小テスト…おなかが痛いから…..

おなじみの某非常勤講師の先生は、講義の始めに、前回の講義内容の小テストを課している。ノート教科書を見てはいけない。これをマークシートでやってるわけだ。

これは、前回の講義内容を復習する必要があるということで、一つの良い方法かもしれない。

もし、講義を欠席した場合は0点になる。しかし、理由があって連絡の上、欠席した場合、小テストの平均点を出す時、分母としないと宣言しているらしい。つまり無断欠席は0点で平均点に加算されるが、なんらかのどうしてもしょうがない理由のため欠席の場合は0点としないわけだ。

ということで、学生は、診断書など付けず、事務に電話で「おなかが痛いから欠席します」という連絡をするのだ。仮病だ。昼休みには学生食堂にいて昼食を友人と一緒に摂っているし、レポートを書くためにPCの並んでいる部屋にいる友人と談笑しているからだ。はればれなのだ。講義、実習に出たくはないが、友人といっしょに居たい訳だ。ずる休みなら大学に来なければ良いのに。

なんてこった。お人好し講師は、まぬけな不良学生にこけにされているわけだ。

こんなことしないで、公欠(忌引き等大学が認めている場合)以外は0点にすべきだ。診断書があっても0点だ。インフルエンザは公欠になるらしいが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください