Macのディスクのアクセス権

HDを入れ替えたついでにゴミ掃除ということで、ディスクユーテリティを起動してディスクのアクセス権をチェックすると、

“System/Library/CoreServices/AirPort Base Station Agent.app/Contents/CodeResources”上のアクセス権が一致しません。本来 -rw-r–r–  であるはずですが、実際には lrw-r–r–  になっています。

とかいうのがずらずら、さらに、

警告:SUID ファイル“System/Library/Filesystems/AppleShare/afpLoad”が変更されていて、修復されません。

というのも幾つも出てくる。

これらはApple によれば無害で放置していいことになっているが、どれが本当のトラブルか、これではわからないことになる。これを解消するためにはMac OS X 10.5.8 Combo Updateを当てればいいようだ。

このパッチを当てると「警告:SUID ファイル」で始まるエラー情報はなくなる。しかし

“System/Library/CoreServices/AirPort Base Station Agent.app/Contents/CodeResources”上のアクセス権が一致しません。本来 -rw-r–r–  であるはずですが、実際には lrw-r–r–  になっています。

のようなエラーメッセージは相変わらずでてくる。これらのメッセージで「実際には lrw-r–r–  になっています」はシンボリックリンクのことだから無視していいようだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください