plagiarism was common

THE NEW YORKER  FEBRUARY 29, 2016 The Stress Test  Rivalries, intrigue, and fraud in the world of stem-cell research.   DANA GOODYEAR から

In her book, Obokata says that she was hurrying to finish her thesis before the deadline, and accidentally bound and submitted a draft rather than the final version. But Vacanti says that when he confronted her about the plagiarism she said that it was common at Waseda, and that a faculty member had told her that no one reads the theses anyway.

彼女の本(『あの日」)では、本人(小保方)は締め切り前に論文を完了するために大急ぎで、そして誤って製本し、最終版でなくドラフトを提出したと述べています。しかしVacantiが言うには、剽窃について彼女に問い合わせると、彼女はそれが早稲田で普通であって、ある教員は、とにかく誰も論文を読まないからと言っているという返事だった。

すごいね。自分の博論に剽窃があるという認識があったことを意味しているのだ。提出論文が草稿でも誰も読まないという認識があったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください