Mavericks の時刻同期

というわけで無事 su, sudo が実行可能になったので、時刻同期の間隔を変更するために /etc/ntp.conf を書き換えた。
sh-3.2# cat ntp.conf
server ntp.nict.jp minpoll 6 maxpoll 10
ついでに起動時に時刻同期させるために /etc/hostconfig の TIMESYNC=-NO- を書き換えた。
# This file is going away

AFPSERVER=-NO-
AUTHSERVER=-NO-
TIMESYNC=-YES-
QTSSERVER=-NO-

んが?「This file is going away」だって。使えないのか?ま、書き換えたままにしても害はないはず。使えないのかもしれないが。

sh-3.2# ntpq -pn
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==================================================================
*133.243.238.243 .NICT. 1 u 35m 128 377 11.076 -35.368 41.970

の状況で、再起動してみる。

sh-3.2# ntpq -pn
remote refid st t when poll reach delay offset jitter
==================================================================
133.243.238.244 .NICT. 1 u 29 64 3 11.999 59.107 0.533

となった。reach が 377 から 3 になったので、再起動時に時刻同期を実施したんだろ。頭に * がまだ付いていないが、そのうち付いて時刻同期サーバとして確認されるはずだし、*はすぐ付くようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください