とほほ…..人気がないな

生理学の講義は30回あって、昨日28回目が終了した。講義では、その講義のポイントとなる点を小テストにして実施している。出欠も兼ねている。解答用紙の下に、アンケートもつけている。もう、終わりに近いので、アンケートの項目に、「もう生理学はこりごりだ」—–「はい」「どちらともいえない」「いいえ」 というのを加えてみた。106名の受講者で4欠席だった。回答しない奴もいる。

という結果だ。とほほ。こりごりというのが2割近く、生理学が好きだというのがたった6名。なんてこった。人気がないなぁ。多分、管理者のような じじい でなく、もっと若い教員が教えていたらもっと「いいえ」が増えるんだろうなぁ。と、年齢のせいにしておこう。

「どちらともいえない」というのの中には遠慮して、本当は「こりごりだ」というのが何人もいるんだろうな。

小テストの成績(10点満点に換算)との相関はないけれど……

もう生理学はいやだという学生のほうが成績は悪い傾向にある。

昨日の実習は、酸や塩基を負荷したとき尿のpHがどのように変化するかだった。負荷してから1時間後に再尿するわけだが、その1時間、学生はすることがない。ごくわずかな学生が解剖学の勉強をしていた。のこりのほとんどがおしゃべりだ。そこで、既に実施したAO入試の試験問題を黒板に書いて解かせてみた。興味をもったのは10名くらい。あとは興味も示さない。問題はクイズみたいな算数の問題だ。満点の受験生がいたぞ、解けないと来年は下級生にバカにされるぞといったがほとんどの学生は無視だ。あーあ。ちゃんと試験としてやってみればよかった。生理学は理屈なんだよね。その論理を考えるというのができないんだよね。だから生理学は嫌われるのだ。と、またもや学生のせいにするのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください