OSX10.8サーバ その7 mailman-3

Mの更新(Mountain Lion OSX10.8サーバ) その7-mailman-3

Mailman設定のまとめはこっち。http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=2406

mailman のコマンドだ。

/usr/local/mailman の構成は;

Mailman lists pythonlib
archives locks qfiles
bin logs scripts
cgi-bin mail spam
cron mailman-2.1.15 templates
data mailman-2.1.15.tgz tests
icons messages

で、bin にあるコマンド一覧は;

/usr/local/mailman/bin

add_members  config_list  inject           newlist          show_qfiles
arch             convert.py       list_admins      paths.py         sync_members
b4b5-archfix     discard          list_lists        paths.pyc        transcheck
change_pw        dumpdb           list_members     qrunner          unshunt
check_db         export.py        list_owners      rb-archfix       update
check_perms      find_member   mailmanctl       remove_members   version
cleanarch        fix_url.py       mmsitepass       reset_pw.py      withlist
clone_member     genaliases       msgfmt.py        rmlist

コマンドは
/usr/local/mailman でたとえば、
sudo bin/list_lists
のように実施する。

★新しいリストを作る
newlist [listname]

★バーチャルドメインで運用する場合は、リスト名にドメイン名も付ける
newlist [listname@example.com]

★リストの削除
rmlist –archives [listname]
–archivesオプションで書庫も削除される。
確認なしにあっさりと削除されちゃうので、慎重に。

★デフォルト設定
以下のファイルを書き換える。設定は、newlistで作成されるリストに反映される。
/etc/mailman/mm_cfg.py

★config_list -i inputfilename [listname]
-iオプションで.pyファイルから設定を読み込む。

★config_list -o outputfilename [listname]list
-oオプションでは逆に.pyファイルに設定を書き出す。

★このコマンドのヘルプを表示するにはオプションを付ける
-h, -help

★リストの一覧
list_lists
最後の “s” を忘れないように;

★管理者の一覧
list_admins [listname]
最後の “s” を忘れないように

★購読者の一覧
list_members [listname]
最後の “s” を忘れないように

★リストに購読者を加える
add_members -r filename [listname]

filenameは一行にひとつのメールアドレスが書かれたプレーンテキス。

★リストから購読者を削除する
remove_members [listname] [mailaddress]

★パーミッションのテスト
check_perms
-fオプションでは、必要があれば修正される。ただしrootで使用。

★パスワードの変更
change_pw [オプション]

オプション:
すべてのリストのパスワードを変更する
–all / -a

特定ドメインのリストのパスワードを変更する
–domain=domain
-d domain

特定リストのパスワードを変更する
–listname=listname
-l listname

新しいパスワードを設定する。指定しなければ、ランダムなパスワードが設定される
–password=newpassword
-p newpassword

リストのオーナーに新しいパスワードを通知しない。
–quiet / -q
このオプションを選ばなければ、オーナーにメールで通知されるので、危険がある。ランダムなパスワードを設定した場合、コマンドの実行結果としてターミナルに新しいパスワードが表示されるので、それをメモしておく必要がある。

★Mailmanのバージョンを表示
version

でaliases を作る。
/usr/local/mailman で
sudo bin/genaliases
を実施した。

/usr/local/mailman/data
にaliases とaliase.dbが作成される。

Webページから新規のリストを作成すると
aliasesの中身は

test: “|/usr/local/mailman/mail/mailman post test”
test-admin: “|/usr/local/mailman/mail/mailman admin test”
test-bounces: “|/usr/local/mailman/mail/mailman bounces test”
test-confirm: “|/usr/local/mailman/mail/mailman confirm test”
test-join: “|/usr/local/mailman/mail/mailman join test”
test-leave: “|/usr/local/mailman/mail/mailman leave test”
test-owner: “|/usr/local/mailman/mail/mailman owner test”
test-request: “|/usr/local/mailman/mail/mailman request test”
test-subscribe: “|/usr/local/mailman/mail/mailman subscribe test”
test-unsubscribe: “|/usr/local/mailman/mail/mailman unsubscribe test”

とちゃんとできている。
しかし、まだ機能していない。aliases をどっかで指定しないといけないのだと思うのだがどこでだろ?

最終的にはできあがった。http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=2406

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください