高校と大学で用語がちがう

高校の生物の教科書を見ると、かなり詳しく記載されている。大学で教えていると、学生は初めて聞いたような、ポカンとした顔だ。

こまったことに、同じものを違った言葉で言うのだ。

高校   大学(医学分野) 英語
神経繊維 神経線維     nerve fiber
腹根   前根       ventral root
背根   後根       dorsal root

ということでfiberだから繊維で間違いではないしventral/dorsal は腹側/背側 だから高校の表現のほうが英語に近い。しかし、医学分野は保守的で人間中心だから線維、前・後 なのだ。

中枢神経の構造は、高校の生物の教科書では、間脳(視床と視床下部)ー中脳ー延髄ー脊髄で 橋 がないのだ。何故だろ?

しかし、高校の生物を勉強したのなら、かなり突っ込んだ講義ができるのだが…

EPSPとかIPSPて、高校の教科書にあるんだぜ。高校の教科書レベルの話をしても、情報量が多いとアンケートで帰ってくるんだよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください