人違いでしたか?
    以前からこのブログ読んでますので、間違いないと思っていました。
    残念です。
    失礼しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください