根拠を問われても返す言葉がない

学とみ子はその発言がデタラメなので、常に根拠が問われているのですが、答えたことがありません。したがって、妄想だ、学とみ子の脳内だけのことだと批判されます。

ところが、こともあろうか、学とみ子自身が

根拠に基づいてものを言うトレーニングもできていません。

なんていうから、皆さんひっくり返るわけですね。

新しい記事では、いち研究者・教育者のブログで、くりさん(356. くり など) という方が当方を評価したのだが、その評価が学とみ子のそれと一致しないものだから;

ため息さんが他分野の英文論文でも苦がなく読める人だろうとは、誰も思わない。くりさんは例外だ。くりさんは、転写因子で論文を書いたと言う。まさか、そうした人が、ため息さんを評価できないとは、学とみ子はは思わなかった!

と例外だ、評価は誤りだとするわけだ。第三者の評価という根拠があっても、自分の考えと合わないと、自分の考えが誤りとは思わず、採用しない・無視するというわけだ。ひどいもんですね。

学とみ子曰く:

それにしても、前回ブログの攻防戦は、なかなかだった。

だって。バカみたいに自分の妄想を書き並べて非難され、だれも同調していないというのに、自画自賛かよ。裸の王様には笑ってくれる家来がいたけど、学とみ子には家来がいないね。だからエンドレスなんだろうね。


Golden Aster でいいのかな?

「根拠を問われても返す言葉がない」への99件のフィードバック

  1. >こんな事では、科学に精通した一般人のイメージから、plusさん自身がどんどん離れていくだけよ。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html
    学とみ子 11/30 14時頃確認

    けけけ。
    私は科学に精通している人の振りもしないし、そういう風にも見られる必要もまったくありませんよ。
    バリバリの文系でありただの横好きであると常々言っていることです。そんな者でも学とみ子のデタラメはわかりますよということを、通りすがりの人でもわかるように記しているのです。
    つねに、一つ二つの検索語で検索できる範囲で出てくるテキストと見比べるだけで学とみ子の述べていることはデタラメであると見抜けますよと述べ続けているのです。
    学とみ子は汚い素人だましであるから、通りすがりの方が学とみ子の書いたものを読むなどという珍しいことが起こったならば、信じ込む前に、自分の目で、原テキストを確認してみてください、書かれているキーワードの一つ二つを検索してみてください、そうすれば、学とみ子の述べていることがデタラメであるといとも簡単に発見することでしょうと、述べ続けているのです。

    素人をそのような汚い手段で騙そうとすることでしか、学とみ子の信じることを維持できないというのはなんと哀れな状態でしょうね。
    信じるに値しないものであるということを学とみ子さん自身が一番承知しているということですからね。

  2. ため息さんは、学とみ子には家来がいないという。個人ブログで、家来がいる方が異常だろう!
    ため息さんは、家来がいないのが普通と思えないほどに奢っていて、かつ、偏向しきっている。ボケに近いのかも。
    そこに来るのは、若山研究室、理研ES捏造説派を擁護する目的集団だ。それを家来と思っているため息殿様がいる。

    魚拓
    「裸の王様」の意味がわからないのですね。

    詐欺師に騙された王様の発言に対してそうだそうだという家来がいるんですよ。学とみ子も記者会見や私小説でだまされて意見を述べるわけですが、その意見にはそうだそうだという家来すらいないのですよ。家来はあるとき王様の行為を一斉に笑ったのですね。「高い地位にあって周囲からの批判や反対を受け入れないために、真実が見えなくなっている人のたとえ。」なんですよ。

    残念なことに学とみ子にはそうだそうだという方すらいないといっているわけですな。王様の場合は家来ですが、ブログの場合は、ブログ主になんの権限もないしコメンテータはなんの利益もブログ主から得られるわけではない、つまり利害関係にある家来はいないのですが、拙ブログでは、ブログ主にそうだそうだ、あるいは違うと意見をくださるコメンテータがいる、つまりありがたいことに利益に関係ないボランティアの”家来”がいてくれるわけですね。学とみ子にはそうだそうだと言ってくれる方がいるのでしょうか?いないでしょ。だから”家来”がいないといったのですよ。

  3. 学とみ子曰く:

    さすがに誰もplusさんに
    [plusさん、ACTHの生体の機能と、人工培地添加した時の機能の共通点から、若山先生はヒントを得たんでしょうか?エビデンスが何かありますか?]
    なんて聞来ませんね。

    魚拓
    「ACTHの生体の機能」とはなんでしょね?日本語ではないようですな。何回も言われているのだから正確な日本語を書きなさいよ。意味不明でしょ。「ACTHはマウスES細胞の生存および増殖を促進し,単一割球からのマウスES細胞への誘導を促進することが知られています。」。ということなので、若山氏に限らずこの分野の研究者にとってはACTHを使ってみることは特に奇想天外なことではないのでしょうね。増殖させたかったわけですからね。plus99%さんがACTHを持ち出したことをplus99%さんに聞くことはないでしょうね。必要ないですからね。このパラグラフは何が言いたいのでしょうかね。意味不明ですね。

  4. 学とみ子曰く:

    STAP細胞には増殖能がないのは、科学の常識的なこと。そこに短期間で増殖能を持たせるための秘策があったと思われる。胚盤胞にいれないなら、その他の方法があったはずと、科学者なら考えるだろう。そうした方法について、推論やらを複数の可能性を語れる人でないなら、この分野で作文すべきでない。


    STAP細胞はなかったのだから増殖能を議論するのは意味がないのだが、仮に撤回された論文のようだったら、「短期間で増殖能を持たせるための秘策」は撤回された論文に書いてあるわけで、「推論やらを複数の可能性を」語る必要はどこにもない。「ボケに近い」どころかボケているのでは?

    なにやらplus99%さんにバカにされたのでいきり立っているけど、バカにされた事に対する反論は何もなく、plus99%さんは何も知らないと言うだけなのね。もう少し理性的に根拠を添えてplus99%さんに反論してみたらどうでしょ。できないだろうけどね。

  5. [将を射んと欲すれば馬を射よ]
    の、馬が誰で、将が誰だか、plusさんはわからないらしい。


    当方にもわかりません。誰が将で誰が馬なんでしょ。そしてどなたがなぜ、何のために射ろうとしているのでしょ?妄想のなんとか派ではなく言ってごらん。具体的な名前は出せないでしょうから根拠を添えて、妄想ではないと納得できるように、そういう方がいることを示してごらん。

    「贔屓の引き倒し」と同じように意味がわかってなく使ったと皆さんは思っているので、否定できるように解説してね。

  6. >皆さん、総出で、学とみ子嫌がらせ活動に精を出してますね。

    思い当たることがあるのでしょうか?それならサッサと登録してしまえばいいのに。登録されていることが確認されたら、この話題に触れる人はいなくなるでしょう。

    何かの火種にならないんだったら、私も触れなかったんですよ。でも、よくよく考えてみたら、その資格を以って、何らかの判断をし、記録が残るわけ。万が一、査察のようなことが行なわれれば、被験者にも影響が及ぶことが考えられるんですね。有資格者だけど、法を遵守しておらず、違法状態の記録が残る。拙いっす。

    バレなきゃいいって話じゃあないと思う次第です。

    そう言えば、その昔、何かのワクチンの有効期限が切れているものを注射してしまった、ということで謝罪されたことがありましたな。言われなきゃ気付かないこと、わざわざ拙宅までご説明に来てくださいました。

    善後策を、医療機関と共に考えていただきたいものです。

  7. 学とみ子曰く:

    ため息ブログコメントには、学とみ子が時々、見逃すコメントがあるんですね。


    さよで。では再掲しますので質問にこたえてちょうだい。

    学とみ子の発言:

    生体内の幹細胞を、人工的に選び出す方法は、数限りなくあって良い。STAP細胞は、可能性のひとつだ。

    というセレクション説が妄想でないことの根拠を示してちょうだい。

    ついでに学とみ子曰く

    ヤフーブログのあの画面には、絵文字は簡単には入らない事が明らかになってるじゃないですか?証人だっているんだし。

    簡単に入るのは証明済です。スマホで学とみ子が挿入したのです。

    簡単に入るのがおわかりかと。証人とはどなたでしょ?

  8. >トリコスタチンAとかACTHとか調べればその機能は簡単に検索できる。それを使ってplus流に作文するのは誰でもできる。しかし、細胞の自己複製能や多能性維持と絡めて細胞機能を解説することはplusさんには出来ない。

    学とみ子ができているのも一度も見たことはありませんな。
    また鏡に向かって自分のダメなところをクヨクヨしてるんですな。お可哀そうにね。

    STAP細胞がトリプシンでバラバラにすると死んでしまうということは細胞間で位置や機能の情報を交換しているということで、一つの細胞がすべての機能を持っているナイーブ型ES細胞よりも、やや分化しているプライム型に近いものであると仮定してみることができるわけですな。それであれば数個から数十個のコロニーのままなら増殖もキメラ化もできるのではないかという推測が出てくるわけですな。
    そしてそのようにしてみたらキメラができたというストーリーなのですな。
    STAP幹細胞を作るときも同様です。トリプシンでバラバラにして細胞間通信を遮断せずに培養するように変更したのですね。
    バラバラにすると死んでしまうという性質はヒトESなどのプライム型のES細胞に見られる特徴ですから2i培地で増殖できなくても驚くことではないのですね。だから2i以外のLIFを補助するサプリを探すことになるわけです。

    まあ、本当にSTAP細胞だったのなら、という話ですが。
    多少分化し始めちゃったただのES細胞だったのかもしれないですな。
    ただ、若山氏が目の前にある物をみて普通に考えていろいろ試したらこれで行けました、と考えてなにも不思議がないのですな。

    ACTHの機能ね。生体内の機能はGタンパク質を介しての細胞内情報伝達の制御だそうですな。多能生細胞においてもGタンパクを介して細胞内情報の伝達の活性化します。その結果MEK/ERKなどの活性を高めることで増殖能を持ち上げるんですな。

    トリコスタチンAですか?アポトーシス関連の遺伝子を活性化したり抑制したりに関係があるのですよ。Oct4やc-Mycなどはアポトーシスに関してバランスを取り合っている回路の中にある。これを揺するのです。細胞が損傷したときの運命は細胞の修復/アポトーシス/がん化のうちのどこに落ちるかの峰とか尾根の上のような状態にあるのですね。これを司るのがoct4やMyc遺伝子の生体内の機能なのです。そこに関わっている因子だからリプログラムを促進したりするのです。
    iPSを作成する様々な方法では、アポトーシスやがん抑制因子と関係のある要素によるものがたくさん見つかっているのです。

  9. Zscan4

    混同?意味がわかりませんが。

    それより、
    トリコスタチンAを使ったら論文にかかずに内緒にしなきゃいけない理由というのを是非おうかがいしたいですな。

  10. >plusさんは、胚盤胞に入れて起きるコンタミリスクを当初、正しく把握できてなかったらしい。
    あきれた!

    けけけ。
    違うでしょ。どこがコンタミリスクなんですかね。胚盤胞にSTAP細胞を注入するときにはどこにもES細胞もTS細胞もないですな。コンタミなんて起こりませんよ。

    しかし、学とみ子さんは汚い素人だましであるということを思い出して、学とみ子が「ES,TS様細胞とのコンタミ」と書いたのは、STAP細胞と胚盤胞の細胞との分離に失敗するという話を、素人に「ESとコンタミ」が起こるかの様にわざと紛らわしい言葉で書いた、
    いやまさかそこまで汚い素人だましではあるまい、というコメント並びなんですな。

    そしたら、あろうことか、学とみ子はそこまで汚い素人だましだったんですな。

    先にも書きましたが、STAP幹細胞由来ですよん、と保存されていた細胞にはGFPが挿入されています。胚盤胞の細胞が取り除ききれず、それが高い多能性を持っていたためそればかりになってしまったのなら、胚盤胞にGFPがあったことになるのですね。
    よって、わざわざGFPを仕込んだマウスを交配して作られた胚盤胞にSTAP細胞を注入するなどということをしなければそうならないのですね。
    わかりますかぁ?

    そんなことをしたならコンタミではありませんな。故意の不正行為です。
    胚盤胞にはGFPを入れないで行ったなら,キメラでGFPの発光を視認する実験をする限り、胚盤胞の細胞が取り除ききれていなくてもなんら問題はありませんな。それは光らないからです。
    しかし、胚盤胞にGFPが入っていたならGFPの発光を視認する実験にはなんの意味もありません。不正行為です。

    わかりましたかぁ?
    そういう意味においてもコンタミリスクなどというものはありません。
    わかりましたか?中学生レベルの脳みその汚い素人だましの学とみ子さん。

  11. そのような風には、科学者は考えないです。
    STAP細胞がどのような質の細胞なのか?は全くわかっていません。
    ナイーブ型ES細胞でも、分化しているプライム型でもありません。
    いまだかつて分化したこともないES細胞とは全く質を異にする細胞です。
    ES細胞の動態を参考にできるわけではありません。

    >それであれば数個から数十個のコロニーのままなら増殖もキメラ化もできるのではないかという推測が出てくるわけですな。

    そのような憶測は出てきません。

    けけけ。

    だから、学とみ子の考える、

    STAP細胞が増殖しない理由

    細胞塊を切り分けてインジェクションに変えた理由

    を書いてみなさいな。
    「STAP細胞には増殖能がないのは、科学の常識的なこと」
    なんでしょ。
    その常識を書いてくださいな。これこれの理由で増殖しないのであるというのがあるんでしょうな。
    ほれほれ。
    汚い素人だましの学とみ子さん

  12. 学とみ子説曰く

    生体内の幹細胞を、人工的に選び出す方法は、数限りなくあって良い。STAP細胞は、可能性のひとつだ。

    まったく失念していましたけれども、この説は 「STAP論文」が出る前の チャールズ・ヴァカンティの説ではないですかっ。しかも学流に劣化バージョン。

    真剣に考えて損しました。プンプン(`Δ´)

    ヴァカンティ氏が固執している旧STAP特許ではそんなこと言ってないですよね。

    つまりヴァカンティ氏ですらも捨てた説なんですね、以下は。

    生体内の幹細胞を、人工的に選び出す方法は、数限りなくあって良い。STAP細胞は、可能性のひとつだ。

    学とみ子さんも、ヴァカンティ氏を見習って、この説を捨てるべきですね。

  13. 次なるplus愚鈍ぶりは、以下です。
    学とみ子が書いた
    [将を射んと欲すれば馬を射よ]
    のことわざで、馬が誰で、将が誰だか、plusさんはわからないらしい。

    学とみ子の最初に書いた文章はこうです。

    笹井氏追い落としの権力抗争問題も話題になった。バカンティ氏も失職した。それが、全て小保方氏の責任にされ、小保方氏はES捏造のレッテルまで貼られ、科学界を追放された。

    次に書いた文章はこうです。

    笹井氏は、単独の副センター長だったからねらわれたんでしょう?
    そういうポストにいたから、狙われたんでしょう?
    ”将を射んと欲すれば先ず馬を射よ” だったんでしょう?

    理研関連の学術層がやることは、”将を射んと欲すれば先ず馬を射よ” ではない証拠をしっかり開示することです。

    さて、「笹井氏追い落としの権力抗争問題」
    というのはどこへいったの?
    というのが私のコメントですな。

    「笹井氏追い落としの権力抗争」があったと学とみ子さんがというので
    笹井氏は不祥事を起こしても副センター長を降ろされなかったどころか辞めたいと申し出て慰留されたと教えてあげたら、今度は将を射んと欲すれば馬に変わりました。
    すると笹井氏は馬ですが。将は誰?。竹市氏?野依氏?
    将を攻撃するために手前にいて将を攻撃するのに邪魔な笹井氏を攻撃したということですから笹井氏攻撃は目的ではなく「笹井氏追い落としの権力抗争」などというものはなかったことになりますが。
    そして攻撃してきているのは誰?
    そういうポストとか単独の副センター長とかどうつながっているんでしょうな。。
    学とみ子がいかにその場しのぎのデタラメしか書かない人だということがわかります。
    バカがバカの上塗りです。
    http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=17926#comment-180422
    plus99% 2020年11月29日 10:52 PM

    学とみ子が日本語が読めないということがよくわかります。
    バカがバカの3度塗りです。

  14. それでは「論評」にはなりません。僕のコメントに感情的に条件反射しただけで、粗野な文章になります。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7042

    はあ?
    ルさんは自分のコメントのどこが汚らしいのか教えて欲しいのか。
    よろしいですよ。それでは、

    >腰紐心中を約束しながら、約束の時間に現れなかった 逃亡したと書く方がまだ信憑性がある様に思えるな。
    ttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1407.html#comment7034

    まずこれの根拠はどこにあるのだかお伺いしましょう。
    ル氏が笹井氏と小保方氏が腰紐心中しようというような関係であったと考えるのは、どのようなことをもってそう考えるのか。

  15. 軒下管理人さん

    >思い当たることがあるのでしょうか?それならサッサと登録してしまえばいいのに。登録されていることが確認されたら、この話題に触れる人はいなくなるでしょう。

    前から言っているんですけれどね。登録したらネタにしませんよと。疑心暗鬼なんでしょうかね。可哀そうに。

    >万が一、査察のようなことが行なわれれば、被験者にも影響が及ぶことが考えられるんですね。

    本当ですよね。患者さんに対する思いやりがないのですかね。だから口コ(ry

    そろそろ総出勢全員同一人物と言い出しそうな…。

  16. それにしても、あちらのブログ主がますますこちらの方にそっくりになってきたような…。Wikipediaによると、

    修行時代から、劇中における台詞でもある「兄より優れた弟など存在しない」という思い込みから、弟のケンシロウを自分より下と見て嫌っており、稽古の際に卑怯な手を使って痛めつけることも多かった。実際にはケンシロウの実力は既に彼を上回っており、兄のプライドのためにあえて実力差を明示していなかっただけなのだが、リュウケンにその差を指摘されることがあってもジャギはそれを認めようとしなかった。

    …まんまあちらのブログ主じゃねえか!

  17. そこに来るのは、若山研究室、理研ES捏造説派を擁護する目的集団だ。

    すべての責任を若山先生に押し付けようとする意図がミエミエです(パクリ)。

    追伸
    sighさん
    またコメントミスをやらかしました。Wikipediaにリンクがかかるようにしていただけないでしょうか。
    またお手数をお掛けして申し訳ございません。よろしくお願いいたします。

  18. うーむ。ポケットにマウス・・・
    さすがに絶句ですな。
    小保方氏がポケットにマウスを入れてきて若山研のマウスを乱して、どのように自分に利益のある状態を作り出すことを想定できるんだろうか。
    L氏という人への見方を変えなければいけないか。

  19. 学とみ子さん

    わざと学とみ子を刺激してやろうと、書き込みましたね!

    ヤフーブログのあの画面には、絵文字は簡単には入らない事が明らかになってるじゃないですか?証人だっているんだし。何を蒸し返したいんですか?

    >「ため息メンバーが自分のyahooブログに侵入した」

    上記のような事は、学とみ子はいってないわね。そちらは、国と関連する権力を持っていて、ヤフーブログに影響力をおよぼせるのじゃないの?一般人の体内時計さんは知らない事ですよ。

    今の当ブログでは、簡単に絵文字が入るんですよ。体内時計さんは、学とみ子を不快にしてやろうと企む達人なんだわ。

    >>「ため息メンバーが自分のyahooブログに侵入した」

    >上記のような事は、学とみ子はいってないわね。

    そうですね。正しくは

    ため息ブログメンバーは、ヤフーブログを書き換えられる程の力があるのだから、なんでも探れるでしょう。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html

    ですね。
    「ヤフーブログを書き換えられる程の力」
    私はハッカーのようなものを想像していましたけど、学とみ子さんは国と関連する権力を持っている人だといいたいのですね。
    国と関連する権力を持っていても、一般人のブログを書き換えるようなことはしないと思いますよ笑
    現在、我が国はなんとかしてマイナンバーカードを普及させようと必死ですし、個人情報を守らなければならない立場ですからね。

    >ヤフーブログのあの画面には、絵文字は簡単には入らない事が明らかになってるじゃないですか?

    そうじゃないでしょう?
    学とみ子さんは「絵文字が嫌い」だと仰ったんです。だから「使わない」と。
    「絵文字が簡単に入らない」という理由ではなかったはずですが?

    >わざと学とみ子を刺激してやろうと、書き込みましたね!

    Ooboeさんが大田氏の記憶違いを絶対に認めないので、同じように記憶違いを認めない学とみ子さんを思い出しただけです。
    人は誰でも間違ったり忘れたりするわけで、それは当たり前のことなのに、それを認めない人が他に思い浮かばなかったので。

    でも、このことは学とみ子さんにとっては触れられなくない出来事でしたね。
    はっきり言って学とみ子さんの「絵文字」事件はどうでもいいことで、それよりも「アクロシン入りマウス」についてご説明いただきたいです。

    桂調査報告書の何ページに「「アクロシン入りマウスの使用」という記載がありますか?
    お答えください。

  20. 余談です。

    ITセキュリティ界隈で常識的なお話をば。

    マイナンバーは極秘でなければなりません。

    携帯できるカードにマイナンバーが記載されているなどもっての他です。

    ましてやマイナンバーカードで健康保険証(被保険者証)の代替にするなどもっての他です。

    印鑑証明をもって健康保険証の代替にする政策は大馬鹿でしょう。それと同じもしくはそれ以上の悪い副作用がありますよ、マイナンバーカードを常時携帯しての、全ての経済活動に使わせることには。

    マイナンバーはあってもいいですが、それはあくまでも役所での窓口業務に使用を限定すべきであって、個人の経済活動に使わせてはなりません。

  21. しかし、若山氏の実験系で、胚盤胞注入をしていたということは、他の作業でもESコンタミリスクがあるのです。

    なんじゃそりゃ(大爆笑)
    胚盤胞注入はそこには必要のないES細胞をわざわざ同居させなければESコンタミとなんの関係もありませんな。どう関係するのよ、汚い素人だましの学とみ子さん。
    そしてそれをすると他の作業でもコンタミリスクがなぜ発生するの?
    え?説明してみなよ。

    胚盤胞注入を経たSTAP細胞であろうとGFPの蛍光を視認で確認する実験である限りコンタミリスクはないですと私が述べたことには反論できないの?
    GFPの蛍光を視認することで多能性を確認する実験で100%の精度がなぜ必要なの?
    oct4GFPをわざわざ使う必要はありません。光り続けることが必要であれば光続けるGFPで実験を設計すればいいのですが?
    若山氏の作業のどこにソートがあるの?
    汚い素人だましの学とみ子さん。

    いい加減なことしか言わない人ですな。どこにも科学的なところが何一つない。

    そしてアクロシンに関する説明はどうしました汚い素人だましの学とみ子さん
    STAP細胞が自己増殖能が無いのが、どういう論拠から来るのか、学とみ子さんは常識だと述べましたが汚い素人だましの学とみ子さんはその常識が説明できないんですか?

  22. さきほどの私のコメントが意味不明かもしれませんので、現実世界で今起きていることをご案内いたします。

    中共支配下の国では、個々の人民がネット決済で使う経済IDは、全て中共に筒抜けであり、消費行為は「いつ、どこで、何を買ったか」等、全部知られてしまい、反政府活動をしたと認定されれば、経済IDが取り上げられて現金決済しかできなくなります。この処置は実は結構厳しくて、生きていくのもやっとなんです。

    ひとたび監視社会が出来上がれば、我々は国家権力を転覆させることが不可能に近いほどに困難になります。たとえば北朝鮮を御覧なさい。

    国家に個人の経済活動の情報を安易に吸い上げさせてはなりません。

    私達の家計簿が為政者に丸見えでは困るんです。

    ちなみに、私達の家計簿が各大企業に見透かされている現代日本のあり方はどうなんでしょうねえ。

    孫ヤフーなんかはDNA情報までまきあげようとしたことがありましてね。

    どこか生命保険業者に売り付ければ大儲けの種になりかねませんが、宜しいのでしょうか。

    実に不愉快極まりないです。

  23. >最後は、個人情報暴露の脅しだった。

    これは、私のコメントに対する反応かな?

    昔と違って、今はコンプライアンスがぁ、の時代。ルールは守りましょ。守っていないことに気付いたら通報しましょ。特に、公益にかなうなら。

    住み辛いですが、普通の人は、普通に決まりを守ればよいのです。誤りに気付いたら正せばよいのです。

  24. 朝から余談です。

    同僚から聞いた話ですが、中学生の時、クラスに帰国子女がいて、年配の女性英語教師の発音を注意したことがあったそうです。
    その英語教師はヒステリックにその生徒を罵倒し泣き出し教室から出て行き、その後学校をやすんでしまったと。

    2週間くらい休んでから、何食わぬ顔で出勤してきたそうですが、学とみ子さんとplus99%さんとのやり取りを見てそのことを思い出しました。

  25. plus99%さん

    >小保方氏がポケットにマウスを入れてきて若山研のマウスを乱して、どのように自分に利益のある状態を作り出すことを想定できるんだろうか。

    本当にそうなんですよね。
    この脱力感というか絶望感は、学とみ子さんとのやり取りを超えていました。

  26. 細胞の自己複製能や多能性維持と絡めて細胞機能を解説することはplusさんには出来ない。一般人が求めているのは、包括的理解のための解説だ。よくわからない薬剤名をただ並べて出来る子ぶって作文しても、一般人の理解は進まない。

    そもそもplus自身が消化不良だから、一方的な作文はできても、質問し返されたら、plusさんは答えられない。
    例えば、その薬剤を使うと生じる問題点、他の細胞機能への影響など周りの人から質問されたら、plusさんはすぐアウト!

    まともな人なら、知らない世界を深掘りして知ったかぶりをして恥を書きたくないと思う。plusさんはそれがない。

    plusさんはそれも知らない。知らないから、専門領域へ土足で踏み込むのです。そして、学とみ子を否定したつもりになって、plusさんは一人、悦にひたる!

    plusさんは、出しっぱなし情報で終わり。それがミエミエなplusさんに質問する人なんていないです。

    ES捏造派も含め、みんな、plusさんは付け焼き刃にすぎないこと知ってます。

    こうなれば、さすがに当ブログもバカplusと読んでも良いだろう。

    plusさんは、学とみ子が言った胚盤胞注入とコンタミの意味をやっと理解したらしい。

    次なるplus愚鈍ぶりは、以下です。

    凝りもせず、又、2020年11月30日 6:42 PMで、plusさんは、にわか検索を並べている。
    これで答えたつもりだ。話が何もつながっていない。
    細胞の基本的能力の知識がないplusさんにつなげられるわけがない。

    こんな何の根拠もない、plusデタラメ、plus思いつきにかかわっていても仕方ないです。

    plusさんはコンタミリスクを想像できないで、ただ、ただ、学とみ子を見下そうと必死なのです。

    plusさんのコメントです。一般人は、何も知らなくても、これだけ書いてしまうと言うことがわかります。

    plusさんは研究者ではありませんし、大衆だからなんでもやりますね。plusさんは、無知なる分野でも、その認識を持たない不思議な神経の持ち主です。

    ため息ブログのメンバーは、学とみ子が初歩的ミスをしていると、何度も非難してきます。質問に、学とみ子が答えないと執拗に追求してきます。これも、相手の学とみ子を貶める手段です。学とみ子はいい加減な人間だと、大衆に思わせる手段なんですよね。
    ため息さんの得意技を、plus、体内時計さんも見習ってます。

    以上はね、たった一つのページに学とみ子が書いたものなんですよ。
    それも全部じゃない。

    まあ、この学とみ子という人は自分の書いた文章も読めないんだろうね。
    おっかなくて読めないんですな。きっと。
    それを書いた自分の姿が醜くて直視できないんでしょう。
    他人にこんなこと理解できないだろう、知らないだろうと毎日毎日繰り返し言うくせに
    返答されると反論はないわけ?

    STAP細胞には増殖能がないのは、科学の常識的なこと。

    でも相変わらず、細胞増殖能とその時点で保有する細胞機能への影響なんてえのは、plusさんは予想すら出来ないだろう。STAP細胞が自己増殖能が無いのが、どういう論拠から来るのか?も、plusさんにはちんぷんかんぷんだ。

    学とみ子は自分でこう書いたんですな。
    わからないとか不明とか未知だなんて言わないよね。
    さあ、述べようよ。

    STAP細胞に増殖能がないことの論拠を、細胞増殖能と、その時点で保有する細胞機能の側面を交えて、述べなよ。

    話をそらしていないで述べようよ。

  27. ハンニバル・フォーチュンさん

    マイナンバーについてこのような報道があります。

    >マイナンバー事業受注の4社 自民に2.4億円献金/09~13年 政官財の癒着浮き彫り
    https://blogos.com/outline/143424/

    金に群がる汚い連中です。

  28. ハンニバル・フォーチュンさん
     余談への脱線リプライです。Plus99%に”極端な”と言われそうですが・・・
     我が国は根っこのところで律令国家のままですので、国家が総ての情報を欲しがるのは業。
     ネーションではなく民草ですので一方的な管理の対象。
     リスク無視でマイナンバーカードに、運転免許証、銀行口座、年金、健康保険、なんでも載せて一網打尽に把握したがります。
     もうすこしスマートにやればと同情したくもなりますが、そこは業、猪突猛進・虚仮の一念で突破が経験則。
     今回の波が大きくなれば、中華人民共和国とまではいかなくとも中華民国・大韓民国・シンガポールレベルのDigital Tracking Downこそ決め手と称して、そこを突破口にして再チャレンジにくると思います。
     仰る通り、ポイントカード・キャッシュレス決済・スマホ・GPSで既に、かなり出来ているとおもいますが、これが法的強制力と融合すれば、劇的な変化を起こし得ます。

    学とみ子さん
     無駄を承知で申し上げます。
     どこまでが過程としてかって存在し、どこまで記述に信ぴょう性があるか、確認のしようがない文献を対象として考えをめぐらし続けになるのは”奇しうこそ物狂ほしき技”と存じます。

    Ooboeさん
     本来「結論ありきblog:雑談コーナー」にて書くべきですが、「万人争闘」に寄与しかねないので、こちらで。
     ”精神科治療から何とか力を振り絞って書かれた”ことに同情や共感をお持ちになることは理解できますが、この事は「あの日」の資料的価値とは無縁です。
     またテキスト・クリティークを仕事として経験した観点からみると、「STAP HOPE PAGE、あの日。小保方晴子日記(以下小保方資料と呼びます)」は全て後代資料です。
     興味深い当事者陳述資料ではありますが、当事者陳述資料を史的考察対象とするには詳細なテキスト・クリティークが必要です。回想録等の後代資料の場合は閾が更に高くなります。
     予備的考察を行っただけですが、小保方資料は内的整合及び本人側の同時代資料(小保方さんの会見、弁護士提出資料群)との整合性を欠いていると言うのが私の評価です。
     失礼を顧みずして言えば、小保方資料を典拠として考察を行うことは、辻正信の「ノモンハン秘史」に依拠してノモンハン事件の真相をさぐる、磯部浅一の「行動記」に依拠して二二六事件の真相を語る類となると存じます。

     
     

  29. 雑談コーナーの5795. L 2020年11月11日 08:51 以降の議論について。「年に一回くらいはSTAPネタのコメントもしておきましょう。」ということでLさんがコメントされたわけで議論が続きましたね。

    当方の「兄弟(相当の)受精卵から作られたのがFES1とFES2」についてのLさんのコメント「従兄弟」かもはその通りで、言葉が足りないのはお詫びしますが、(相当の)に兄弟と断定していないことを表したつもりです。しかし兄弟だったとする日経サイエンスの記事*があったわけで、学とみ子の「親のマウスのコロニーが違います。」は誤りだと思うわけですね。
    *:日経サイエンスが手元にないので確認できないのですが、そして書いてあったとしてその情報源がどこなのかわからないのですが、学とみ子自身が引用していて、日経サイエンス2015年3月号37頁、下から3行目あたりに兄弟との記載があるようですね。で、学とみ子の推測は

    近交系のマウスは親が同じだと、かなりのSNPは一致すると思うけど、それが一致しないということは、兄弟ではないということではないですか? —略— 一方、同じ機会に同じ親から作られたと考えられた兄弟株のFES2とFES1がなぜ、こんなにSNPが違ってしまうのか?も、平行して考えて欲しいですね。

    と書いています。学とみ子はFES1とFES2がどのように同じ・違うかの桂調査委員会の報告書を読んでいないから、「兄弟」を否定しているわけですね。当方は「ES細胞FES1とFES2で両者の遺伝的背景の相違によると判断された上記第6、第11、第12染色体のSNPsクラスター(桂調査委員会報告書p6)」は両親が完全な近交系ではなくヘテロの部分があったからと考えて矛盾はないと思っているわけです。

    またOoboe氏の主張しているFES1が若山研究室にある・ないについて、Lさんは一般論として、研究者は転職の際、細胞を他に持ち出さないということを根拠にしていますが、oTakeさんもおっしゃっているように、一般論が通じないことがあるのはわかっているかと思います。株分けして持っていくだろうは常識的かもしれませんが、研究室でもはや必要としない場合、全部持っていっちゃうこともありうるかと思います。回収しそこなって残っていたということも十分ありうることだと思います。日本の研究室では、このあたりルーズなのはご存知だと思いますがどうなんでしょうかね。

    L さん曰く:

    学氏の議論に問題が多々ある事は、皆さんよくご存知ですから、改めて言うまでないでしょう。私はかなり前に、学氏との議論はやめました。ため息さんもやめれば終わる事です。(5817. L 2020年11月23日 10:44)

    どんな問題があるのか、はっきり学とみ子に告げたほうがいいかと思いますね。きっと当方等の意見と一致するかと思いますがどうでしょうか?

    L さん曰く:

    2005年当時のES培養だと、 —略— プロトコールがないと培養すら始められません。

    細胞培養の常識を全く知らないので、見当違いかもしれませんが、筆頭著者は理研に来る前の東京女子医科大学大和雅之研究室でES細胞や間葉系幹細胞を取り扱っており、理研若山研でもES細胞の培養を実施している(例の増殖曲線のグラフ、データは捏造だけどES細胞の培養を筆頭著者が実施していたこと自体は若山研で認知されていたでしょう)ことから、筆頭著者単独で培養できたとしても不思議ではないと思います。

    STAPの実験がうまくいっていない状態でフィーダーの準備などしていれば、誰でもおかしいと気づきますよ。

    筆頭著者は若山研ではほかのメンバーとは独立して単独の仕事をしていたのでしょ。可能性は否定できないですよね。

    「他の不正があるから、混入も筆頭著者に違いない」という雑な議論

    はい、前科があっても推定無罪かもしれませんが、それなら無罪を証明すべく実験事実、データの提供をするのが当然かと。誰かをかばうのが優先される状況とは思えないし、私小説では他人に罪をなすりつけるようかの表現があるわけですからね。L さんは、確たる証拠がないからといって庇うわけで、それはそれでいいかもしれませんが、私小説や日記、Webページに何故あえて目を背けるのか、わかりませんね。本人が認めた不正や暴露本と混入させたのは誰かを分けて考えろは冤罪を招くわけで区別しろという意見があるのは承知しますが、それでは混入は私ではないと実験事実データを開示して弁明すればいいではないかと思うところです。しかし、これは、もう6年前でご本人は研究者として復活する様子も聞こえてこないので、そっとしておけばいいのに、学とみ子がSTAPあるあると騒ぐのはやめたらいいのではないかと思うところです。かっぱえびせんが切れちゃって困ることになるけどね。

    「FES1がどのようなES細胞であるのかを認識したら使わないだろう」は、常識人にあてはまることで、バレなければいいという行動規範の方には通じないかと。Vacanti氏に「博士論文は誰も読むことがない」と言った方が、草稿を製本して納品したのは、わかっていて実行したとしか思えないのです。Acr-GFRが検出されるとは、当時は思いもしなかったのでは? あるいはAcr-GFRが仕込まれていることを認識していなかっただけなのでは?Acr-GFRのないSTAP幹細胞もあるわけで、手当たり次第だったとも思えるわけです。

    L さんにもお尋ねしますが、データを捏造したことを覚えていながら、追求されないのがわかっているからか、記者会見で、手違いがあったが結果は正しいので撤回しないと、あのような堂々とした受け答えができる方をどう思います? 澪標さん曰くの

    Ⅳ 自己の行為を隠蔽しようとするRedherring(5837. 澪標 2020年11月25日 10:59)

    でしょ。

  30. 学とみ子曰く:

    plus自身がわからない事、専門家もわからない事の区別がつかなくて、やたら攻撃するのが、素人の怖さです。
    細胞について個別性が高く、わからない事だらけです。誰も答を持ちません。


    だったら、妄想にしたがったデタラメを学とみ子が発するのを止めればいいでしょうが。

    質問に、学とみ子が答えないと執拗に追求してきます。これも、相手の学とみ子を貶める手段です。学とみ子はいい加減な人間だと、大衆に思わせる手段なんですよね。ため息さんの得意技を、plus、体内時計さんも見習ってます。

    質問が学とみ子を貶めているわけではありません。当方は質問に答えているのに学とみ子が質問に答えないから非難しているのです。学とみ子がいい加減な人なんでしょ。ちがいますか? 大衆は当方のような弱小ブログにアクセスなどしませんよ。plus99%さんも体内時計さんも当方を見習っているわけではありませんよ。期せずして同じような発言になるだけですよ。なにを誤解しているのでしょうか。ご両人とも当方より優れた学とみ子批判をしているのが理解できないのですか?

  31. 「ESの混入犯は、小保方氏か若山氏の二者択一である」
    L氏も結局、他の人と同じようにこの思考に自分が陥るという自覚がないのでしょう。
    議論が湧いて出るのはもうその思考周辺にしかないのですね。議論に足を突っ込んだその瞬間に、余程気をつけなければその議論の前提となっている思考に絡め取られるのですね。
    なにもES混入だけに限らないことですが、共犯者(他者の行動を看過したり方法のみ教える消極的関与や、その行動をするような状況に追い込むなどを含む)を思考に入れると、もうどんなこともありえるので議論する焦点が絞れなくなるから、そのような共犯を想定した議論はほとんど生じないし維持されないのですね。
    疑義として上がったこと全般に、看過や消極的な関与を含めると、小保方氏と若山氏の共同犯であることだってあり得るし、小保方氏と別の共犯者や若山氏と別の共犯者だってあり得る。文科省や理研の上層部などが暗に圧力をかけたり忖度があったりまで視野に入れると、無関係であると確実な人なんて誰もいないのですね。そう考えたら、小さな方法上のことを議論しても始まらないというのが、おそらくこの件と適切な距離の取れる人のノーマルな考え方なんだと思いますな。FES1のトラフィックなんてのは犯人を絞り込むことにも容疑者リストから誰かをはずすにもなんの手がかりにもなりません。
    小保方氏は複数の実験結果を都合の良いように操作していますから、看過や消極的関与まで含めれば、関与がないという可能性は少ない、言えることは実はこの程度になってしまいます。

    桂報告を尊重するというなら、そのような立場に立つことになるんだと思いますね。

    議論をして、では実行犯ではないが、研究不正として認定することができないような消極的関与があったとしか考えられない場合、その人のことをどう考えるべきなのか?実はそのことには用意された「定見」がないんじゃないでしょうかね。だから単独犯行であって欲しい、議論するときに自分でそのようなバイアスをかけていないだろうかと(笑)

  32. 澪標さん

    >Plus99%に”極端な”と言われそうですが・・・

    言いません言いません。禿同。
    ハンニバル・フォーチュンさんにもほとんど禿同。

    マイナンバー関係の郵便物ほぼ全て封も切っておりません。
    ビッグブラザーですよね。
    スマホ?結構です。先月ガラケー維持、お取り寄せは2週間待ちですが、はい待ちます。必要なとき以外は電源オフ。
    会員カード?要りません。
    Facebookもtwitterもlineやってません。クラウド?使いません。
    でも自宅PCへの依存が・・・orz

    オードリー何某さんカッコよくて痺れちゃいますが、他国の人でよかったなと。

  33. ハンニバル・フォーチュンさん、澪標さん、plus99%さん

    おっしゃる内容に同意いたします。
    同歩 と書きたい!流行りにすぐに乗るタイプです)

    新型コロナウィルス肺炎第一波で陽性者他のデータの取りまとめにおいて、ここ日本の行政システムでFaxを使用して手作業で集計していた事が明らかになったのですよね。(泣)
    台湾のオードリー・タン氏がいち早くネットを駆使したシステム構築をしていた事が幾度もニュースになっていたことに照らし(照らさなくとも)愕然としたものです。
    親戚の60代のご婦人が「私だってPC使ってメールできるしExcelに入力できる。日本の行政のトップの人達よりすごくない?^^」と笑いながら嘆いていました。

    「国民背番号制とかで何かをしていた事もあったなぁ。莫大な予算を使ったあれはどうなったのだろうなぁ」とかとかとか。
    日本の行政を考えると、マイナンバーカードに諸々を紐付ける行為はコワイ。銀行口座との紐付けは諦めたようですね。
    5,000円?
    後ろに0が幾つか着いたら考えても良いかとか。
    3つかな、4つかな。それ以上は困るから要らないな。

    まぁ便利は便利なようですが。
    時間が無い時ならば考えるかもしれません。
    「(ネットワーク、PC関係で)(日本)国がする事は信用できないのよね。絶対に ”ミスで何日間か誰でも見れるようになっていました” がニュースになる 」と身近な者に漏らした私に、反対する人は周囲にはほぼいません。

  34. >まぁ便利は便利なようですが。
    時間が無い時ならば考えるかもしれません。

    はなさん
    元広告屋がいうのもなんですが、他と比べて圧倒的に便利なものや圧倒的に安価なもの、特に無料なものは、ほぼ間違いなく、他人に自分の支配を許すことと引き換えですな。儲けはどこからでているのか?といえば我々のふんどしのヒモを我々の知らないうちに勝手に売ることで賄われているんですな。
    元広告屋がいうのですから間違いないです。ハイ。

  35. plus99%さん

    >他と比べて圧倒的に便利なものや圧倒的に安価なもの、特に無料なものは、ほぼ間違いなく、他人に自分の支配を許すことと引き換えです

    上記を承知の上でなお便利(時を稼ぐ)を選択する時期もある、あったのです、はい。

    ところで
    >先月ガラケー維持、お取り寄せは2週間待ち

    これ、現在はガラケーは無く、形態はガラケー内実はスマホ(=ガラホと言われるもの)しかありませんよね?
    先月、長年使っていた純粋ガラケーについて「後少ししたら、もし壊れても連絡帳など移行できなくなるからね」のお知らせがキャリアから来て、ガラケーは無いとの事で新機種=ガラホ=に変えたのです。
    通話とSMSだけ出来れば良いと、店員さんの説明に固辞を繰り返し最低限の契約だけを死守しました(笑)

    多機能=高価格=要らない、使い易い従来のガラケー=低価格=かむばぁ〜〜く!!

  36. はなさん

    私がこの間乗り換えたのはaquosケータイ3という機種ですね。
    ガラケーとガラホ、いろいろなものに区別が書いてありますがよくわかんないですね。
    二つ折りです。タッチスクリーンではありません。ボタン以外のところをさすっても反応はありません。そもそも画面に矢印カーソルや手のひらカーソルがありません。ホーム画面にスクロールバーがなくお仕着せのアプリで丁度埋まっていますから新規にダウンロードするようになっていないのでは。できてもしないですが。
    料金は、機体料金が加わった以外3Gのガラケーの時代と同じです。ネット接続は100MBしばり。メガですよメガ。越えるとメールも届かないらしい。ショートメールで十分なんですけど、もうショートメールだけならタダという仕組みはやってないらしい。
    それで機体料金合わせるとスマホデビューいろいろパック済み料金の初年度特別料金とは100円違いですか。むこうは次年度から上がるがこちらは変わらないという違いはありますが。あのいろいろパックというのはまさにフンドシのヒモを勝手に(ry
    操作方法は3Gの頃の正真正銘のガラケーと全く同じですね。
    どっかで限定解除するとスマホ的操作になるのかしらん。しないけど。
    シャープのページには進化型ケータイでガラホと同じ意味だとあり、OSはスマホ並みの性能の独自OSなんじゃそりゃ。
    というわけで本当はガラホなのかしらん、でもガラケーと同じ料金実質同じ性能でやってます。

    それより2週間待ちというのはなんでしょうね。実はガラケーを欲しがる人が多いのではと。
    電源が入らなくなってとうとう機種変更なのですが、それは不便でしょう不便でしょうスマホなら即日でっせとそれはもう熱心に。いえ結構ですまっぴらですと。

  37. plus99%さん

    外見や操作方法を拝見し、あらぁ??と思わず検索しました。
    (=´∀`)人(´∀`=) ナカーマ♪
    キャリアの違いで色など些細な違いはあれど同じ携帯ですね。
    ちょっと嬉しい(笑

    二つ折りは譲れなかったので選択は2機種のみ。
    私はお店に一台だけあった品を色には不満でしたがすぐ入手したいので妥協。
    2時間以上もかかってしまい、2/3ほどは丁寧に、でも最後の方は私のシンプルな使い方だけならそれは不要!と断言連続だったかも…

  38. 従来のガラケーと同じ使い方しかしない!と店員さんには断言したのですが、家に戻りwi-fi環境のもとでは好奇心に負けてあれこれとネットに繋げてはみました。w

    幸いにも私も従来のガラケーと同じ料金、同じプラン(携帯、固定電話何であれ何時間話しても定額料金♪)が選択できました。

  39. 学とみ子さん、渾身の記事ですね。
    軒下管理人さんに 同歩!

    「学とみ子は小保方氏犯人説は科学の理屈に合わないと判断し、STAP擁護に向けて、当ブログ記事作製に励んでいます。」
    根拠は相も変わらずあげず(あげられず)、一貫しているのは 学とみ子の判断

    「最初から仕組まれた面」「権力」「権威」「国家の威信」「古い労働組合体質の残る研究所」
    学さんの記事内随所に散りばめられた単語、文章。

    コピペ、不正データ満載で撤回された複数論文、「草稿」の博士論文を擁護できる「学とみ子さんの科学の理屈」とは何なのか。

    何をか言わんや。

  40. 学とみ子さん。
     新エントリー:こんなフレームと準同型です
     うぶでおぼこでおぼこい隊員(われながらくどい)、まじめだがドジでとんまな分隊長、天才だが間が抜けている副隊長、隠居間近の恍惚隊長。その間隙を縫ってうごめく中年中間管理職陰謀団と言う絵面。戦隊物や変身物がお得意のパターンです。さしづめ学さんは変身ヒーローと言う事になります。
     このフレーム:実は説教節(百合若大臣、小栗判官、さんせう太夫等)が得意な「受難と救済劇」です。まあ集団的無意識と言うか、民族的記憶と言うか…。
     このフレームに従えば、sighさんは陰謀団の手下グループの一つを率いる”ごく弱中ボス”、私なぞは最初に空に飛んで消えていく雑魚・ゴミキャラですね。

     我ながらあざとすぎますが、”奇しうこそ物狂ほしき技”とお見受けしましたので、敢えてアップいたします。
     

  41. しかし情けない人ですな。反論できなくなると1日黙り込んで、もうみんな忘れたかしらと新しい記事を立てる。いったいそれを何度やったでしょうな。
    みなさんニヤニヤしながら見てるでしょうな。恥ずかしくないんでしょうかねぇ。
    さて、

    >つまり、STAP実験にかかわった実験者の誰もが、ルチーンワークなどで、気づかずにESをまぜてしまう疑いです。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1412.html
    学とみ子 12/2 1:00AM

    はあ、さよで(爆笑)。
    桂調査報告(ttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1412.html)で、犯行可能な人について調査委の考察は14ページにあります。
    もし、初めての方はそこに目を通してくださいね。まあ、学とみ子さんも開いてみたほうがいいと思いますな。
    調査報告書が多数の人が犯行可能であるというのは、「混入する意思を持って」「故意に」「インキュベーターに置いてある細胞に細工ができる」人は多数いるということであって、事故であるという学とみ子氏の新説では、少なくとも個々の混入には、「故意に細工しにこない」のですからそれぞれの実験は実験をする人しか関与していない、つまり非常に限られた人しか関与がないことになりますな。
    個々の混入ひとつづつを見るときには、調査報告に書かれた犯行可能な人から大きく絞り込まれることになるのですな。

    さてここからが問題ですよ。
    解析された細胞全部がES由来と判定されたわけですけど、その説ではどう説明するんでしょうね。間違いが起こらなかったものは発見されていないということなんですがね。
    あの人もこの人も、それぞれ「まれ」に間違いを起こすとき、全てことごとく間違いの起こった細胞ばかりになる確率はどのくらいになるでしょうね。非常に小さなものですな。まずありあえない。
    よほど間抜けな人がいてその人の行いにはある特徴的な問題がありそれによってことごとく毎回混入が起こる、という以外に説明がつかないということになるでしょうな。。

    さてそれは誰だということになりますが、
    テラトーマからもアクロシンGFPが出ているんですけどね。
    また、とにかく大量のSTAP細胞をかきあつめてGRASに持っていった、というのもありますが、これもESが混入したものと考えられる。この二つは小保方氏しか関わっていないんですな。だから「混ぜてしまう」人は小保方氏しかいないんですよ。
    解析された細胞全部に関わっているのは小保方氏しかいないのですな。
    学とみ子氏の新説ではESを混ぜてしまったのは小保方氏である、ということになるでしょうな。

    汚い素人だましの新しい学とみ子説は強烈にお笑いをとりにきたんでしょうかね。
    頭が悪くて悪くてどうにもならないらしいですな。

    学とみ子さんは、調査報告をもう一度読み返したらいかがでしょうな。

    草草草。

  42. 日本は自由国家で言論の自由があるものの、国の威信をかけた研究所におけるスキャンダル的事件の報道に関しては、マスコミ一存では決められず、報道を後押しするなんらかの権力が同時に動くことが多いです。

    へええ。そうなのぉ(笑)
    学とみ子曰く

    「NHK、大手マスコミたちはは、小保方氏がどうやって混ぜたのか?についての推理合戦となり、メディア戦争になりました。」

    のちょうどその頃、

    下村文科相「小保方さんを活用して細胞の証明を」2014.6.17 10:59
    新型万能細胞とされる「STAP(スタップ)細胞」の論文をめぐる問題で、下村博文文部科学相は17日、「(理化学研究所研究ユニットリーダーの)小保方晴子さんでなければSTAP細胞を証明するのは困難だ」と述べ、小保方氏を参加させる形での検証作業が必要との認識を示した。
     論文共著者の若山照彦山梨大教授(47)が16日、STAP細胞の存在に否定的な解析結果を示したことに関連して発言した。
     理研が検討を進める小保方氏の処分については、「組織だからきちんと対処すべきだが、小保方さんがいなければ理研においてSTAP細胞の検証するのはほぼ不可能に近い」と指摘。
     「処分とは分けて、小保方さんに協力してもらう形でSTAP細胞の再検証をすることを考えていくべきだ」と話した。
    https://www.sankei.com/life/news/140617/lif1406170012-n1.html

    なんてニュースが出てますが。産経新聞の記事がネットに残っていますな。
    web論座の記事https://webronza.asahi.com/science/articles/2014061800001.html
    では下村文科大臣は改革委が検証実験を提言するより前から本人参加の検証をたびたび口にしているようですな。
    文科大臣の言葉とマスコミの方向性は真反対を向いているのですな。
    文科大臣が、わざわざしゃしゃり出て小保方氏でなければ再現できないといい、「処分とは分けて」とまで踏み込み、民衆に期待をさせていますな。
    学とみ子さんの説

    「国家組織(研究所)のからむスキャンダル的事件は、世間に一旦、出たら、形良く解決させなければなりません。
    報道するマスコミにも、何らかの解決責任が課せられるのでしょう。」
    「STAPねつ造事件は、解決可能でなければなりません。
    犯人はほぼ確定しているとの筋立てです。」

    とは随分違いますなあ。

    文部大臣曰く
    「小保方さんがいなければ理研においてSTAP細胞の検証するのはほぼ不可能に近い」
    ですよ。学とみ子説によれば、犯人を決め込んで「形良く」解決しようという魂胆なのに、こう述べましたと。
    けけけ。それで検証実験は再現できずとなり、本人は調査終了前に任意退職してドロン。ES混入犯は不明で幕引き、不正行為が見つかっても処分は「相当」で形だけ。ぐだぐだですな。「形良く」ないですなあ。まるで擁護派も批判派も八方もれなく不満を抱かせて騒動を長引かせたいかのように無能な筋書きですなあ。
    国の威信をかけた研究所?はあ?退職者ですから処分は「相当」です、訴訟にはしません、と会見に出てきた人事担当さんは辛そうにしてましたよ。国の威信をかけた研究所の威信なんてかけらもなし。

    シモムーの入れた横槍は当時それなりに話題になってましたがねえ。汚い素人だましの学とみ子さんは当時の新聞記事はおろかニュースも覚えていないんですかね。。
    そんなで事件の概要なあ(笑)

  43. いやーすごいね。今度の記事魚拓)は、いつもにも増して妄想だらけ。お笑い記事を書いたのだろうか?

    STAP事件は、国の威信をかけた研究所でおきた事件ですから、国に出入りする学者層と親しいであろうため息さんは、国のために一肌脱ぐ気になったのかもしれません。

    妄想その1。国に出入りする学者層とはどのような方々なのか知りませんが、そして、当方は商売柄、国立あるいは国立法人組織に知り合いがいるのは事実ですが、そのような方々とつるんで「一肌脱ぐ気に」などなったことはありえないことです。このブログを維持することによって国あるいはその組織から、何の便宜、利益もいただいておりません。どのような根拠でこのようなデタラメ・名誉毀損発言をするのでしょ。

    ため息さんは、誰か偉い人に言われたのか?自分から進み出たのか?のそこはわかりませんが、犯人追及活動が楽しくてはまってしまったのですね。

    妄想その2。犯人探しなどする必要はありません。ひたすらデタラメを発言する自称医師・妄想医師を批判しているのです。もはやSTAP事件は、STAP細胞などないと結論されて終了したわけで、いまさら何を騒ぐ必要があるのでしょうか?

    STAP細胞ESねつ造説は、他人を追及する活動ですから、臭いもの好きのため息さんははまったのでしょう。

    妄想その3。当方あるいは軒下管理人さんが言う「臭いもの」とは捏造犯ではなく、学とみ子ブログのことなのが理解できないのですか。

    ため息ブログには、国の組織に準じた研究組織の人たちもあつまってきているようです。
    ため息ブログには、国と結託できる何らかの権力を持つ人たちもいそうです。

    妄想その4。そのような当ブログのコメンテータは誰でしょ。なんの根拠をもって権力者がいると判断するのでしょうか?根拠のないデタラメを書くな。

    国からの情報をもらえる人もいるかもしれません。
    もちろん、理研研究者とも通じている人たちもいるでしょう。

    妄想その5。そのような当ブログのコメンテータは誰でしょ。なんの根拠をもって理研研究者と通じる方がいると判断するのでしょうか?根拠のないデタラメを書くな。

    本物の研究者層は、面が割るのを嫌います。

    妄想その6。はあ?実名で登場される研究者はいくらでもいますけどね。

    STAPを擁護する科学者は、相当にまずいでしょうね。

    妄想その7。「STAPを擁護する科学者」はどなたでしょ?そのような方を知りません。科学的な意見なら、たとえSTAPを擁護する意見でも、実名で発しても全く問題ないですね。某武田は違いますよ。商売で発言しているのですから。

    一般人集団が、小保方氏犯人と叫んでくれると、学術層はとても助かるんです。

    妄想その8。STAP細胞などなかったと結論した科学者は、一般人集団が何を言っても関係ないですね。多数決で科学は議論するものではないからです。政治でもないのです。

    ため息ブログは、専門集団と素人集団がうまく協力作業をしているようです。

    妄想その9。誰が専門家でだれが素人?そのような区別があるコメント欄ではありません。学とみ子を支持する方がいないからといって嫉妬しないでください。学とみ子を誰も支持しない理由があるのですよ。

    ため息ブログの皆さんは、STAP擁護潰しの固い信念で固まっています。

    妄想その10。STAP擁護潰しではありません。学とみ子批判です。少なくとも当方は「学とみ子潰し」の信念などありあません。学とみ子が臭い匂いを発しなければ、かっぱえびせんを他に求めるでしょう。

    科学者層が実名で、STAP擁護をできない理由はここにありそうです。

    妄想その10。「ここ」が何を指しているか不明ですが、科学者がSTAP擁護ができない理由はSTAP細胞などなかったと納得しているからです。

    研究費を獲得する立場の科学者は、国の意向に忖度することを求められます。

    妄想その11。「国の意向に忖度」したら科研費を取れるなどということは、うさわにも聞きませんがね。日本学術会議に任命されなかった方々は、政府の意向に反した発言があったから排除されたらしいとされていますが、科研費を取得されているようですね。

    結果、学とみ子には、いろいろ抜けている知識があるのですが、この6年でかなりの理論武装に成功しました。

    妄想その12。理論武装!! どこが?? 学とみ子の論理構成、日本語・英語の不備、妄想脳が露呈しただけですね。

    ここまで書いたのだが、疲れた。ほとんどすべてのパラグラが妄想だからね。ですから、以下は飛び飛びに。

    誰だかわからないけど、ESが混じった実験と結論されては、国家の威信が傷つきます。

    妄想その13。もしエラーで混入した実験だったとしても、国家の威信に傷がつくわけがない。国を挙げてのプロジェクトじゃあるまいし。国はSTAP細胞研究を目的とした研究課題に金を支給していませんからね。

    小保方氏担当の最初の実験過程では、ESを混ぜるのはか不可能な状況でした。
    ESを混ぜてしまう立場の人たちは、他にも複数にいたのです。

    妄想その14。小保方氏担当の最初の実験である酸浴実験はES細胞である必要はないからね。その後の実験がES細胞だったわけね。「他にも複数にいた」のではなくES細胞が混入した実験はすべて小保方氏が関わっているのね。

    最終的な調査報告書となった桂報告書では、ES細胞は、幹細胞を作製時にまじった可能性が高いと結論しました。

    妄想その15。STAP幹細胞も幹細胞に関係のないテラトーマにもES細胞が混ざったのね。ES細胞由来でないSTAP幹細胞がないのはなぜでしょ?

    妄想だらけで、この上のコメントの、はなさん、澪標さん、plus99%さんのおっしゃるとおりですな。

  44. 今度の記事魚拓)への追加コメント。

    学とみ子のこの記事の結論:

    この事件の重要な点では、二点あります。
    ESねつ造に無関係な研究者が、ねつ造者にされたということがひとつ。
    もう一つは、犯人は確定できないとした調査結果報告書の発表内容が、一般人にはそのように受け取れないように工夫された文章で書かれていたということです。

    「ESねつ造に無関係な研究者」とはだれのことでしょ?STAP事件でES細胞によるSTAP幹細胞作成に無関係な研究者は、実験に直接手を出さなかった笹井氏、丹羽氏だけでしょ。若山氏はES細胞由来テラトーマ作成に関わっていませんね。残るのはどなたでしょ。
    「桂調査委員会報告書の発表内容」では、混入者(犯人という言葉はありません)は不明、しかし操作ミス・エラーではなく意図して混入させた疑いが濃厚としか、一般人にも科学者にも読めませんな。
    というわけで、学とみ子の結論を支持する方はどなたでしょ?

  45. その時、パトナのいろんな資料説明の中で、
    パトナは
    【129/GFP ES】画像をお見せし、
    刑事さんの事情聴取の時、刑事さんから
    提示され、盗まれたとされたサンプルは
    これですか?と、尋ねたところ、頷かれて、
    パトナにこのサンプル画像のコピーをさせて
    欲しいということでコピーをされたそうです。

    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7050
    Ooboe 2020/12/02

    Ooboeさんも面白いね。
    「刑事さんから提示され、盗まれたとされたサンプルはこれですか?と、尋ねたところ、頷かれて、」
    とOoboeさんは書きますが、刑事は、小保方氏になんと質問したのでしょうね。
    小保方氏に「盗まれたとされたサンプルはこれですか」とは尋ねないでしょう。そう尋ねるのは論理がおかしいです。小保方氏がそのサンプルを盗まれたのではないので。小保方氏の管理する冷凍庫からそれが発見されたのですから。
    「これに見覚えがありますか」のような質問でしょう。

    そして、小保方氏の代理人は石川氏が警察に提出した書類を見たといいましたか?
    警察にその書類を見せろと要求できる理由がありますかね。なければ警察は見せますかね、三木氏は見てないのではないかと思いますね。
    そして、警察が、参考人に尋ねるのは、訴えの対象となる物品のことだけとは限りません。訴えのあったことを調べるのに役立つことなら聞くでしょうな。
    石川氏の提出した書類に窃盗罪の対象になっている物品だけしか記してないかどうかはその書類を見るまでわからない。石川氏が窃盗があったと確信するにいたった、関係する事柄も記してあると思いますな普通。訴える対象がBという物体一つであっても、ABC3つの箱があったのにBだけ無くなっていたんですという事件ならAとCについても記載されているでしょうな。容疑者はBの他に所持しているのが不自然なDとEという箱も持っていましたというならそう書いてあるでしょうな。DとEについてはどのような経緯で容疑者が持っているのか訴えた人にはわからないが、警察は容疑者が訴状を出した人以外の人のものも不法に所持しているならBの箱の所持も不法である可能性が高くなると考えてDとEをどのようにして所持するに至ったのか聞くかもしれませんな。

    以上から、小保方氏が警察に聞かれたことから、石川氏が訴えの中で窃盗罪の対象としている物品を特定することなどできないと思いますねえ。

    石川氏の意図は最初に雑誌に語ったところによれば小保方氏がESを使って不正行為をしたことをあぶりだそうということであり、留学生のES細胞を若山研の冷凍庫から自分の研究室の冷凍庫に黙って移した理由はSTAP実験のためにES細胞を使いたいといういうことであると考えているわけですね。そして警察に提出した書類に、そのように考える根拠として、窃盗で訴える対象にはしないが理研の研究不正調査の結果ESの混入と関係があると判明しているES細胞が小保方氏の冷凍庫にあったことが記してあっても自然な流れです。
    留学生のES細胞が移動されていたのが窃盗行為にあたるかどうかに、使う意思をもって移動したのか否かは重要だと思いますね。そういう事柄を確認するために、警察が石川氏が窃盗罪で訴えている対象以外の細胞についても質問してどこにも不自然なところはありませんよ。

    Ooboeさんは、普通に社会で人と接して、書類になにか書いて人に伝えるという普通に行われていることを少しはしたほうがいいですな。書類に自分の要求することだけを箇条書きにしてぽんと渡して、要求が通るわけがないです。
    必ず、なぜこのように思うのかとか、なになにの理由でこれが必要なんですとか、どのような規則や法がこうであるからこうしてくれ、などの理を書かねば相手は動きません。
    実世界でそういう普通の社会人なら学ぶことをしていないから、学氏のブログでは大変読みにくい表示になる、やたら改行だらけの文章を投稿して平気なのですね。
    そしてくだらないことで証明ができたと大騒ぎする。滑稽ですよ。

  46. ル氏は「ル氏が笹井氏と小保方氏が腰紐心中しようというような関係であったと考えるのは、どのようなことをもってそう考えるのか。」へのお答えはないようですね。
    ではご要望の

    笹井博士の死と彼女を結びつける論調は避けるべきだな。
    腰紐心中を約束しながら、約束の時間に現れなかった、逃亡したと書く方がまだ信憑性がある様に
    思えるな。笹井博士の死は、もっと違う処に有る様に思える。だが、約束を違えたと仮定したら、死ぬまで博士に追いかけられると自縛する地獄に堕ちるのかな・?!のそれは分らない。

    いちいち、論文に不手際があったとしても、仮説に戻ると表明しているのだから、それを命で支払っていたら、科学者は少なくとも猫の様に、七つの命を持たなければならない。そこを忘れている・・・
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1407.html#comment7034

    のどこが汚らしいのかを述べましょう。
    ル氏が上のコメントを述べるよりも前に、D氏が、笹井氏は副センター長を辞したいと申し出ていたことを述べています。また、私は笹井氏が自分の研究室スタッフのひとりひとりの今後の身の振り方を手配していたと述べました。スタッフ全員の身の振り方を手配するということは、笹井氏は研究室を閉じることを決めていたということを示します。
    副センター長だけではなく、理研から去るつもりであったということです。
    研究者として責任を感じていることはこのようにはっきりした根拠がある。

    それに対してル氏のコメントは、それより男女関係で自死したという方が信憑性があると述べている。だからその根拠はと尋ねたんですが。
    お答えはお持ちではないらしい。

    以上から、ル氏のコメントは空っぽである。いつも同様中身がなにもない。
    あるのかどうか不明な不倫で自死したなどという不名誉な噂話を垂れ流すのは汚らしい方であるとしか言いようもありませんな。洒落になどなりません。
    「腰紐心中」「猫の様に、七つの命を持たなければならない」などの言葉をとってつければ洒落になるか?なりませんな。ただ古臭いだけです。そういう言葉がでてくる洞察があるか?なにもありませんな。笹井氏がこれまでにも不正を疑われたことがあるかなどとル氏は調べたのか?でなければ七つの命がなぜ必要だなどと述べるのか。
    無神経で無責任の塊のようなコメントだということです。

    消えろやカスジジイ。
    以上です。

  47. 感情論、タラレバ論です。
    お許しを。

    笹井氏の副センター長を辞する意が認められていたならば、そして理研を去る意志が通っていれば…。
    最悪の事態は避けられたのではないかと、一報に接した時も今もあります。

  48. plus99%さん。

    「盗まれたとされたサンプルはこれですか」は、パートナー氏が三木弁護士に質問したものです。事情聴取時の刑事の質問ではありません。plus99%さんの誤解があるようです。
    ただ、この刑事が“盗まれた”試料として、質問することはありません。被害者が不明瞭なので、いきなり窃盗の扱いは出来ないからです。窃盗なのか、占有離脱物横領罪なのかを判断しなければならない、訴える罪状が確定しないから、そもそも言えないんですよ。
    必然的に、plus99%さんの言われる“「これに見覚えがありますか」のような質問”、つまり、状況を確定させていく質問になるかと思います。
    その後の小保方氏の回答次第で、それは窃盗にあたるかという形を採るはずです。

    【小保方氏の代理人は石川氏が警察に提出した書類を見たかどうかについて】
    三木弁護士によれば、全体は見てなかったようです。証拠となる写真等は事情聴取の際に必要になるので、そういったものは部分的に見てるはずです。
    今回、不起訴になったわけですが、不起訴になった案件に対しては捜査時の資料等を検察庁に請求することにより、差し障りのない範囲で部分的に開示請求をすることが出来ます。が、私が知る範囲でにおいてですが、請求した様子はないですね。

    因みに、刑事告発した石川先生側からは、“Ooboe 氏・パートナー氏らは理解しておらず、勝手なことを言っている”と言われているんですけどね。

    色々、突っ込んでやろうかな…
    どうしようかなー(≧∇≦)

    後、一研究者の件で、私の連れが“。”ら数名を名誉毀損で訴えてやれと言ってるんだが…
    一応、発信者情報を調べてますが…
    100%勝てるけど、お金がもったいないんだよねー。訴訟する程のことでもなかろうと言っているんだが…連れが、奴ら何か超ムカつくって…
    因みにOoboe氏もだよ。何かした?

  49. oTakeさん

    ありがとうございます。
    おっしゃる通りですね。

    ご指摘の件、
    読む人に、刑事と小保方氏の間に、実際に存在した会話とは違う会話があったように思わせる目的でわざとおかしな作文をしてるでしょ、というのが私の指摘内容です。Ooboe氏が書いた文の内部でその発言をしたのが誰が誰にであるというのはどうでもよいので、精密に読みませんでした

    三木氏は石川氏の提出した書類は部分的にしか見ていない、そうでしょうな。聴取している時点で全て見せるのというのは普通はしないでしょう。
    パートナー氏は三木氏がその書類を見たかどうか知りたいと思うと思いますし、三木氏がそれを見たというなら件の細胞が訴えの対象物であると記されているかどうか尋ねると思いますし、そうだと答えたのならOoboe氏はそう書くと思いますねぇ。
    画像をを見せてとか頷いたとかの表現になりますかね。ならないでしょうな。
    ですから三木氏は書類を見ていないか、見た結果件の細胞は対象ではなかった、または教えてもらえなかったのどれかだと思いますな。

    oTakeさんのおかげで、Ooboe氏の怪しげな文章の印象操作がすっかり明らかになったと思います。
    ありがとうございました。

  50. >実は129/GFPE ESは持ち主不明な細胞で
    実験者の誰もが知らないと、調査委員会に
    答えています。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1412.html#comment7047

    これはどこも不思議な話じゃないと思いますけどねえ。
    Ooboeさんもよく考えてくださいな。
    実験者が見せられて尋ねられたのはなんでしょう。
    細胞の容器(空っぽ)であるか容器の写真です。
    中身の細胞ではないですな。中身の細胞は目で見て何がわかるというものでもないですしね。
    だから各人の答えはその細胞は知りませんではないんです。
    その容器には見覚えがない、というのが各人のお答えですね。
    また、その容器のラベルには細胞を作った太田氏のつけた名前とはちがう名前が書かれていたということも重要ですよ。

    さて、混入者は数年前に作られ冷凍された「自分のものではない」細胞をどこかで発見し入手し、解凍し、使ったとしますね。
    もしOoboeさんだったら、残りは発見した時と同じ容器に、同じラベルをつけて保管します?

    しないですよね。
    ちがう容器にちがうラベルをつけて保管しますよね。

    そうすると、その容器とそのラベルを知っているのは混入者だけなのです。
    他の人が「知らない」と答えるのは当然なのです。
    混入者が入れ替える前の容器なら、知っている人がいるかもしれないわけですが。その可能性があるなら混入者にとって、容器とラベルを変えるのはますますマストになりますな。
    すると、誰もが「知らない」と答えたことからどんな情報が引き出せますか?

    ES細胞は若山研に限らず、理研のどこかに、太田氏がおき忘れた細胞が、ないと言い切れるほど厳重に管理しなければいけないものではないですね。
    それは太田氏が詰めた容器に入っているとは限らず、または他のものと一緒に中身の見えないパッケージングされた状態で、中身は何だかは知らないがそこに何かあることは皆知っているという状態でフリーザーのどこかの片隅にずっとおかれていたということだってあるでしょうな。そういう形態のものは太田氏が引っ越す時には見落としやすいでしょうな。そのような場合は調査委の質問にはかかってきませんな。
    現に、小保方氏のフリーザーの中身は小保方氏に確認するまで中身がなんだかわからないものがいくつもあったのはOoboeさんがアップしたリストの作成中の日付のものを見ればわかりますよね。ES細胞は通し番号をつけて移動を台帳につけ行方不明が起こらないように管理するような危険物ではないのです。
    起こして使用して詰め替えれば、詰め替えた人しか、それがそこにあるということは知らない、わかりようもないものなのです。
    だから桂調査委は、全員が知らないと述べた時、その方法では新しい情報は得られないとしてその細胞容器についてそれ以上調べることを断念したのですね。

  51.  Plus99%さん、oTakeさん。
     Ooboeさんのその辺りの文章、極め付きに難解*な上に多重伝聞の山です。御筆先・口寄せ・巫覡の技の何れかにしか見えません。まあスルーするしかないかと存じます。

     *EX. ” 刑事さんの事情聴取の時、刑事さんから提示され、盗まれたとされたサンプルはこれですか?”
     ※盗まれたものと認定したのは”どなた”?。
      ご案内の通り、錯綜した文章を書くのが趣味の私の目から見ても万華鏡のような名(迷)文です。
    “Thinking your mind was my own in a dream
    What would you wonder? And how would it seem?”
    Neil Young : Words(Between the lines of Ages)

     

  52. そんな事は知っている。で責任を持って、所属の研究員を新たな職を割り振ったのなら、小保方嬢には、何処に引き取りを依頼したのだろう・?!
    何だか、一生懸命に当事者の様に、逃げ道ばかり考え、罵倒する事で、避けたい事の解消を図っている。
    Lさんにも反論を始めている。愚かしい限りだ。

    小保方嬢との関係が、どんなものであったか知らない。ただ
    そんな噂を当事者自ら否定するのならも、それはそれで、一つの解決法だと思うが、99%があたかも小保方晴子気取りで、否定しても何の力もないな。それとも自分は小保方晴子だと告白したいのだろうか・?!それならそれで、初めて実体化する。

    いい加減にSNS亡霊から身を引くんだな・!
    幽霊女とは言わないが、亡霊である事は間違いない・・以上
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7055

    なんだろう。このクズっぷりは。
    そんな事は知っているの「そんな事」は文脈から笹井氏が研究者として責任を感じていたということでしょうな。それは知っている上で書いていると。
    そして「小保方嬢との関係が、どんなものであったか知らない。」と。
    で、男女関係があったか否か99%が否定しても何の力はないなと。はて、反論も弁明もできない故人の尊厳を憶測で傷つけるなるな、という意見にそのような男女関係はなかったと証明する力があることがなぜ必要なんでしょうね。
    「それとも自分は小保方晴子だと告白したいのだろうか」これなんか極め付けのクズですね。こう書くとplus99%がダメージを受けると思うらしい。前にもやってきましたな。どういう妄想でしょうなあ。オトコだと言うとるにね。一研究者でもやってますな。オトコだというジョシュア氏に女だろう女だろうと言い続けて気持ち悪がられていますね。病気ですね。
    「何だか、一生懸命に当事者の様に、逃げ道ばかり考え、罵倒する事で、避けたい事の解消を図っている。」というのもこれの繋がりでしょうな。「避けたい事」とは?文脈からは男女関係が知れ渡るということでしょうなあ。それをplus99%が嫌がっているという妄想なんでしょうな。だからオトコだというのにね。
    誰に嫌がらせをしているつもりか知りませんが、その誰かとplus99%は彼の脳内ではイコールらしいと。。妄想の中にいるその誰かに嫌がらせをするために、その誰かは故人になにか感情的な事柄があるみたいだから踏みにじってやれと、なんの根拠もそして躊躇もなく故人は不倫で自殺したと書く、と。
    根拠がないだろうと言われるとお前はその当事者or故人に恋愛感情だかなんだか知りませんがあるんだろうと?だからそう書かれるのをいやがるんだろう?と尋ねると。

    うわーキモイですな。そしてクズの中のクズ。ゴキブリなんて生易しいものじゃないですな。

  53. >因みに、刑事告発した石川先生側からは、“Ooboe 氏・パートナー氏らは理解しておらず、勝手なことを言っている”と言われているんですけどね。

    oTakeさんの仰る通りでしょうね。
    石川氏のFBを読めば、Ooboeさんの文章が卑劣な印象操作を行っていることが分かります。

    パートナー氏は石川氏から、直接若山清香氏の作成したES細胞について聞いているのでしたよね。そして、そのことを、ある時まで黙っていたわけです。複数のブログで清香氏のラベルの貼り方の特徴が示されるまでは。

    当時の記憶を思い返すと、パートナー氏はOoboeさんには「斜め巻きのラベル」について黙っていたのかも知れませんね。
    しかし、小保方氏が手記で「ヒッポさんの細胞」の記載をしたことで、Ooboe氏が大喜びしていたのを見て、事情を知っているパートナー氏は小保方氏の立場を守るために打ち明けたのではないか、そんな風に推測しています。

    石川氏によって、以下が明確になりました。
    A【129/GFP ES】を小保方氏が
    若山研から盗んで、STAP幹細胞を捏造した
    B【129/GFP ES】は、いつ、誰が、
    つくったか、私は特定しています。

    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7053

    石川氏は告発の前に若山研に出向いて事情を聴いていましたね。
    129/GFP ESはFES1から発生したものであり、FES1の作者は大田氏ですから、それが小保方氏のフリーザーにあった以上、

    ・【129/GFP ES】を小保方氏が若山研から盗んで、STAP幹細胞を捏造した
    ・【129/GFP ES】は、いつ、誰が、つくったか、私は特定しています

    そう主張することにさほど違和感はありませんが。それが適切か否かは別として。

    Ooboeさんは何を騒いでいるのでしょうね。
    この期に及んで129/GFP ESの作者が清香氏だと言いたいのかも知れませんが、そんな馬鹿なことはあり得ません。
    129/GFP ESの作者が清香氏だとしたら、何故、それを隠す必要があるのでしょうか?
    それこそ被害者が明確になり、窃盗罪で告訴できるますし、不起訴にはならなかったと思いますが。

    ところでパートナー氏のブログはいつ公開されるのでしょうか?

  54. Ooboeさんは何を騒いでいるのでしょうね。
    この期に及んで129/GFP ESの作者が清香氏だと言いたいのかも知れませんが、そんな馬鹿なことはあり得ません。
    129/GFP ESの作者が清香氏だとしたら、何故、それを隠す必要があるのでしょうか?
    それこそ被害者が明確になり、窃盗罪で告訴できるますし、不起訴にはならなかったと思いますが。

    体内時計さん

    いやいや、私が思いますに、小保方氏が清香氏の細胞を勝手に持って行き使ったとしても、それを窃盗罪で訴えてもやはり不起訴になるのではないかと思いますよ。

    それは留学生の細胞について不起訴になったのと同じ理由で不起訴になるのではないかと思うのです。
    それら理研で作成された細胞の所有者は理研であり、理研の所有する物品を理研の敷地内で理研が承知している研究に使っても窃盗にならないからではないかと推測します。
    それが正しければ、
    留学生の細胞について、自分の手元にありますと留学生に連絡してあげるのを失念しました、ということだけが問題となる行為で、これは窃盗とすることはできないということではないでしょうか。
    それは「刑事犯罪が発生しているかどうか自体疑わしい」という言葉がふさわしいと言えなくないですね。訴えは、所有権がどのようになっているか当事者間で認識に開きがあるというだけになってしまうでしょう。警察が確認したところ、理研で行われた研究の成果物は所有者は理研であるということが理研の職員が理研と交わす文書できっちり確認できたということではないでしょうか。

    そうであれば、清香氏の細胞を勝手に使用しても同じで保管者に使用したいと申請することを失念しました、ということだけになるのではないでしょうか。

    これは、行為者不明に終わったES細胞混入本体にも当てはまるのだと思いますね。STAP研究に携わることを理研が承認している理研の職員が理研の細胞を理研が承知している研究に使用したと考えられるのですから、そのことを刑事犯罪に問うことは難しいのではないですかね。

    それはそれで、
    >129/GFP ESの作者が清香氏だとしたら、何故、それを隠す必要があるのでしょうか?
    はその通りだと思いますね。
    過去に自分の研究室の研究者であった太田氏の作った細胞である可能性が出た来た時には速やかに発表したのですからね。

  55. 澪標さん

    Between the lines of Ages
    いい詩ですねえ。イミフなところがいい。
    最近「たま」とか「judy and mary」とかの微妙にイミフな歌詞+バンドらしい音の曲にはまります。
    ジュディマリは先日、人に借りたTVの録画に入ってたポカリのCMでBrand new wave upper ground「二人で夢を見ている/花火が今消えぬように/愛しい日々は旅を終えて/赤道線の上/」でいきなりぎゅっと持って行かれて。そしたら他の曲はもっとイミフで。ここのところ夜な夜なyoutubeを徘徊してます。

  56. ルさん
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7059

    私はジョシュア氏ではありません。あなたと賭けなどしておりませんな。
    誰でも彼でも同一人物にしてしまうのはあなたの頭の解像度が低いのではないですか?
    私はあなたとやりとりをすることを楽しんでなどいませんから、打ち切りたければ、私の発言にレスなどしなければ良いのですよ。
    男であろうと女であろうと関係ないならそういうことを言うのをやめればいいのですよ。その割にはフェムネコだのフェムタチだの女博士だの述べて相手に嫌がらせをしているつもりになっている。
    全てにおいて鈍感で、口先だけだ。ドタバタなシーンが出てこないと退屈するガキだ。
    口をポカンとあけて待ってもここにはあなた向けのどたばたもろだしエロ話などないですよ。

  57. plus99%さん

    >私が思いますに、小保方氏が清香氏の細胞を勝手に持って行き使ったとしても、それを窃盗罪で訴えてもやはり不起訴になるのではないかと思いますよ。

    ありがとうございます。確かに仰る通りですね。
    石川氏が129/GFP ESを対象とした窃盗罪での告発を断念した理由が、所有者が不明、ということだったと思ったのですが、理研で行われた研究成果物の所有権は理研にある、ということを失念していました。
    窃盗罪は親告罪ではないので、必ずしも所有者が告訴しなくても成立しますが、仰るように、「理研の所有する物品を理研の敷地内で理研が承知している研究に使っても窃盗にならない」のでしょうね。

    >これは、行為者不明に終わったES細胞混入本体にも当てはまるのだと思いますね。STAP研究に携わることを理研が承認している理研の職員が理研の細胞を理研が承知している研究に使用したと考えられるのですから、そのことを刑事犯罪に問うことは難しいのではないですかね。

    そうですね。
    当時の記事ですが

    「会見に同席した理研広報室長の加賀屋悟氏は、小保方氏について、刑事告訴も視野に入れて、弁護士と必要性を相談しながら検討していることを明かした。告訴容疑の可能性について、加賀屋氏は、ES細胞の「窃盗」と、「偽計業務妨害」を例示し、結論は2カ月以内に出ることになるという。」
    https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/293824/

    このように、理研は捏造に使われたES細胞の窃盗での法的手段考えていたわけですが、結局、理研は告訴を断念したわけですものね。ありがとうございました。

    この件に関連する過去の私のコメントですが、過去記事を探すのが手間なので、忘備録代わりに残させてください。
    http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=16994#comment-82191

  58. 頭の解像度が低いのはピック病の特徴かもしれませんが「誰でも彼でも同一人物にしてしまう」のは連合弛緩っぽいのでお気をつけあそばせ。

  59. 軒下管理人さん

    >ツイッターのトレンドに「STAP細胞」が上がってます。

    私もびっくりしました。
    去年のこの時期、ケーキ屋さんと雀荘での報道があったので、また何か?と思ったのですが、どうも人気YouTuberが「STAP細胞あって欲しいなぁ〜」とつぶやいたことが原因みたいですね。

    https://twitter.com/JINSJINS1027/status/1334031116257300481

    しかし、エンターテインメントのトレンドって・・(苦笑)

  60. それは留学生の細胞について不起訴になったのと同じ理由で不起訴になるのではないかと思うのです。
    それら理研で作成された細胞の所有者は理研であり、理研の所有する物品を理研の敷地内で理研が承知している研究に使っても窃盗にならないからではないかと推測します。

    はて?どうなのでしょう。この法理論構成がうまくいっているとするならば、検察による不起訴の事由は「嫌疑なし」になるはずですが現実には「嫌疑不十分」でした。

  61. ハンニバル・フォーチュンさん

    ご指摘ありがとうございます。
    私がかんがえますに、検討すべき法理ですか?がこれ一本であるなら、石川氏は元理研の研究者ですから、訴えを起こすことはできないと判断すると思うのですね。
    そこが、私が「訴えは、所有権がどのようになっているか当事者間で認識に開きがあるというだけになってしまうでしょう。」と書いたところでありまして、法律的にどのように書くのが適当かわかりませんが、研究者である石川氏の認識として、理研にいて、その研究を継続している間は、その研究成果物を実質的に占有しているという合意が、理研と研究者間にはあるという認識かと思います。
    そうだと仮定したとき、留学生の細胞と清香氏の細胞は小保方氏が持ち去ったその時に占有の状態にあったか否かという問題になるということかもしれないと考えます。留学生は帰国しておりその物品を使用して研究中ではなく、清香氏はその研究を終えており、という時点であれば、占有しているのかどうかは解釈の問題になるのかなと。また占有している人の権利を排除して取得する意思がないというところもでてくるかと。

  62. plus99%さん
     お気に入っていただいたようで。
     私の見る所、平易な単語を使って、”世界の関節が外れた(By 日本語であそぼ)曲”を作る方で、Rolling Stone誌などで半ば尊敬・半ば呆れて、Neil Jungと呼ばれていた事があります。日本ではCSN&Yの一員、Heart of Goldの歌い手としてのみ有名だと思いますが、未だバリバリの現役ですしある意味カリスマです。
     単語は平易(多分高校生3年生までには必修)ですが、意味は極めて難解な曲(一部はわけわかめ)が大半ですので、WEBに載っている訳詞は、どこかここかに誤訳があるものがほとんどです。
     学とみ子さんに中期の名曲(屈指の難解曲)Ambulance Bluesを献呈しております。!(^^)!
     季節のご挨拶に、私の知る限り最も切ないクリスマスソングStars of Bethlehem、リリース予告から45年後に発売されたHome Grownからです。バックボーカルがEmmylou Harrisと言うのも好みです。

    軒下管理人さん、体内時計さん
     体内時計さんご指摘のTweet&流行語大賞の絡みで生じた雪達磨現象だと思います。さむらごうちさんやののむらさんとひとくくりに扱われていますので、エンタメカテゴリなのでしょう。

  63. 気まぐれぺルドン さん

    貴殿が「僕の反論も公表してください。「学」さん処ばかりで
    掲載するのは気が引けますから・・・」
    とコメントする前のコメントの中の文に
    「ミニは不釣り合いだ。お尻が猿並みに赤くなる」
    そして、その後のコメントの中の文に
    「彼女は棒ダンスのストリッパー」
    などが含まれているのですから、他の方同様にフリーパスにするわけにはいきません。

  64. 澪標さん
    >さむらごうちさんやののむらさんとひとくくりに扱われていますので、エンタメカテゴリなのでしょう。

    おはようございます。確かに笑
    2014年は強烈なキャラクターの方が多かったので、今後も同じようにエンタメとして語り継がれるのかも知れません。

    それから、「雑談コーナー」では失礼しました。
    結局、私が澪標さんの高度な文章を解読することができなかったのだと思います。
    仰ること、よくわかりましたし、そのようでありたいとは願っているのですが・・。

    お詫び、というわけではありませんが、大好きなクリスマスソングを。
    久しぶりにこの動画を観たら涙が出ました。
    今年のクリスマス、誰もがいつもとは違う思いの中で迎えることになりそうですね。

    https://www.youtube.com/watch?v=BEJmP8T07JU

  65. 体内時計さん
     いえいえ、こちらも色々と考えさせられました。有難うございます。聊か饒舌に過ぎたのでは、との思いも若干あります。
     このスレッドの12.2.1:23PMのコメントで。”錯綜した文章を書くのが趣味”と書きましたが、半分冗談、半分マジです。正確には”趣味””ではなく”宿痾”です。(;’∀’)
     並行的に生じる思考を出来るだけ網羅しようとするために生じてしまう悪癖です。ご寛恕を。
     
     

  66. sigh さん。

    二重投稿になってしまいましたが、
    2020年12月2日 10:39 PM
    のほうの投稿を削除願えませんでしょうか。

    お手数を申し訳ございませんけれども、何卒宜しくお願いいたします。

  67. plus99%さん。

    お返事を有り難うございます。ご意見、了解いたしました。

    不起訴の事由が「嫌疑なし」ではなかったこと、今回の件ばかりではなく一般的な傾向として、少々検察のあり方に疑問を抱えております。
    この手のセンシティブな話題にはやはり難しさを感じております。

    ふう。

  68. ヒッポさんは、石川氏に、また県警刑事にも
    【129/GFP ES】を小保方氏に盗まれたと、
    証言していたことになるのでしょうね。

    盗まれたと証言したのなら、
    【129/GFP ES】サンプルは、
    私の(ヒッポさん)の物。と証言したことになり
    ヒッポさんが作製した
    サンプルということになってきます。

    ttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7061

    >盗まれたと証言したのなら、
    【129/GFP ES】サンプルは、
    私の(ヒッポさん)の物。と証言したことになり

    何故、そうなるのでしょうね笑
    129/GFP ESの所有者は小保方氏ですか?
    違うでしょう?
    若山研に在籍していた大田氏が作製したFES1由来だということが報告書の結論ですから、それが小保方氏のフリーザーに入っていたら「盗まれた」といういい方になってもおかしくないですね。
    石川氏が若山研を訪ねた際、その対応は清香氏がされていたということですから、清香氏がそう答えただけのことでしょう?
    仮に、129/GFP ESを若山研の学生が作製したとしても、同じ答えになりませんか?

    私の過去のコメントを再掲します。

    *****************
    理研の告訴見送りという発表(3/20)を受け、石川氏の告発状は修正をすることになり、結果、石川氏は5月19日のご自身のFBで受理された告発状(最終版)においては、窃盗のみに焦点を絞っており、ES細胞を混入させてSTAP細胞と偽称したことは除外していますと公表しています。

    http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=16994#comment-82191
    ******************

    どうでしょうか?
    石川氏は告発状を提出したうえで、FBにコメントをされているのですが、石川氏が嘘を書いているとでも?検察が見たらどうなりますか?

    しかし、Ooboeさんやパートナー氏が言うように、129GFP ESが清香氏の作成したものであるなら、清香氏は桂調査委員会に対して嘘をついていることになるのですが、それに対して、何故法的な手段を取ろうとしないのでしょうか?
    不正調査委員会に対して虚偽を述べたことがどのような罪に問われるのかはわかりませんが、Ooboeさん達は若山氏が「第三者機関に在籍している知人」から「知人」を省略しただけで刑事告発した方々ですよね。
    それよりも数倍重大なことだと思いますが、何故、告発しないのですか?

    このエピソードは、
    月日経った今だから、報告OKになりました。

    ttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7053

    おかしいですね笑

    ・STAP細胞混入偽装の最大疑惑のこの
    鍵サンプルについて、

    ・このことから、様々なことの扉が開かれて
    いくことになり、

    ・この嫌疑、濡れ衣を晴らさなければ
    なりませんね。

    そう考えるのであれば、一刻も早く報告するはずですが、何故、「月日経った今」公開するのですか?笑

    もっとも、名誉毀損罪の時効は3年ですからね、十分間に合います。
    小保方日記の卑劣な記述を補強する材料として、今回のOoboeさんの書き込みは貴重ですね。

    本当に一体何がしたいんだか、わけがわかりませんね。

  69. sighさん

    前置きです。
    現サイト名 考察学ブログは学さんがSTAP細胞・小保方氏に言及するようになってから見るようになりました。
    当初から違和感アリアリのブログ内容でブログ主のはちゃめちゃ(一言で要約するとこの単語でした)言動に興味を持ち毎日見ていたものです。
    今では数年が経過し、さすがに 呆れ果てお腹いっぱい状態です。
    こちらの皆様のコメントからたまに見に行く程度です。

    件のブログは、ブログ主が職業を自称ですが医師と置き、小保方氏擁護、STAP細胞擁護?を一見科学的用語を使用してかなりの頻度で更新しています。
    しかしながらブログ主の記事コメントを少しの間おって行くと、学さんの科学や研究の基礎知識の欠如が一般人の私にでさえもすぐにわかるものです。
    それでも今年の中頃までは、ブログ主の学とみ子さんの 唯我独尊、性差別主義、科学議論と称する妄想、次々繰出す悪口雑言等々にムカつきながら面白がったりしていました。
    お笑い系ブログと私の脳内では分別していました。
    (悪口雑言、誹謗中傷はお笑いの度を越していますが)

    今年の中頃から件のブログは新しい一面を帯び始めました。
    [考察学とみ子]とのブログ名を 18歳未満閲覧禁止 考察学とみ子となるものです。
    新しく加わったコメンテータの、記事内容を無視した性的コメント(それも出来の悪い低級なポルノ)を学さんは認証制ブログでありながら「ありがとう」と感謝の意を添えて認証し、今も認証し続けている事から致し方ないブログ分類の変更でしょう。
    にも関わらず、学ブログ主は「理論武装に成功」と相も変わらず客観視できない総括的な記事を書いているのが、未だ残る[お笑い系ブログ]の一面なのですが。

    さて長々と書きましたが、sighさんにお伝えしたい事です。
    件のHN者は厚顔無恥恥知らずにもsighさんに12/3早朝に「こちらにも書かせて欲しい」(要約)と言ってきたようですね。
    今までもあのコメント者はたまにこちらに書き込んでいます。
    正直言って、私にとってはかのHNは、こちらで見るだけでおぞましいと嫌悪感を催すほど生理的に気持ちが悪い人物と成り果てています。

    sighさんが適切なブログ管理をなさっている為にこのブログには悪影響を及ぼす事はありませんでしたし、今後も無いでしょう。
    感謝と共にお願いではなく、私の抱くかのHN者への感覚をお伝えしたくなりました。
    今後ともよろしくお願いいたします。

  70. 失礼しました。

    >もっとも、名誉毀損罪の時効は3年ですからね、十分間に合います。
    (体内時計 2020年12月3日 10:01 AM)

    この時効は若山清香氏が小保方日記に対する名誉毀損の時効について述べました。
    「もっとも」ではなく「一方」と書くべきでした。
    わかりにくくすみません。

  71. 澪標さん

    私は身の程知らずにも、澪標さんが宿痾とおっしゃる 錯綜した文章を拝見するのが好きです。
    それこそ澪標さんの文章に接しますと、「さぁ、解明しましょう♪」と笑顔で腕まくりをして取り掛かりたくなります。
    (でも時々、=正直に言うと しばしば=棚上げ箇所が出てしまうのですが)

    あっちの方々へのコメントは平明にお書きになっていらっしゃるのでご趣味を控えられているのはわかります。

  72. Ooboe氏の本日書き込まれた文章
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7062
    をいくら読んでも、結局、刑事が129/GFP ESについて「盗まれた」という表現をしたと三木氏が語ったのかどうかわかりませんなあ。

    どうなんでしょうね。

    ただいま現在、清香氏が自分の細胞を盗まれたといったことと、それが129/GFP ESであるというOoboe氏他の推察の根拠は、
    フライデーに載せられた石川氏が指差しをしている写真と、
    告発対象となった細胞の本数について石川氏がフライデーに語った言葉
    この二つという認識でいいのですかね。

    それゆえに今回、小保方氏は129/GFP ESの画像を警察で見せられ質問を受けた、ということを追加したいと。今まで公開を控えていた新事実があるのですと。

    それで見せられたという事実はあると三木氏に確認がとれましたと。
    しかし、それを見せて刑事がそれをなんだと言い、どんな質問したというのかは、なかなか出てきません。

    はたして出てくるのか、コウゴキタイ。

    ところで。
    体内時計さんが忘備録としてリンクしてくれた過去のここでのコメントに、この本数について私が考察したのがありました。
    http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=16994#comment-82418
    石川氏が指差したのは他の細胞の容器ではないかという考察ですね。石川氏が指差している写真はObokataRNAというボックスの中身の一部ですが、このボックスには解析されたが、調査報告に記載されなかったものが含まれているのですね。その2本のラベルに書かれた雑種マウスや顕微受精のことではないかと思われる略語が清香氏の研究を思わせるところはありますという内容です。
    この細胞の写真はあり、ラベルは多少斜めではありますよ。

  73. 追加です。
    前のコメントで若山清香氏のこもしれませんねと私が述べた細胞について、Ooboe氏がアップしたリストの備考欄にによれば
    一本については小保方氏は「全くわからない」と答えています。
    もう一本については「不明」とあります。
    まあ、それであるから解析されたのだと考えることもできます。
    この細胞2本も「調査期間中に持ち主不明といわれていた。」といえなくはないんですなあ。
    その2本の作成者が清香氏だとすると、清香氏が「盗まれた」と表現してつじつまがあいますな。
    小保方氏のレトリックにはそういう、実際には何を指しているか考えみると意外なことだったりする表現をするところがありますから、まあ上のような可能性があると一応述べてみましたよ。

    そして昨日の占有についての私の仮説と照らし合わせますに、あの仮説が正しいとするならば、清香氏がその細胞がないことに気づいたのがいつであり、いつから小保方氏のフリーザーにあるのか、ということが問題になると思いますね。
    少なくとも、いつから小保方氏のフリーザーにあるかについては2014年4月以前については不明なわけです。その時点では若山研は引越しており、この物体は清香氏の占有の状態になかったのですね。占有者の意思を排して物品が移動されたと言えるものはここにからは出てこないのですね。それで「犯罪の発生自体が疑わしい」なのかもしれません。
    一方、清香氏がその細胞がないことに気づいたのは若山研が理研にあり、まだ研究中であったのかもしれません。しかし故意に持ち去られなければ行方不明にならないと断言できるような管理方法ではなかったのでここも「犯罪の発生自体が疑わしい」なのかもしれませんと、考える次第。

  74. すみません。
    また、過去のコメントの再掲ですが。

    *****************
    以前、tea*r*akt2氏のブログでもコメントしたのですが、石川氏はFBに

    ・小保方氏が盗んだES細胞の中にはSTAP研究の捏造に使われていたものとそうでないものがある
    ・捏造に使われたES細胞については、理研が偽計業務妨害罪で告訴べき
    ・第三者である自身が行った刑事告発は、当該被害者が明確な山梨大学に移管する予定だったES細胞が対象

    この様に書かれてます。
    https://blogs.yahoo.co.jp/teabreakt2/18309247.html

    であるなら、捜査対象のES細胞は129/GFP ESであるはずがなく、129/GFP ESが若山夫人の所有物であるわけがありません。
    さらに言えば、若山夫人作製の細胞はラベルが斜めに貼られてあるという情報があり、129/GFP ESとは異なります。これはOoboeさんのパートナー氏の証言とも矛盾しません。
    このような事実があるにもかかわらず、未だにデタラメを書いているのは、悪質な印象操作か認識能の低下を疑わざるを得ません。
    そういった自分たちの行為が、小保方氏に日記の中であのような卑劣な記載をさせたこと、彼女の人間性を大きく貶めたことを擁護の方は自覚するべきだと思います。

    http://seigi.accsnet.ne.jp/sigh/blog/?p=16085#comment-50687
    ************************

    Ooboeさんとパートナー氏は石川氏がFBに嘘を書いていると主張しているのですね。
    ご本人がご覧になったらどう思われるのでしょうね。

    それと、極力関わりたくないのでスルーしたいのですが、気まぐれペルドンさん。
    貴方がしていることは単なる嫌がらせですよ。

    マスクを着用せずに飛行機で騒いで無理やり降ろされた男性が、今度はホテルのバイキングで同じことをしたようですが、その人とやっていることは同じです。

    卑猥で汚らわしい言葉を使わなければコメントできないようですが、それであるなら、ご自分のブログか学とみ子ブログでされたらいかがですか?
    学とみ子さんはあなたの汚いコメントを承認してアップして下さるのですから、きっと、価値観が合うのでしょう。

  75. sigh さん。
    二重投稿の件、御対処を頂きましてまことに有り難うございます。

  76. うむ。これは良いコメントですな。視点によっては正しい分析ですな。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1409.html#comment7063

    ぺXドン氏に三流の烙印をいただくというのはむしろ名誉に思うべきでしょうな。
    確か氏は学ブログに現れてすぐに学とみ子氏の知性を賞賛していましたからね。あそこに出入りすることが氏の自分の一流を示すことだということでしょう。
    すると一流を押された日には学とみ子氏と同じハコに入るということですからな。
    学とみ子氏によく勉強していますと評価されるのと同様迷惑千万というところでしょう。
    そういえば学とみ子氏はぺXドン氏の教養と知識をそれはそれは評価していて英語力にも期待をかけていたご様子。

    持つべきものは正しい変換辞書。
    すなわち、ネズミをポケットに関してショックを受けるのも極めて正常と読むべきですな。

    ところでしばしば見かける黒塗りの四角はなんでしょうな。今日のお昼過ぎにもありますな。

  77. 昨日のtwitter騒動の件、ニュースになっておりますね。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e3b749944e082b5852cc8c7b57d5af531e78fe0f

    コメントが荒れ気味なのが残念ですね。尤も、書かれているのが特許ガー、責任ヲー、若山ガーばかりで、統一性のない擁護ばかりですが。この辺り、擁護の皆様が烏合の衆なのがよく分かりますね。こういう人たちに何を言っても無駄でしょうね。可哀そうに。

  78. NHKの報道を今みていてビックリしました。
    ワクチンの生産数量が、世界全体を救うには全然足りていない…
    「一回ワクチンを打てば終生の免疫を得ることができる」といった超超甘い仮定でも、私の腐れた脳細胞によるフェルミ推計では10年かかります。
    たぶん一年に一回は打つべきだと思うので… ワクチン生産量は今の20倍くらいにはしなくてはならないのでは?

    ドライアイス入りの保管容器を背負子にして担いで徒歩でワクチンを運ぶ姿を映像で見ましたが…そんな体制をユニセフが構築中とのこと。(開発途上国)。ユニセフは、ずいぶん昔から、要所要所に太陽光発電による冷蔵庫の設置を進めていたようで感動しましたが…それでもなお、mRNA型ワクチンを運び保管するインフラには圧倒的に不十分です。

  79. ハンニバル・フォーチュンさん

    ぬわあ。
    わたしは、イギリスがワクチン接種が始まるからと行動制限解除を始めたとなるニュースをみて、ただいま現在確保できた量が人口に対してまだ数十分の一なのに、なんでもう制限解除に舵を切るねんとぼやいていましたが、ハンニバル・フォーチュンさんの考察はその遥かに遥かに先を行っていました。

    脱帽でござる。

コメントは停止中です。