iCal と Google Calendar の同期

iCal と Google Calendar の同期には Spanning Sync というアプリケーションを使っている。7000円もする。高いけど、他にいい方法がなかったからである。Google Calendar → iCal ができるのはあるが逆がなかなかない。Spanning Sync は別サーバを経由して同期させるらしい。だからいつまで続くかわからん。

Google の方でサポートできるようになった。Google Calendar CalDAV supportである。

Spannning Sync が起動している状態では設定できない。OFFにして設定してみた。Google Calendar → iCal に成功すると、iCal に新しいカレンダーができて、当然のことながら、すでにGoogle Calendar にiCal のデータが書き込まれているので、だぶっちゃう。表示をOFFにすればいいわけだけど...iCal → Google Calendar にいかない。

ほかのページでは iCal の情報がGoogle Calendar に行くように書いてあるけど、こっちの方向に移すためにはファイルを指定しないと行けないと思うのだが、そんな設定はないからできないのでは?と思いつつ...

多分Googleから落としたカレンダーのほうに書き込むとGoogle のほうにアップされるんだろうな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください