Bingo!!

この1ヶ月前くらいから、あるフロアで、ip address が取得できないというクレームがときどきある。パソコンを接続し、ip address を自動取得(これが医学のデフォルトだ)で調べると192.168.0.xxとなることがある。

まただ。だれかルータを設置し、接続を間違えているのだ。問題は、このルータが常時起動していないことだ。クレームがあって職員が調べに行き、192.168.0.1 にpingを飛ばすと応答がない。ルータが応答しないように設定してあるか、あるいは、ルータをつなげたが自分のPCがインターネットに接続できないので、ルータを落としちゃうからだ。

前者の場合はブラウザで192.168.0.1 にアクセスするとルータ設定ページにアクセスできるはず。ID、パスワードの入力画面になるはず。というわけでping が通らなかったらこちらの方法で調べることにした。

今日も、会議中に該当フロアの一人のユーザからクレームが来た。会議終了後、ping が通るかな?と管理者だけで、調べに行った。これまで何回か調べにいったようなのだが、そのたびにping が通らないのでわからなかったからだ。だから人手をかけても空振りになる可能性があるからだ。

ところがping が通ったのだ。しめた、ルータの電源を落としていない。また落とすだろうからすぐ調べないといけない。というわけで、ケーブルをスイッチから抜いてルータを設置してある部屋を探すわけだが、スイッチの設置場所が2カ所あり、ケーブルの本数が多いので、援助を電話で要請した。ま、一人でできるところは一人でやってみるか、と思い、一番近いスイッチの1番ポートのケーブルを引っこ抜いたらpingが通らなくなった。Bingo!! というわけだ。1発で発見したのは初めてだ。たいてい半分以上ケーブルを抜いてようやく発見するのだ。ラッキー。

該当の部屋の鍵が掛かっている。つまり住人はこの部屋に常在しておらず、部屋でネットに接続するときだけルータのスイッチを入れるのだ。今日は電源を入れたまま不在になったのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください