メール自動転送

メール自動転送

.forward ファイルを各ユーザのroot directory に置けばいい

普通はこれでいいのだが、以前の医学のサーバは送信者のメールのenvelopeのドメインがxxxxxx.xxxx.jpでないとsmtp サーバが受け付けないという設定であったため、大変だった。

なぜ、こんなことをしたかというと、医学のネットワークの維持管理の経費は医学の共通経費からでるのではなく、ユーザが負担することになってるからである。ネットワークを使う者はメールも使う。ユーザがネットワークを使っているかどうかは把握できない。だれでもコンセントにケーブルをつっこめば使えるからである。固定ip address を割り当てればいいが、これが大変だった。勝手にルータのip addressを記入しちゃってめちゃめちゃになったからだ。DHCPサーバを建てた理由である。医学はユーザを特定するのが事実上不可能である。認証サーバの技術はそのころはまだ確立していなかった。というわけで、医学では、医学のsmtpサーバしか使えず、なおかつ医学のドメインのメールでないと通さないということにしたのだ。

ということはこのサーバがが医学外から来たメールをそのまま自動転送するとenvelope は医学外のドメインから来たままだから医学のsmtpサーバを通らない。そこで仕方なくenvelope を書き換えて転送したのである。

現在はこの縛りがなくなったので単純に.forward を作ればいいことになったのだ。縛りをなくしたのは、ほとんどの教員が医学のサーバを利用しているからである。さらにsmtpサーバは医学のしか使えず、使うためにはID、パスワードを必要とするように設定したからである。このサーバ は医学のsmtpサーバにメールを丸投げであるが、医学のsmtpサーバはこのサーバからのメールに対しては制限なしに受け付けているのだ。

.forward の例

hoge@xxxxxx.xxxx.jp
hogehoge@nifty.com

がこのサーバにメールを残すことだ  が¥(半角)と表示される場合がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください