OSX10.8サーバ その16 ssh

Mの更新(Mountain Lion OSX10.8サーバ) その16 ssh
Mac のターミナルからリモートでssh接続していると、ちょいとトイレにいったりすると切れてしまう。そこで
/etc/ssh_config の一番下に
ClinerAliveInterval 30
ClientAliveCountMax 3
と記入した。ClinerAliveInterval 30は30秒ごとに生きているか?と聞くことだ。ClientAliveCountMax 3は3回連続して応答がなかったら、sshd は接続を切り、セッションを終了しちゃうということだ。だからこの設定だと2分未満しかもたない。参考ページ
さらに使っているMacBookAirの自分のdirectoryの.ssh directory にconfig というファイルを作成し
Host *
ServerAliveInterval 60
と書いてみた。こっちは60秒毎にサーバに生きているよと知らせるためだ。
Windowsの場合はTerTermを使っているが、こっちはデフォルトで60秒となっている。これを変更するには SetUp → SSH で
HeartBeat(KeepAlive)で秒数を設定する。
ssh接続はMacのターミナルではそのままアクセスすればいい。
$ ssh [ユーザ名]@[ドメイン名]
だな。$ password: のあとにパスワードを入力すればいい。
TeraTermの場合はドメイン名を入力しSSH2 で接続し、ユーザ名を入力し、チャレンジレスポンス認証を使うで接続してパスフレーズ(パスワード)を入力すればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください