詐欺メール

一時、「アフリカの某政情不安定国の高官が不正に溜め込めた資金を移すのであなたの銀行口座を教えてくれ。教えてくれれば資金の50%を提供する」というような詐欺メールが来ていた。あるいは「このドル紙幣は真っ黒になっているが、本物で、この液体に浸すと元に戻る。至急、運びたいので手伝ってくれ」とかだ。

先日来た詐欺メールはドル紙幣が詰まった箱の写真付きだ。

20140127MONEY_BOX

Attention :Foreign Beneficiaries

Please indicate if you have receive your compensatory funds the total sum of (4,400,000.00).

The council of the West African states (ECOWAS) under the African Union (AU) United nations compensation commission , in conjugation with American government has instructed the nigeria government have responded immediately to the complain of all Foreign Beneficiaries, contract payment schemes, Next of kin / inheritance claims, lottery and fake game wins and all the fraudulent acts perpetrated upon you by its citizens.

We have tried all our possible ways and means to contact you but it failed and A total of $4,400,000.00 {four Million Four Hundred Thousand US Dollars) has been allocated to you by the panel as compensation for your trauma, delay and losses.

Note that you can visit this link (http://www.XXXX.ch/status.htm) to see the the data of all compensatory funds paid to individual via this means . WRITE BACK FOR CLAIMS

Also attached is the box containing your funds.

Best Regards,
The Ministry of Foreign Affairs
Prof. Viola Adaku Onwuliri
Ministry of Foreign Affairs
Address: Tafawa Balewa House, Federal Secretariat,
Central District, Abuja, FCT.

翻訳すると;
注意:外国の受益者殿

補償の資金総計(4,400,000.00ドル)を受け取る銀行口座名を教えてください。

アフリカ連合(AU)国連補償委員会の下の西アフリカの州(ECOWAS)会議は、アメリカ政府とともに、ナイジェリア政府に対しすべての外国の受益者の要求に直ちに対応することを命じました。これれには支払い計画、近親者のよる要求、宝くじ、および偽のゲームの勝者、ニカラグア市民によってなされたすべてのあなたに対する不正行為も含みます。

私たちは、あなたと連絡をとる可能な手段をすべて試みましがうまくいっていません。4,400,000.00ドルはあなたの損失に対する補償として配分されましたが、このままでは支払いが遅れる、また消失する恐れがあります。

このリンク(http://www.XXXX.ch/status.htm)に訪れれば、個人に払われたすべての補償の資金のデータがわかります。

添付はあなたへの資金が入っている箱です。

敬具、
外務省
ビオラ・アダク・オンウリリ教授
外務省
アドレス:タファワ・バレワ・ハウス、連邦事務局、中心地区、アブジャ、FCT

というようなことだろう。稚拙な英語でよくわからん。リンク先は、あやまってクリックするやつがいるからXに書き換えてある

ま、このブログを読む方にはこんなわけの分からん詐欺メールはこないだろうし、来ても意味がわからないから何もしないだろう。でも、わからないからと言って、リンク先をクリックすると、外国から迷惑メールが山のようにくるだろう。

管理者のメールアドレスはインターネットが普及する前の頃から変えてないし、変えられないのでこんなメールが来る。インターネットが普及する前は、迷惑メールなんて誰も予想してなかったからな。メールでの情報交換なんて本当の知人、物好きな知人に限られていたからな。メールが普及してきたころ、投稿論文にはメールアドレスが必要で、印刷された論文に堂々とメールアドレスが書いてあるから、誰でもメールアドレスの収集ができたわけだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください