ウシガエルの実習は…

生理学実習の定番であるウシガエル(食用カエル)を使った神経伝導速度、筋収縮実験を学生はどう思っているんだろうか?98名の学生に聞きました。

カエルに犠牲になってもらい、自分が学習するのに意義があるのだろうか?意義を認めるのは1/3強いるが、意義を認めないのが14%もいるのだ。

20151016XFrogLab-1

意義があろうとなかろうと、カエルは見たくもないのが半数近くもいる。

20151016XFrogLab-2

カエルを使った実習なんか意味ないし、やりたくもないという完全否定派学生が98名中11名もいるのに対し、この実習は意味があるし、やってもいいという肯定積極派は98名中7名だった。

「反射」について講義したわけだ。あんたの行動には反射によってできた行動があるんだよ、反射回路の上にのって運動していることが多々あるんだよ、と講義するより、脊髄カエル(首が切断され脳がなく脊髄だけのカエル)の足を刺激したら足が引っ込み、反対側の足が突っ張るのをみたら、反射の概念がよくわかったはずなんだけどね。頭はなくてもそれなりの運動が発生するのが、印象に強く残ったはず…  効果あると思うんだけどね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください