もう二度と生理学実習なんかやるもんか−2年目

さって、定期試験も終了し、実習の筆記試験の時にアンケートをとった。昨年と同じである。

A学科:20150203servey-2

 

B学科:20150203servey-1

昨年度と同じことを書くと

さて赤とオレンジの、もうやりたくないという学生の比率がかなり異なる。一方は 1/4 の学生が、他方は半分以上だ。つらい目にあったのがB学科だ。

実習内容と実習書は全く同一。A学科のほうが人数が多いので1班あたりの人数がB学科より多いことがあった、同じ実習室で実施するので空間の余裕はA 学科のほうがない=つまり悪い環境だった。

実習中の教員はA学科が管理者とN先生とTAのK君。B学科は半分のクラスが中年Hと管理者とN先生とTAのK君で、のこり半分のクラスが中年HとTAのK君で管理者とN先生は一部のみ(会議があるので途中まで)。

レポートの採点はA学科が管理者とN先生が、B学科は中年H。

つまりB学科は中年Hの影響がより多く反映していると考えていい。

ということは、生理学実習をもう二度とやるもんかという学生がB学科に多い原因は、おのずから…..

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください