LANケーブルの長さ

いわゆるLANケーブルはUTP (Unshielded Twisted Pair) ケーブルのことであるが、最大長は100m となっている。こういう規格は100mまでは保障しますということで、現実には100mより長くても使える。しかし、条件によっては使えない。D棟成端箱から看護医療棟の警備室の成端箱までは確実に100mを越える。実際に線をはわせてみないと分からないのだ。100mを越えるとほとんど光ケーブルしか選択の余地はない。光ケーブルは配線に100万円近くの経費が必要になるのに対して、UTPケーブルだったら20万円以下だ。

予算がない。やっちゃえという事で未経験だけと、UTPケーブルを配線してみた。カテゴリー6である。配線したら140mもあった。D棟成端箱のハブー看護医療棟警備室のハブー215室のハブというわけである。D棟と警備室の間にハブを挟めば問題ないが、生憎共同溝を通すので途中に電源がない。

今日、テストしたら問題ない。パケットのロスとかノイズとか減衰がどのくらいなのか測定器もないからわからない。結果、問題ないから、3年くらいつかえるでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください