歯が いたぁ〜い

10月頃から歯にしみる、すなわち知覚過敏の症状になって、時には痛くて我慢できなくなったので、歯医者に何年かぶりに行った。

まず、きちゃないといわれ、歯垢や歯石をとり覗いた。

次に小さな虫歯があるというので、その治療だ、1つは詰め物の隙間にできたので詰め物を除き、歯を削って新しい詰め物に。次に小さな虫歯を整形してレジンを詰めた。

その次は歯全部の1/4に相当する部分、右上顎の歯の歯肉と歯の間の掃除。

その次が左上顎の歯と歯肉の隙間の掃除の予定だった。

痛いのが左上の歯だ。歯医者の考えでは、管理者の訴えは単なる知覚過敏だから、手順を踏んで、ということのようだ。虫歯とか歯石除去を優先したのだ。知覚過敏とは歯の象牙質が、これを覆っている歯肉が、落ちて露出したために象牙質に開いた小孔から刺激物が染み込んで痛くなることだ。歯肉が引っ込んじゃうのは年だからしょうがないところもあるけど、手入れをしてこなかったからだ。歯医者に前回行ったのはなん年前かわからない。詰め物がとれちゃったときで、その時も歯石掃除を勧められたんだけどね。あーあ ですね。

で、知覚過敏は、象牙質の小孔を塞げばいい。歯医者では何やら液体を塗布するわけだ。これは2週間くらいしかもたない。知覚過敏対策歯磨き粉というのは硝酸カリウム(どうやら神経を麻痺させるらしい)と乳酸アルミニウム(小孔を塞ぐらしい)を含んでいるとのことで、歯磨き粉は研磨剤をも含んでいるけど、歯医者が塗布するのはこれらが溶けている溶液以外にいろいろあるようだ。

今週の土曜日、つまり明日が予約日だったのだが、一昨日から痛くてしょうがない。しかし仕事があって、休むことはできない。昨日は、朝から痛くて仕事にならないので、急患として歯医者に行った。詰め物がある歯が痛いと訴えたら、神経を除くことにするといって、詰め物をとったところ、X線撮影ではわからなかった歯のひびを発見したという。ひびなので知覚過敏の原因である小孔を塞いでも意味がなく痛かったわけだ。噛むとひびの隙間が大きくなりしみるといことになったようだ。

んで、詰め物を取り除き、レジンでとりあえず塞いで、明日、再治療だ。完治には年を越すことになる。

昨日は痛くて、鎮痛剤ものんでいたし、丸一日コタツでねていたよ。

歯が痛くてなにもできないといいう経験は小学生のときあったかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください