mちゃんの更新

現在のmはPowerMacG4 (PCI Graphics) 400MHz 512MBRAM という前時代的遺物で動いているのだ。

HD2を2台内臓させ、毎日1回ミラーしている。起動HDがこけたらミラー先のHDから起動させれば最大24時間前のデータを失うが、こけたのが判明してmの傍に立ったら20分以内に回復できる。こけたのが判明してからmの傍にたどり着く時間は管理者がどこにいるかで変化する。

影武者として全く同一スペックのtamaを用意してあり、mike本体がこけたらmのHDをtamaに移動させれば1時間以内に回復できる。t を影武者としてそのままなにもせずに置いておくのは意味がないからtはproxyサーバとしてうごかしている。

これが今現在のシステムである。

PowerMacG5  2GHz 512MBRAM を2台手に入れた。したがって今まで同様の運用ができる。内臓HDが1ヶしかないから最低同じ容量のHDが2つ必要だ。

問題は現在のファイルをどうやって移動するかだ。現在のHDはATTなのでそのままつかえない。

使っているのは20GBもない。新しく手に入れたG5の内臓のHDに現在のシステムをそのままコピーして、起動できたらうれしいな。G5のデスクトップはFirewireで外付けHDとして動作するのだろう。そうだとしたら最も簡単だ。

そうでないと、どのファイルを移行していいのかわからん。再構築しないといけないかもしれない。大変な作業になる。

取りあえずはtをコピーして...

できたできた。

新しいG5のHDをOSXサーバインストールディスクで起動し、rootパスワードを変更してから、ディスクユーティリティで初期化し、firewire taraget disk として起動し(t キーを押しながら起動する)、firewire でtに接続し外付けHDとして認識させ、SilverKeeper で丸ごとコピーし、再起動させた。再起動は無事できて、ip address などもtのままコピーされたことを確認した。

したがって、この方法で 移行できるようだ。mike のネットを切って、新しいメールが着信しないようにして、コピーを開始し、入れ替えてネットに接続すればいい。コピーにかかる時間だけ、mは落ちることになる。3時間くらいかな。このへんがFreeBSD(UNIX)のいいところだ。機種を選ばない。Windows だとこうはいかないだろう。

というわけで、SATA 500 GB HD 4台(m と tに2台ずつ)注文。RAMも2GBにするように注文。合計7万円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください