踊るサンタ

踊るサンタを修理しました。筆者と同じ寄る年波には勝てず、再々度の修理です。今回は、モーターと歯車を結ぶゴムのベルトの部分です。一時代前のカセットとかCDプレーヤーも同じですが、一番劣化するのがモータープーリーと歯車を結ぶゴムのベルトです。安物程劣化が激しいのです。サイズが様々なので、手にいれるのは非常にむずかしい。輪ゴムで代用できる場合もありますが、サイズが合うわけがないので、たいてい本体ごと破棄されます。ゴミ箱に落ちているラジカセのほとんどがこのゴムのベルトの劣化です。

今回は、ゴムを取り出し、エタノールで洗浄、プーリーの部分をエタノールで洗浄して直りました。グリースが付着していたのでしょうか。いつまで持つか...腰を左右に振るわけですが、どちらかの端に振れ、反転するときの負荷が大きく、ここでスリップしていました。

直ったと思いきや、数時間たったら、またスリップし始めた。やっぱりベルトが劣化していて、だめなんだろうな。輪ゴムを2重にしてみるか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください