一向に収まらないのは

一行に収まらないのは、学とみ子への批判と新型コロナウイルス感染で、記事を新設しても、すぐにコメントが100件に近づきます。コメントの続きはこちらにどうぞ。今日の東京都は400名を超ええるらしい。

[ 追記 ] 2020.8.1
今朝からセミの大合唱が始まりました。ようやく梅雨明けですね。


Beach Spider Lily

「一向に収まらないのは」への92件のフィードバック

  1. >当初、Oct入り実験細胞が、アクロシン入り細胞になってしまった可能性を考察した25ページの記載部分は圧巻だと思う。

    だそうで。

    >カジュアルに要約します。

    要約文はいずこ???

    >FI幹細胞CTS1のゲノム配列パターンは、それ以前に作製されていたES細胞FES1(2005年にAcr-GFP/CAG-GFPマウスより樹立)とSTAP幹細胞FLS3(2012年1月28日~同年2月2日にAcr-GFP/CAG-GFPマウスより樹立)と完全に一致することが判明した。

    がFAぢゃないんでしょうか。

  2. 軒下管理人さん

     学とみ子さんが”カジュアルに要約”しているのは、「桂報告書についての、学とみ子さんの<評価・感想…>」だと思います。これなら後続の文と符合します。
     テキストに則した<評価・感想…>の根拠の、”カジュアルな要約”は、なさらないと思います。(お約束)

  3. Ooboeさん
    STAP細胞は再現されていないという事実がある。
    STAP細胞が再現されなかったのはなにか未知の因子が関与しているからで、それが何であるか判明して取り除くまたは添加することができれば、小保方氏が行った実験は再現されてSTAP細胞があると証明される可能性はあるんだと仮定してもいいですよ。
    しかしそのように信じてもらいご本人が研究が続行できる環境に戻るまたは後続の研究者が研究を続行してくれるには、小保方氏が問われているのは、思いつきを現実に証明するための「研究」を実際に行ったと周囲の研究者が信じるかどうかです。それに関しては、実際に行ったことを示す証拠を「出しません」と言っているという事実だけがある。
    そこをきちんと把握するなら、手記に書かれたことがどれほど「真に迫っている」「心を打つ」と述べても何の役にも立たないということがわかるでしょう。

    また、
    仮に、ミトコンドリアが細胞の初期化が起こる時に重要な役割をすると仮説を立てて実証するとしたら、STAP現象は再現されたという報告がないのですからiPS細胞の方法を使うんじゃないですかね。
    そしてさらに仮に、ミトコンドリアに特異な振る舞いをするようにさせる因子の導入が山中因子の一つをリプレースする、となったら、それは大発見でしょうが、それと小保方氏の研究ってなにか関係がありますか?ないと思いますね。
    その時にミトコンドリアの変態を促す方法がABCと幾つも発見され、そのうちBが酸浴であるとかトリチュレーションであっても、小保方氏の見た様態と同じ様態をとっているということが見つかっても、そのミトコンドリアによる初期化の発見者が小保方氏であるとは言われないと思いますね。
    さらに続けて4つ全部リプレースできるとなってもやはり小保方氏の研究とは関係あるとは言われないと思いますね。
    iPS細胞の山中因子をリプレースするという研究は本当にいろいろあり、オリジナルの山中因子が一つも残っていなくてもやはりiPS細胞のバリアントと見られているのですし、オリジナルの発見者の栄誉は変わりません。それはiPS細胞のデータや方法や知見が使えるように公開されているから、後続はその土台を利用できるからだと思いますね。「出しません」の対極だからだと思いますが。
    遠い未来にどう評価されるかはわかりませんよそれは。
    しかし遠い未来に評価されても、ご本人の後半生はすでに存在していないのですからね。

    科学の最前線に興味を持つ、今後の発展に夢を膨らませる、期待する。私は、大いに結構で、専門家だけのものとするよりずっと素敵だと思いますね。
    しかしそれと、ただいま現在困っている人を助けたいと活動することは別の次元のことで、ましてや、実際に「夢物語と言われてきたことを現実にする」研究を行ったのか行っていないのか、すなわち「現実には夢物語でしかなかった」のかと疑われている人を弁護するのにそこにさらに夢物語を付加しても役に立たないと思いますね。

  4. >Ooboe別嬪上鳥君さん
    >あちらから・・模擬裁判て言われているよ。
    >早く次の陳述書出さなきゃ・・僕も眠くなってきた・・・

    気まぐれペルドンさん
    「まさかの時のスペイン宗教裁判」というのはモンティ・パイソンの有名なネタです。
    「まさかの時のスペイン宗教裁判」てぐぐると動画が見つかるでしょう。
    ちなみにOoboeさんではなくあなたのコメントのこと。

  5. Ooboeさん

    STAP細胞は第三者も再現できなかった上に、ご本人が検証実験で再現できなかった。
    つまりSTAP論文に書かれた作製法はどれほど贔屓目に見ても完全ではない。嘘っぱちではないと仮定しても、なにか欠けているもしくは不明な条件があるという以上に譲歩されることはないでしょう。検証実験が成功しなかった理由をご本人が、ここが論文作成時とは違うと指摘できない以上、その条件がなんなんだかをわかっている人はいないんですね。
    突き詰めて言うと、STAP論文に書かれた作製法は少なくともなにか間違っているという前提に立たなければ前に進むことはないのです。

    下世話な話、その道の研究者が、その不明の条件を解き明かすのに手を貸してあげたいと思うとして、「あの日」をどう思うかですね。私は断じて間違っていないと繰り返し述べ、認定された4件の不正では実験結果を自分の仮説に合うように加工してしまったことはスルーし、協力してくれた人を悪く書く。
    代理人氏の活動やバカンティ氏が特許で粘っていることもありますけどね。
    自分の落ち度を認めない人に協力しても感謝はしてもらえないと思うでしょうねそれは。協力した挙句に悪口を広められては叶わないだろうし、その上発見の栄誉を泥沼の裁判で争わなければならない可能性があるなんてのは悪夢でしょうな。

    「小保方氏の才能を惜しむ」なら、そういうものを信じると述べ奉って見せることは何の役にも立たないですな。あれを奉るなら、お金を集めて小保方氏に研究できる環境を自分らで用意するしかない。
    そうではなくて研究者に協力を願うのならあの本を捨てるところから始めなくてはいけないと思いますけどね。

  6. >25頁下から10行目以下、若山証言が不明と答えた部分に、調査学者が食らいついて、新たな考察を示した記載部分がすごいんです。

    然様で。

    “新たな考察”とは?

    >桂報告書の原案を書いた人たちは、若山証言を全て正しいとの設定で調査してます。ですから、若山氏がわからないとの答になった部分が調査学者の腕の見せ所です。

    Oct4-GFPが挿入されたFI幹細胞が作成された可能性があること?

    ふーん。。。

    可能性は否定しないけど、作製された証拠を得ることはできなかった、というのが結論では?

    若山氏がわからないと回答したことと無関係に、依然として”ES混入”で説明できることには変わりない。

  7. 軒下管理人さん

    当方も同様に:
    「食いつきが悪い25ページの記載」とは何?
    「桂報告書からのメッセージを感じ」とはどの部分を示してどのようなメッセージを感じ取らないといけないのか?
    「報告書著者たちからメッセージ」とはどれで、なんと言っているのか?
    「学とみ子の言わんとすること」とはなんじゃらほい?
    「新たな考察を示した記載部分がすごい」の”新たな考察”とはなんじゃらほい?
    「注目度の高い部分に気付けない」の注目度の高い部分とはなんじゃらほい?
    です。

    このように書くと、軒下管理人さんも当方もなにもわかっていないという罵声が飛んでくるわけですが、致命的さんがおっしゃるように「学さんが何の客観的根拠も示していない」なわけで、もっと具体的に感想や想像ではなく、この文章のここの部分はこのように解釈できるから、この部分は理研内部のSTAP派/ES派の方が書いたのだと書いてもらわないと、少なくとも学とみ子のような天才頭脳を持たない当方には理解不能ですね。

  8. 皆、信じた道を…の追記7/31 14:00頃の魚拓
    桂委員会報告書のp30の小保方氏が無責任であったという記述をとらえて、学とみ子曰く:

    桂報告書には、以下のような記載があるが、ここも[誰かが故意に混ぜた]と似てる書き方になっている。まるで、外部から、[研究者をかばうな!]との追及があったかのような雰囲気がある。

    似てる書き方?雰囲気? どこが?事実を淡々と書いてあるだけでしょ?オリジナルデータがない(小保方氏が提出できなかった)のは小保方氏が無責任だと言っているわけで、当然でしょ?どこにどんな雰囲気があるんでしょ?

    小保方氏を科学者と扱ってないのですよね。

    そりゃそうでしょ。論文に記載があるのに、その実験事実を示す証拠を提示しない/できないのだから、科学者であるわけがない。

    本当の専門学者なら、未知なるものを裁定する時は、上記のようなぐちゃぐちゃな書き方をしないと思いますね。

    どこがクチャグチャなんでしょ?学とみ子の頭の中がですかね。実験事実を示す証拠を提示しなかった/できなかった事実を書いてあるだけでしょ。事実の記載で、学とみ子の妄想に合致しないから学とみ子はクチャグチャと感じるだけですね。

    こうしたチグハグな書き方が、奇妙なんです。

    何と、何がちぐはぐなんでしょね。

    皆様に言われているから桂調査委員会報告書のどこが、どうのようにおかしいのかという具体的な指摘をしたつもりなんでしょうけど、具体的に述べたとは言えず、学とみ子の説を支持する根拠などみられず、上げた報告書の部分はどこにも不審な点がみあたりませんな。

    STAP実験をした人たちは、お互いにかばいあっている状態

    その根拠は?共同実験者たちからなにかこれに関する発言があったの?

    それを調べる側も、STAP実験者に配慮するといった良識ある人間関係があったと予想され

    その根拠は?調査委員会メンバーが、調査対象者に対するなんらかの配慮、人間関係が壊れないような配慮をしたとかいう根拠がどこにあるの?小保方氏の体調を気遣ったようだけど、これは違うよ。人道的な配慮だよ。妄想ばかりですな。

  9. >plusさんにコメントを書きたいなら、他のサイトからお願できませんか?plusさん独自の間違った科学論をここ交換されると、当ブログは困ります。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html#comment6471

    つくづく子供だよね。学とみ子って。
    学とみ子氏の述べる説に対してひとつの賛意も意見すら述べてくれないOoboe氏が他所の人とは溌剌と科学に関して意見を交わして「私への素敵な反証考察に、敬意を表します。」だものね。学とみ子氏はメンツがないよねぇ。
    それは学とみ子氏がOoboe氏を素人と見下してOoboe氏がなにを書いてもそれに学とみ子氏が意見を述べないからですな。

    「とにかく、plusさんを誉めないで!」2020/07/25
    ってのもあったしね(爆)それって私に嫉妬してるでしょ。
    阿呆なことばかりしてないできちんと襟を正して少しは科学の議論をしなさいよ。
    味方であるなら意見に違いがあっても議論する必要はない、なんてことをしてたらこうなるのですな。味方なんていうのが幻想でしかないんですね。
    自分の味方と議論するときに、こちらのブログとするように、根拠を提示しない、間違いは訂正しない、引用は誤解されるような方法、質問には答えないでいたらどうなるかはもうわかってるでしょ。みんな去って行ったんですね。
    科学的議論がしたい、というならまず自分がすることがいっぱいあるでしょ。それがなにひとつできない子供だったらブログたたんだらどうです?

  10. plus99%さん

    >自分の味方と議論するときに、こちらのブログとするように、根拠を提示しない、間違いは訂正しない、引用は誤解されるような方法、質問には答えないでいたらどうなるかはもうわかってるでしょ。みんな去って行ったんですね。

    前に「学とみ子様バンザーイであらずんば人にあらず。」とコメントしたら、
    「ESねつ造論に疑問を感じる人たちが当ブログのぞきに来ているのだと思いますよ。」と追記していました。表面上はバンザーイをしていて、ただ単に掲示板として利用しているだけだというのが分からないんですよね。

    過去に擁護の方で、表現がおかしい人を承認するなとコメントしたらそのコメントが承認されなかったために怒って出て行った方を忘れているようです。

    結局、ほめられたい、評価されたいだけの自分大好き人間なんですよね。

  11. 愛していないってことなのですかね。
    色々な愛が世界を万華鏡にしながら生き生きと息づいていますのに。
    ナンピトデアレ愛していないということなのですかねえ……
    《ほめられたい、評価されたいだけの自分大好き人間》
    つまんねえ人生なので避けたいところではあります。

  12. >コメントするかどうか迷ったんだけどあなたの回答は意味不明なので再度、お聞きします
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html#comment6474

    阿修羅さん

    先日書いた以上のことはなにもないですね。理解できませんでしたというならそれまでのこと。個人の心情なんてあなたに理解してもらいたくもないし理解してもらう必要もないので。

    私の方もあなたが小保方氏を応援しているとはさっぱり思えないけど、実際はどうなんだかなんて興味もないし。
    実のところね、あなたはため息のところの奴は怪しい奴だというお話を作るためだけにコメントしてると思ってますな。もしそうでしたら、知っておいた方がいい話があるのね。
    かつて学とみ子のブログでね、トレンドブログのm氏が「ため息はスピン屋」っていう噂を撒こうとしたのね。擁護の方々まで含めて誰一人賛同しなかったのも哀れなんだけども、その理由はワードプレスを使っているからだというだけなのね。おまけにスピン屋の意味知らなかったんですな。馬鹿な奴だと思いません?誘導尋問にひっかかって逆に私からスピン屋mと呼ばれたんですよ。面白いでしょ。先人の轍を踏まないようにね。

  13. >あなたの回答は回答になっていない
    >あなたは、僕のコメント読んでる?
    >いい加減な対応は貴女には常識なんだね
    >よくわかりました
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html#comment6475

    阿修羅さん

    なに言ってるんでしょうね。
    よく読んでますとも。
    「答えたくなければスルーで構いませんが」と最初に断りを入れたのはあなたの方ですよ。
    それに対してちゃんと答えてる。答えが気に入らなかったからといって再度回答求めたんでしょ。それ以上詳しく答える必要ないでしょと答えたんですな。
    最初からからむつもりで質問してるんですかぁ?
    少しは頭つかえば。同じ頁にあなたの質問もあって誰でも読めるのよん。

  14. ><話は変わりますが、ため息さんと学さんはどちらも医学系の学者を標榜しておられる。
    ・・・中略・・・
    >(乙女チックな場合もある)よりも、上級者の雰囲気があるのは確かだ・・・
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html#comment6473

    気まぐれペルドンさん

    宛名が私宛になってるけども、なにを答えてほしいか不明ですな。
    あるヒトが学者クラスだと、なんとか居士氏が述べたと。なんとか居士氏の意見は丸呑みするとペルドン氏は決めているんでしたね。それで?
    雰囲気ねぇ。かつてなんだかをまくるとかズロースを褌に変えたとかアルサロの女だとかペルドン氏が形容した同じヒトの雰囲気が今度はどうしました?
    頭悪すぎじゃないんですか?少しは通じる日本語書くように気をつけないと頭の芯まで錆びつきますよ。

  15. Dさん
    ハンニバル・フォーチュンさん
    ほめられる以外は評価されていないと思う人と付き合うのは疲れます。周囲の好意に仇で返して生きてきたんでしょうな。平成生まれ独特のものかと思っていましたが昭和中葉の生まれからいたんですね。さぞや学校通いのころはルサンチマンに満ちた日々を送ったろうと可哀相になりますね。社会人になったらほっておかれたろうとこれまた可哀相ですが、さすがに気づかなけりゃいかん歳だと思いますね。

  16. https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1321.html

    一言居士さんは、基礎知識を必死で追っています。だから、質疑応答がぶれません。

    質疑応答がぶれない?彼が専門家の方々とどのような議論をしてきたのか読んでないのでしょうか。
    彼は都合の悪い質問には答えていません。そして、専門家からの質問に答えられなかった一言居士氏が、どれだけ読むに堪えない悪態をついていたか。
    一言居士氏を称賛する人は、学とみ子さんのようにごく一部の素人の方だけだと思いますよ。残念ながら。

    一方、plus99%さんのコメントは複数の専門家の方から高い評価を受けていましたし、学とみ子さんが大好きなLさんもplus99%さんのファンだと仰っていましたね。言うまでもありませんが。

    plusさんは、小保方氏をちょっとほめてみせて、Ooboeさんの気を引いて、その後に一気に小保方否定と批判を繰り出しました。
    これが、意地悪plusさんの常套手段です。

    しかし、何故、このような自分の心の醜さをあからさまに出すのでしょうね。もう少しご自分を大事にされた方がいいと思うのですが。

    ttps://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html

    皆、信じた道を行く。ES混入原因に誤解が生じ、そちらが正しいとみなされたということだと思います。

    それと、このタイトルですが「信じた道を行く」には違和感があります。
    学とみこさんからは「私は小保方氏がES混入などしていないと信じてる!」の一点で主張を続けているのでしょうが、こちらの方々は「丹羽氏はこう述べている」「小保方氏はデータを出していない」「報告書には~と書いてある」などの「事実」を示しているだけです。なので、議論がかみ合うわけはないのですよね。

    科学は信じる信じないではないと思いますよ。
    宗教ではないのですから。

  17. キャリアアップなあ。恥ずかしくないんかね。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1323.html
    相談コーナーん年開いてて誰一人にすら相談されなかった方。
    新聞の投書欄だかの相談にwebで勝手に答えてた方。

    STAP擁護派から言及されたこともない学とみ子説。学とみ子のブログの擁護派のコメント者からもコメントされない学とみ子説。

    教養と書いた名刺ばかり振りかざすがその教養の中身を説明する能力がない。
    張り子の虎だから人と誠意を持ってコミュニケーションなんてできない。そして人は遠ざかる。
    あんまり自分が悲しくて藁人形を作って貶すことで精神の安定を保ってる。
    もっと自分が悲しくなるだけでしょうに。

    タコのように柔軟?同じ病の気まぐれペルドン氏
    お似合いですよ。

  18. >学さんは学者の立場から、「考察」を述べているのにすぎない。
    >言わば・・瞑想の世界になり、文学的立場からすると・・中々捨てがたい味がある。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html#comment6477

    気まぐれペルドンさん

    おまいさんは、世間から集中攻撃を受けている娘を不憫に思ってこれからは何があっても全面的に味方になろうと決心したんじゃないの?
    その立場だと思いやるとか述べた人が、ただの考察ですとかただの瞑想にすぎないとか開き直った時には捨てがたいとか趣深いとかいうわけか?
    全面的に味方になろうとかそれはただの「文学」とかいう紙に書いただけのもの?

    浅いよねえ。人間の中身がないから言葉が全て軽い。だから何書いても笑われんだべ。金ぴか教養。

  19. >分らん奴だなぁ・・何度も言っている。
    >常に味方の立場は変わらない。何処に居ても三河者は三河者・・陣借りでも変わらない。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1322.html#comment6478

    気まぐれペルドンさん

    つまりただ応援うちわを振っているだけで中身はそこで与えられたものを歌うってことだね。
    気取った言葉を使っていてもいただいた内容にお化粧してるだけってことだ。

    自分のことがよくわかってるじゃあないの。すでに芯まで錆びてるってことだね、まさかの時のスペイン宗教裁判さん。

  20. ” Vcell社による特許申請”のステータスが更新されています。
    Inventorsの変更も含め、なかなか味わい深いものがあります。
     https://portal.uspto.gov/pair/PublicPair
     Application Number:14/397,080

  21. これですな(-.-)y-., o O

    As authorized under 35 C.F.R. §1.48(a), Applicant respectfully requests amendment of the above-identified application to remove Haruko Obokata, Teruhiko Wakayama, Yoshiki Sasai and Masayuki Yamato as a joint inventors. The requested and correct inventorship is a follows:

    1. Charles A. Vacanti,
    2. Martin P. Vacanti, and
    3. Koji Kojima

  22. >いずれにせよ、学・ため息同人説あるいは一覧双生児説は正しかったとなる。
    >Plus99%は、えらく僕を裏切り者扱いして攻撃してくるけれど、それが面白い同じ陣営に立っていたとなるのだが。

    くすくす。
    毎度のことで、妄想の穴の中に逃げ込みましたとさ。
    なんだろね。裏切り者って。なにしろ言うことに一貫性がありませんから何を言ってるんだかわかりませんね。
    穴の中では見込み違いも、ご自慢の口先三寸が誰にも通用しないも悲しい現実を見なくて済むものね。あいつとあいつが同じ人物なら賭け損ないはしてないし、あいつとあいつとあいつが全部同じ人物であれば負けたのは一人で済むものね。おまけにそのあいつに愛されてる故にするわけだ。可哀相に。

    来るといいねえリセットされる日が。

  23. 請求項は維持されたままですか

    RCEでは多能性の看板を下ろしていたかと思うのですが

  24. ハンニバル・フォーチュンさん
     「現Inventorsの権能・知見の及ぶ範囲に・・・」
     正確な表現は
     当該ドケットのImage File Wrapper内Image Fileをご参照下さい。
     ー15:50現在サーバーの調子が悪いらしくImage Fileは見れませんー

  25. 学とみ子の 2020/07/30 の記事8/1 08:35頃の魚拓)のコメント欄で致命的さんが学とみ子は科学的議論のルールができていないと批判しています。同じ趣旨のコメントを何回も投稿しているのですが、学とみ子は反応しません。致命的さんの学とみ子批判は極めてもっともなこと、当方も言っていることですが科学的ルールに従い客観的な根拠を示して議論をしなさい、なのですが、これに対して学とみ子は、非承認にするわけではなく、だからといって応答するわけでもありません、不思議ですな。お仲間の擁護の方々からの反応もありませんな。ペル丼とかいう方が言葉遊び材料に使っているだけですね。

    致命的さんからのコメントを無視し、同じ擁護仲間のOooe氏にはあっちにいけとか言いつつ疑問を感じない人…なんていう記事を書いてます。

    この記事の冒頭では:

    ESを使って、ベテラン一流学者を騙すのは無理!

    なんて妄想というか、学とみ子の最もコアな部分の主張を再度掲載しています。この主張では、若山氏が混入させたというのかと思いきや、事故・エラーだというのですね(かつての主張が変わっていなければですけど)。そして:

    ここが理解できない人、疑問を持たない人は、現代社会でキャリアアップするのはむずかしいのでは?と感じます。こうした人は、科学的未熟者だけでなく、社会的未熟者でもあるのでしょうから、議論しても意味が無いです。

    と致命的さんの批判など馬耳東風、私の主張を支持できない者は、未熟者で、議論すべき相手ではないと、またもや高い位置からOoboe氏やペル丼氏を含めた当方等下賤の者共にたいして睥睨するわけですが、失笑を買っているだけですね。

  26. 16:03 現在、Image File Wrapper を見ることは出来るようです。

    澪標さんが読まれている Document はどれでしょうか?
    (私の先程の文章は、07-29-2020, Request under Rule 48 correcting inventorship のものです…まだ、一部しか、読んでない…)

  27. otakeさん
    7/30日付のRequest for Continued Examination (RCE)とClaimsです。
    Watewayの問題かBrowserの問題か相変わらず当方からは見えません。

  28. 上記のコメントを書いていたら、学とみ子は致命的さん、..魚拓)と致命的さんへの応答記事を書いてます。(2020.8.1 17:25頃の魚拓

    致命的さんが理想とする論理的解決の見本を示してください。

    なんだそうです。致命的さんの発言を理解できていないようですな。

    致命的さん、【科学的議論のルール】だけで追及可能な事件ではないことは、理解できるよね?

    と記述していることから致命的さんの意見を理解できていないのがよく分かりますな。致命的さんはSTAP事件の解決を【科学的議論のルール】で行えといっているのではなく、公開された報告書等に記載されている事実を元に【科学的議論のルール】で学とみ子説を議論しろといっていると思うところなんですけどね。

    と書いていたら致命的さんが

    ・私は「科学的議論のルールで不正疑惑を追及する」などとは一言も言っていない。私は「学さんが科学的議論のルールを理解していない。」と言っているだけだ。

    とおっしゃっていますね。

    今更なんですが、学とみ子とは議論ができない方なんですね。

    妄想や白昼夢は誰にでもあることですが、これらと事実の区別がつかないのは、かなりまずいのではないでしょうか。臨床のアルバイト止めたほうがいいのでは?

  29. >お仲間の擁護の方々からの反応もありませんな。

    反応ないでしょうなぁ。

    一言居士氏は追い出しちゃいましたし、Ooboe氏も半分勘当しちゃいました。
    一言居士氏はntES説について学とみ子ブログで語るなと言われてるんですね。語りかけられても答えないかもしれませんとか言ったんですね。
    Ooboe氏は、学とみ子氏からは理研がサンプルをすり替えたという説について語るなとも言われてるんですね。今度はミトコンドリアについて語っていたらどっかいけと言われたんですね。

    セイヤ氏とあのね氏は思い出したようにコメントしますが学とみ子の主張について何か述べたのはもう随分昔ですね。ベン図の頃にはまだ学とみ子説に反応してたかしらん。
    最近はもっぱら誰かの揚げ足取りにしか登場しないですね。
    あのね氏は自説は最初から学とみ子の説とは違うのだと述べていますね。CD45+ではない別の分画からだけSTAP細胞ができると唱えていましたね。
    セイヤ氏は中身はぐにゃぐにゃごまかして明言しませんがとにかく若山氏が全部悪い、意図的におかしなことをしたのだという説ですね。
    以上4名は、桂報告は、STAP細胞とされたものはES細胞の混入だったということで説明できる、と明言しているという立場なのですね。

    桂報告にはSTAP派のメッセージが隠されている、桂報告を読めば小保方氏有利がわかるとかいう説に変化してから学とみ子氏の説に賛意を示したはおろかコメントした擁護派の人すら記憶の限りでは一人もいませんね。

    m氏j氏もんた氏は最初からSTAP細胞ってなんだかも理解してないでしょう。
    「地球外知的生命体は、ある天文学者によれば
    天の川流星で2000、銀河系では最低でも40ぐらいは有るそうです。
    テルイさんが仰るように、星は星であり惑星ですよね。」
    https://www.torendomax.com/blog/6523.html
    って、言う人です。これはちょっとスゴイので思わずコピペ。
    天の川流星ってなんだろ。想像もつかない。すぐ後に銀河系がでてくるから天の川銀河のミスでもない。銀河系で40のものが2000あるというと銀河系より大きいんでしょうね。
    星は星であり惑星ですよね、ってどういう意味だろ。まさか恒星と惑星とかそういう区別をしらないとか。

  30. >ESを使って、ベテラン一流学者を騙すのは無理!

    だから、コナン・ドイル(ry

    まあ、確かに国立大学出身の博士号持ちの医師が元研究員でベストセラーの本を書き、今はケーキ屋勤めをされている方に騙されるはずないですよね。尤も、例の登録をきちんとしていればの話ですが。

    出来ていないほどだらしないからから騙されるんですよ。

  31. >ESを使って、ベテラン一流学者を騙すのは無理!

    私自身この主張を理解できないわけではありません。私も騒動初期には同じように考えて、少なくとも共著者であるシニア研究者は不正をしないまでも、筆頭著者のデータの怪しさは解っていたのではないかと疑いの目を向けていましたから。でもね。シニア研究者がもしデータの怪しさが解っていて論文を発表したとしたら、論文を発表して一週間も経たないうちに疑惑が持たれるような無様なことにはならないと思うわけです。もしシニア研究者が不正に加担していたなら、その専門知識を生かして慎重にデータを作成し疑惑を招かないようにするはずですものね。さらには、少なくとも調査委員会で認定された4件の捏造改竄のデータではシニア研究者たちは見事に騙されていたわけです。昔から「事実は小説より奇なり」という言葉がありますが、騙されるはずのない充分に専門知識を持ったシニア研究者たちが少なくとも4件のデータでは騙されていたという「小説より奇なり」の事実があるわけですから、その事実を土台にして考察しないと、いくらこのような主張をしても全く意味がありません。

  32. 澪標さん
    ご教示をありがとうございます。
    ぺこり

    Dさん
    ざっと検索してみたところ、たとえ医療に従事していなくとも、この登録をしていないと罰金50万円なのですね

  33. アノ姐さん

    色々な研究の方が関わっていたので当方も最初は研究不正を信じられませんでしたが、あの会見で200回成功したとの発言で研究不正を確信しました。それだけやるには莫大な費用と時間が必要なのが想像できたためです。どう考えても無理です。ベテラン一流学者を騙す云々よりこちらを想像できないのはあちらのブログ主は実験関係が素人同然だからです。研究は知識より知恵と経験であると当方の知人がおっしゃっておりましたが、その通りですね。

    ハンニバル・フォーチュンさん

    この件は半分ネタにしておりますが、医師と自称している以上はしっかりと登録してほしいものです。勿論、ちゃんと登録されたらこの件はネタにしません。

  34. Dさん
    ありがとうございます。私もあの反論会見で不正と確信しました。あの「200回成功した」という発言は失敗でしたね。ド素人の私でもこの発言がおかしいのはすぐに解りました。理由は2つです。
    1、実験というものはやれば必ず成功するものではなく、失敗は付き物です。200回成功するためにはその失敗を含めて全部で何回実験が必要かと思ったら、彼女の研究期間は短か過ぎると思いました。
    2、200回成功したと言ってもOct4が光っただけでは「STAP細胞の作成に成功した」とは言えないですよね。なぜなら作成した細胞に多能性があるかどうか確認されてないから。少なくともテラトーマの実験はやっていなければならないはずです。テラトーマは腫瘍を作る実験だから、細胞を移植してからそれなりの大きさになるまでの期間は待つしかないわけで、だからテラトーマの実験は1回やるのに数週間必要なのですね。これも彼女の研究期間を考えると不可能です。
    そして、筆頭著者はOct4が光ったということで成功したと言っているのかな?まさかね。Oct4が光っただけで言っているとしたら、筆頭著者は自分の研究や実験の意味が解ってないことになるしね。と思っていたら、不服申し立ての補充理由書を出すときに「Oct4が光ったところまでだ」という説明があってズッコケてしまいました。それで筆頭著者は研究者として全く信用できないと判断ました。

  35. 少しだけ反論しておきます。

    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1323.html

    小保方氏の言葉が理解できない、STAP論文及び周辺論文を理解できない、桂報告書を理解できない、丹羽氏のコメント内容を理解できない、そうした科学にうとい人がどんなに考えをめぐらしても限界があります。

    >小保方氏の言葉が理解できない

    →彼女が発する言葉は辻褄が合わないものが多いので理解することは難しいと思います。というよりも、科学は言葉ではなくデータで示すのですね。

    >STAP論文及び周辺論文を理解できない

    →複数の捏造があり、データの存在が確認できない論文をどう理解するのか教えていただきたいですね。

    >桂報告書を理解できない

    →それは学とみ子さんの方ですね。記載されてもいないことを「書いてある!」と騒いだこと、皆さん覚えていると思いますが。

    >丹羽氏のコメント内容を理解できない

    →丹羽氏は会見で、”データを信じたことが間違いだったと言われればそうかも知れない”と仰っていましたね。
    この丹羽氏のコメントが理解できていれば、未だにSTAPを信じ続けることなどありえないと思いますけどね。

    >そうした科学にうとい人がどんなに考えをめぐらしても限界があります。

    →学とみさんの妄想はとっくに限界を超えていますが。

  36. plus99%さん、致命的さん 他の方々へ
    朝から私の見立て(妄想)を。
    恐らくですが、学さん含め一部の擁護の方々は、手記を読み進めていく中で、筆頭著者と内面的に一体化してしまい、その内容に沿った思考回路に自然となってます。ですので、彼ら彼女らに他人を欺くとか、非論理的主張をしてるという自覚は希薄でしょう。
    そういう人々が一定数出てくるのは、筆頭著者は良くわかっていた筈。だから、腹が立つのです。

  37. サラリーマン生活30年さん

    いわゆる類友ですね。彼らのコメントから察するに現実ではうまくいっていないのでしょう。だから自分と重ねて同情をする、でもやることはネット上に書き込むだけ。こんな感じですかね。
    尤も、某市民ジャーナリストのように誰かに依頼されて擁護として行動していたのではという疑惑がある人も一部いらっしゃいますが…。

  38. Dさん
    ハンニバル・フォーチュンさん

    従事していなくても罰金なんですか。
    登録せずに従事していたらどうなるのですか。

    「医師免許の申請手続き」添付の「免許申請にかかる留意事項について」という文書には
    「国家試験合格後1年以上経過した申請については、現在まで合格職種の業務に従事していない旨の」申述書を提出するように求められているいるのですが、現状で免許を取得しようとすると虚偽の申述書を提出することになりますね。つまり、申請できない。

    いいのかなあ、よくないですよね。
    首都圏には気を付けないとこういう医師がいるということですか。おおこわ。

  39. sighさん

    追伸:お手数をおかけしてすみませんでした。ありがとうございました。

  40. あれ、所在地把握なんで定期的に更新するゎで、忘れてそのままになってるのかも。
    美容の西川先生もそうでしょ。

    博士は勝手に入るみたいです。早稲田が略奪して、いつ消えるかサイト毎日見てたらパスワード制になっちゃいました。

  41. 小保方氏は、生きた動物をさばいて取り出した細胞での実験回数だけを言っているのではありません。バカンティ時代から、さまざまな細胞処理を手掛けて来てます。

    また出鱈目を書いていますね。
    以下、引用します。

    *************
    STAP細胞の小保方晴子・理研ユニットリーダーはきのう14日(2014年4月)、新たな文書を発表した。9日の会見で「STAP細胞はあります」「200回以上成功している」という発言に疑義が出ており、それに答えた形だ。

    実験の回数については、専門家から「4年以上もかかるはず」「時間のムダ」などの声があがったが、小保方氏は「STAP細胞作成の実験は毎日のように行い、しかも1日に複数回行うこともありました」と説明し、2011年4月から9月までで100回以上、その後も100回以上としている。

    https://news.livedoor.com/article/detail/8738004/
    ***************:

    何故、脳内で作り上げた妄想を平気で事実のように述べるのでしょうね。こういう医師が存在していることが本当に恐ろしいです。
    もっとも、医師としての仕事はだいぶ減少したようですが、放置していいのか。

  42. 体内時計さん、アノ姐さん、学とみ子さん
    ご参考
    A 2014年4月9日に開いた記者会見の補充説明資料
    https://www.huffingtonpost.jp/2014/04/13/obokata-stap-additional-paper_n_5144369.html

    ❶2011年6月から9月頃には100回以上
    ❷2011年9月以降100回以上
    補充説明資料に明記しています。

    アノ姐さん
    上記補充説明資料で、
    *”STAP細胞”作成は200回以上、
    *「STAP細胞細胞(ママ)の幹細胞性」を複数回再現性確認
    としていますの、定義の妥当性はともかく、平仄だけはあっています。

    学とみ子さん
    ”小保方氏は、生きた動物をさばいて取り出した細胞での実験回数だけを言っているのではありません。バカンティ時代から、さまざまな細胞処理を手掛けて来てます。”
     上記補充説明書及び「あの日171ページ」をお読みください。!(^^)!

  43. >天の川の話はなんとか太郎さんだったと記憶してるけど、貴女、天の川へ行った事があるの?ないよね?
    >だったら、もう少し言い方が有るでしょう?

    阿修羅さん

    あなたは面白い人ですよね。アフィ太郎氏のコメントは

    「地球外知的生命体は、ある天文学者によれば
    天の川流星で2000、銀河系では最低でも40ぐらいは有るそうです。」

    とあるように、アフィ太郎氏が天の川とかいうところに行ったとは読めませんが。
    天文学者に直接聞いたかもしれませんが、十中八九本で読んだかテレビで聞いたのでしょう。
    「ある天文学者によれば」というからにはもとの文章は天文学で使われている言葉で語られています。
    アフィ太郎氏のコメントには高校を落第しない程度の理科を理解していたら決して使わないだろう言葉が出てきています。それを理解していなかったらその天文学者の述べた推計の論理や意味そのものが理解できるはずがないのですね。
    言葉の間違いは読めばわかるのです。実際に天の川とかいうところに行かなければわからないということはありません。

  44. 体内時計さん
    澪標さん

    引用していただきありがとうございます。
    カマをかけるつもりはなかったのですが、予想通りバカンティ時代からと書きましたね。アリバイ作りのために嘘をつく。ワンパターンですな。

    しかし、何で研究不正した張本人のために嘘をつくのでしょうかね。似た者同士だから?それとも、某市民ジャーナリストの疑惑のように誰かに頼まれてですかね?

  45. サラリーマン生活30年さん

    学とみ子さんが他人を欺く、非論理的主張をしているという自覚がないことなどないと思いますよ。
    例をあげれば
    「アクロシン入りマウス」
    なんでこんな素人くさい馬鹿げた言葉を延々と何度も指摘されても使い続けるのでしょうね。
    なんか薬品をぽとっとたらすと遺伝子にアクロシンGFPが挿入された近交系マウスコロニーができてしまうかのような嘘をズブの素人に信じさせようと躍起なのです。
    学とみ子氏がわざわざ使用する不正確な表現のじつに多くがそのようなセコイ意図によるものです。

    またTCR再構成の騒ぎのように、自分の間違いを誤魔化すためなら自説がねじ曲がっても気にしないのです。ズブの素人は説が曲がったことがわからないだろう、そういう人だけ相手にする人なのです。

    ひとわたり自力でドキュメントを読んだ人なら学とみ子氏は阿呆だとしか思わないでしょうが、そういう人はターゲットから捨ててズブの素人だけを相手に騙しに行っているのです。

    学とみ子氏は小保方氏とは関係なくそういう人なのです。

  46. >少し自然科学に知識を持つ人なら、1回の成功の陰に、100回の失敗があることを知ってますからね。
    学とみ子 2020-08-02
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html

    学とみ子さんは動物実験に関する倫理をご存知ないんでしょうかね。
    実験動物に与える苦痛は最小限にしなければならないし、失われる生命は可能な限り少なくしなければならない。
    生きている動物で行う前に検討を繰り返し、どのような結果がでるという目処がたって初めて生きている動物の命を奪う実験に取り掛かるのですね。そして回数は最小限にしなければならない。
    何百回も繰り返さなければ成功しないような手探り実験なんて研究所は許可してはいけませんし、成功したなら延々何度も同じことをしてもいけませんな。
    そのような倫理規定を承知しているひとは、200回以上成功しましたという発言を聞いて違和感を覚えて当然だと思いますね。後に代理人から出された説明でも合計の動物頭数が少なくカウントされるようなものですね。

    学とみ子さんは行き当たりばったりに、自分の頭の中だけにある「お話」だけを元に他人をけなしているだけですね。小保方氏もさぞや迷惑に思うだろうと思いますね。
    そんなところだけ見ても同じ擁護派からも見放されるのは当然の成り行きです。

  47. 体内時計さんは、すぐ、簡単に学とみ子の言っていることを”嘘!”と決めつけます。
    思考に余裕がなく、「嘘つき学とみ子をバカにしたい!」「私(体内時計)は、STAP事件を何でも知っているのだ!」との一念の方のようです。
    体内時計さんは、他人からバカにされないためなのか?自身を大きく見せたいのか?必死で検索作業に励むようです。

    何を感情的に騒いでいるのでしょうね。
    学さんが書いていることが事実と異なるから「出鱈目」と書いたのですが。
    素直に「記憶違いでした」と認めたらいかがですか?
    それとも「学とみ子の言うことはすべて想像だと断っているでしょ?」と開き直りますか?

    >体内時計さんは、他人からバカにされないためなのか?

    いえ、いちいち学とみ子さんの妄想や出鱈目を指摘する方が、よっぽどバカにされると思います。日々、足を洗いたいと思っています。

    いづれにしろ、”200回”はどうでも良いことなんですが、体内時計さんには大事な部分で、”200回”で小保方嘘つきがわかるということなんでしょうね。

    『どうでも良い”200回”』に対し、わざわざ出鱈目を触れ回る学とみ子さんの意図って何なのでしょうね笑

    何か勘違いされているようですが、私は小保方氏の”200回”に対して「嘘」だとは言っていません。学とみ子さんの

    小保方氏は、生きた動物をさばいて取り出した細胞での実験回数だけを言っているのではありません。バカンティ時代から、さまざまな細胞処理を手掛けて来てます。

    この言葉に対して「出鱈目」だと書いたのです。大丈夫ですか?

    Dさん
    >アリバイ作りのために嘘をつく。ワンパターンですな。

    仰る通りですね。確信犯だと思います。
    間違いを指摘されてもそれを認めることなく
    “人に褒められたくてやっているのだろう”
    と、恥も外聞もなく書ける人ですから、非常に珍しい人だと思いますね。

  48. 学とみ子さん
    「小保方氏は、生きた動物をさばいて取り出した細胞」と言う表現を持ち出したのか、お伺いしようかとも思いましたが、徒労感が先に立ちます。
    それとともに、大昔の曲が脳裏に浮かんできました。
    https://www.youtube.com/watch?v=9GqihwUj-8g

    ご参考:歌詞が必要でしたら”ambulance blues lyrics”で検索を:
     結果の第一ページに乗っている日本語訳、それよりもはるかにましですがgoogle翻訳も、腹を抱えて笑う類です。
     難解な表現が多いNeil Youngの曲中でも屈指の難解曲です(多分内的独白)ので無理もありません。!(^^)!

  49. 山の住人さん。

    現在従事しているいないに関わらず医師免許を持っている者が今どこでどうしているか、これを医療機関や市民が確認できるようにするための運用上の仕掛けになっています。偽医師を排除するためのツールなのですね。

    学とみ子氏は、医師法第六条第三項に基づく、平成30年末の届出、(提出期限は平成31年1月15日)を行っていないのではないかとの強い懸念が以前より指摘されています。
    なんとならば、もしも届け出がきちんとなされていたとするならば学とみ子氏の本名およびいくつかの項目をキーに医師等資格確認検索システムで閲覧ができる筈なのにそれがでていないという現状があるからです。(但し、なんらかの事情で医師免許を取得してから姓名が変わるなどの事情があればことは複雑です。ネット上では学とみ子氏の現在の姓名しか確認が取れていませんので)

    罰金50万云々につきまして、医師法よりの抜粋を以下に。

    第三十三条の二
    次の各号のいずれかに該当する者は、五十万円以下の罰金に処する。

    一 第六条第三項、第十八条、第二十条から第二十二条まで又は第二十四条の規定に違反した者
    二 第七条の二第一項の規定による命令に違反して再教育研修を受けなかつた者
    三 第七条の三第一項の規定による陳述をせず、報告をせず、若しくは虚偽の陳述若しくは報告をし、物件を提出せず、又は検査を拒み、妨げ、若しくは忌避した者

    第六条 免許は、医師国家試験に合格した者の申請により、医籍に登録することによつて行う。
    2 厚生労働大臣は、免許を与えたときは、医師免許証を交付する。
    3 医師は、厚生労働省令で定める二年ごとの年の十二月三十一日現在における氏名、住所(医業に従事する者については、更にその場所)その他厚生労働省令で定める事項を、当該年の翌年一月十五日までに、その住所地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に届け出なければならない。

    実際には保健所などに医師当人が届けるわけですが。
    ともすると病院がやってくれている筈と勘違いする医師もいるようですが、非常勤の場合にはそんなのアテにするほうがおかしいようですし、そもそも開業していたわけでしょう?
    わけがわかりません。

  50. ハンニバル・フォーチュンさん

    いったい何なんでしょうかね。

    定年で前職を辞めた後、ほんとに開業したんですかね。医籍登録せずに開業できるんですかね。

    さる病院が医籍登録に引っかからない人を雇うというのはどうなんだろうと。

    医師の世界は訳が分かりませんね。

  51. 山の住人さん。

    交付された医師免許証の実物を、これから雇ってくれる病院に見せる、これがニセ医者を避けたい病院にとっては一番確実な方法なわけですね、その際に病院側はいちいち医師等資格確認検索システムでは検索しない… (応募の段階で医師免許証のコピーをもとに医師等資格確認検索システムでスクリーニングすることはあるかもしれませんがないかもしれません)

    開業医を新たに始めるときにはどういう運用をしているのか、ちょっと見当もつきませんが、お役所はやはり医師免許証の実物の確認をするはずですよね。

    医籍の登録は生涯一度きり、その際に交付された医師免許証はやはり絶対なわけです。

    それに比べて、こちらもやはり義務であるところの第六条第三項の二年ごとの届け出の遵守については、これは軽視されているのかもしれません、業界的には。でも罰金50万は揺るぎないところではあります。違法。

  52. >動物をいちいちと殺さなくても、フレッシュ細胞は入手可能だと思います。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1325.html

    学とみ子さん

    そういうご当人が主張していないことをその場しのぎでどんどんお話を作るからいろんなひとに軽蔑されるんですな。

    学とみ子さん、そういうスタイルをやめて、まともにご当人が、公式に主張していることに基づいて(「あの日」は公式な主張ではありませんよ)論を展開しないと、ごく一部のど素人以外は誰も相手にしませんよ。(擁護の方からはとうに見放されてるようなので)

  53. 蛇足

    そしてそのような学とみ子氏のデタラメに実際にひっかったど素人、ズブの素人の存在は今の所一人も確認されておりませんな。
    おおよそ3年だか4年だかウォッチしてますが「学とみ子氏のブログを読んで初めて真実を知りました」のようなコメントはまだ見たことがないですね。

  54. 記事の先頭で

    >致命的さんは、ご自身が、論理の土俵にたっているとおっしゃた

    と書いているのに、コメントでは、

    >>「学さんが立っていないと私が言った」≡「私が土俵に立っていると言った」なのですね。
    >
    >そこは学とみ子がそうみなしたということです。
    >致命的さんは、ご自身のことは何も言ってません。

    だそうで。

    凡人でも超人でも難解。

    話題の登録に関し。

    昨年は、曜日違いでニアミスでした。今年も同じ曜日勤務であれば、再度ニアミスで残念の予定。お名前が確認できれば写メ撮っておきますか。

  55. 気まぐれペルドンさん
    あなたの話はまったく理解不能ですね。
    私の身内は私の身内。彼の身内とか彼女の身内ってなに?
    私が男だか女だかで妄想を繰り広げたいなら勝手にすればいいでしょ。あなた以外の人はあなたのそういうところを気持ち悪がっているようですよ。
    私はもちろん盛大に気持ち悪いと思っていますね。

    医師の免許問題がそれと同じですかね。どうでしょうね。
    あまり同意できませんな。
    学とみ子氏は過去にはブログに医師であると明記し、健康相談受け付けますとwebで営業していたので。
    最近も臨床医であるゆえにこれこれについては専門家であると自分で何度も明言していますからね。

  56. 気まぐれペルドンさん

    理詰めの世界に飽きたらって、webの外では理詰めの活動してらっしゃるので?
    webであなたがまともな理屈を述べることなどとんと見ないが。
    先日引用した一研究者でのコメントすら、一研究者氏に、真面目なル氏を初めて見ましたと言われてるくらいで、他のコメントには理屈なんてないってことですな。

  57. >貴方方のやっている事は生産性が全くない。訴訟したくても敗訴を考えたら、怖くてできない。
    >そんな弱者・敗者の細胞組織という存在に写りますね・・・

    気まぐれペルドンさん

    これなんてまったく意味がわかりませんな。
    誰が何の訴訟をするんです?
    少しは通じる日本語を書きなさいな。
    あなたと一言居士氏の間の訴訟に関する話題ですら対象も原告もすれ違っているようですが。コロナ関連や中国関連の一言居士氏との会話だってどれだけ会話が成立してるんですかね。Ooboe氏との会話なんてまったく繋がっていない。いくつかのキーワードを拾ってもらって言葉面は繋がっているが話が前に進展している場面なんてないじゃないの。おののののか氏とのコメントのやりとりも見てみたがあれは会話が繋がってるんですか?
    へんな気取りを捨てて通じる日本語を書くようにこころがけないとバカ扱いされてるだけではなく本当にバカになりますよ。

  58. plus99%さん
    「学とみ子氏は小保方氏とは関係なくそういう人なのです」

    数日前、Ooboeさんから貴方に謝意のコメントが入っていて、間もなくあの反応でしたから、幾ら気の長い私でも顔をしかめました。会話が成り立ちません。ああいう当たり前の礼儀の積み重ねが話し合いの前提ということが理解頂けないのかな?
    あれでOoboeさんに語る気がすっかり失せてしまいました。
    「筆頭著者にかかわらず」というより、伝え聞く話から推し量れる筆頭著者の行動にそっくりに思えてなりません。
    例え、筆頭著者が表舞台に出たところで、このブログ間のやりとりのように、延々と生産性のないすれ違いが続くだけなんじゃないかな。

  59. 気まぐれペルドンさん

    >今後は控えたらどうですか・?

    私はもともとその話題に参加していないので。
    あなたは知らないだろうが以前にもいろいろあってね。学氏の日頃のどの行動がそういうことをされる原因であるから慎めと以前に忠告したが、かけらも改めないのでもう放っておきますな。おそらく誰ももう助けないでしょう。

    >だから、やっと君と話し合える水準に・・後略

    好きに述べていればいいですな金ぴか君。

  60. サラリーマン生活30年さん

    お話がつかめず戸惑っています。
    サラリーマン生活30年さんが
    「間もなくあの反応でしたから、幾ら気の長い私でも顔をしかめました。」で怒っているのは誰にで、どの行動にでしょうか
    そして
    「Ooboeさんに語る気がすっかり失せてしまいました。」なのはなぜ?

    筆頭著者が表舞台に出たところで、
    「このブログ間のやりとりのように、延々と生産性のないすれ違いが続くだけなんじゃないかな。」
    なのは誰と誰のやりとりのことでしょう。

  61. 致命的さん…の追記2020.8.2 17:25頃の魚拓
    学とみ子曰く:

    最近のため息さんは、他人のコメントによりかかって、オリジナル作品が少ないです。

    そりゃそうでしょ。妄想の繰り返しで、そんな事は誰が言った?どこに書いてあると聞いても、根拠を示すことができず、学とみ子が昔言ったとしても、いつの発言かわからないわけで、返事もないのに、どうやってさらに新たな批判を発言したらいいのでしょ?

    桂報告書はES派、STAP派のせめぎあいというのなら
    「桂報告書のpXXには xxxと小保方氏のせいではなく事故であろうとSTAP派の意見にしたがったかのように書いてある一方、p30には小保方氏が無責任であるとES派の委員の意見が書いてある。このような矛盾した、ちぐはぐな報告書はおかしい」のように、具体的に学とみ子説を裏付ける証拠、根拠を示せば、擁護の方々もついていくかもしれませんが、一切ないわけですね。

    興味深いことに、こうしたお互いに研究者同士で配慮しあう書きぶりの調査書文章に、突然、荒くれもの文章(p30)が登場してくるわけ。

    内部抗争があったのでは?と、部外者から疑われてしまう

    というわけですがp30の対極にある記述がどこにあるのでしょうかね?示すことができないわけですね。

    学会の質疑応答で、たとえ話なんかしてたら、座長に注意されます。

    いやいや、ケースバイケースで一律に決まってませんな。質問、答弁に持ち出した例えが、全く違うのなら座長は注意しますが、そのような場面は知りませんな。

    学とみ子の考えに、致命的さんが科学的な反論をぶつけたり、桂報告書30ページ問題に言及したりと、もっと議論が具体的、かつ、各論的にならない限り問題点が見えない。

    致命的さんの意見も当方の意見も、上述のように逆ですな。学とみ子が具体的な事実を元に論を立てていないから、学とみ子の頭の中の誰にもわからない、擁護の方ですらわからない各論を論拠にしているから、学とみ子の賛同者は一人もいないのです。現実を認識しないとね。

    繰り返しますが

    桂報告書には、限りなく、それを匂わせている。
    学とみ子だけの連想ではない。

    限りなく匂う部分はどこ?どのように匂うの?新型コロナウイルスに感染してないのでしょ。匂うところを書いたら??学とみ子だけでないのなら、どなたが連想しているの?名前をあげたら?

    証拠などは示さずとも、基本的、かつ科学的に確かなこと。

    証拠のない科学が学とみ子の科学なんですな。誰がフォローできるのでしょ?学とみ子教祖は名前だけで信者が一人もいないようですね。それともいるの?信者は名乗り出て頂戴。

    学とみ子の主観でしかないとの認識は、致命的さんの評価であり、外の人は別の評価をする。

    ”外の人”とは誰でしょね?見たことも聞いたこともないので、”外の人”は名乗り出てくださいね。

    記者会見、桂報告書、あの日、ねつ造の科学者などにも、関係者証言はありますが、公的なものではないです。

    桂調査委員会報告書は公的な報告書です。

    と、いくらでも学とみ子の妄想を指摘できますが、確かに新規ではありませんな。それは、学とみ子ブログの評価が最初から変わってないからですね。

    論文実験の多くを小保方氏が単独でやって、かつ、小保方氏が若山研究室スタッフをだましながら、データを捏造しまくらないと、STAP論文は完成しないですよ。

    という記事の結論魚拓)があったあときは、ようやく学とみ子も正気に戻ったかと思いきや、セイヤがこれは反語だなどと言い出したもんで、尻馬に乗っかって「そうそう反語なのよ」なんて言い訳したわけですね。わかったことは、相変わらずの妄想に立脚した学とみ子論で、学とみ子が単に正しい日本語が書けなかったことでした。

  62. 新型コロナの話題。

    Lさんが、在宅者におけるパルスオキシメーターの有用性について、ややネガティブな御発言を下記の記事へのコメント欄でなさっているのを、さきほど見つけました。

    ●「結論ありき」の非専門家ブログが社会を混乱させている:世界三大不正STAP事件の正しい理解を社会に広める会blog
    ■雑談コーナー
    5758. L
    2020年06月28日 02:14
    ( ttp://blog.livedoor.jp/peter_cetera/archives/7445342.html )

    遅ればせながら、状況に鑑みましてあちらではなくこちらでコメントをしておきたく思います。

    COVIDの場合、初期肺炎の病態が呼吸生理学的にどう分類されるか確認しないと、在宅パルスオキシメーターの有用性は断言できない。多発性だが局所に限局したすりガラス陰影で始まる初期肺炎の場合、A-aDO2開大の要因となるシャント、VQミスマッチ、拡散障害は生じても極めて限定的と思われ、SpO2の低下につながらない可能性がある。

    さて、「ややネガティブ」と申した通りですがその根拠を示したく思います。

    まずは以下の論文のアブストラクトをお読み頂きたく思います。

    CT imaging and clinical course of asymptomatic cases with COVID-19 pneumonia at admission in Wuhan, China
    Heng Meng・et al. J Infect. 2020 Jul.

    SARS-CoV-2に曝露されていてしかも胸部CT検査を受けた「無症候性」の患者の追跡を行った結果がまとめられています。
    恐るべきことに、”unilateral location (34, 58.6%) and mostly involving one or two lobes (38, 65.5%)” ですら無症候性であったというのですね。短期的な経過ではそのうちの何人かは症状が出てくるわけです。(アブストラクト参照)
    片側肺炎や、浸潤(1葉または2葉)を無症候性のまま抱えている患者は、即刻入院させなければなりません。日本の基準で言えば分類は中等症です。
    だがしかし発熱、咳嗽、倦怠感、嗅覚味覚障害を訴えない無症候性の中等症の患者を如何にして早い段階で見つけるかについては、CTを撮る以外にも補助手段があります。
    それがパルスオキシメーターです。
    無論のこと、無症候性の患者のサイレントな肺炎を全てパルスオキシメーターで見つけることは難しいでしょう。CT必須です。しかしなからパルスオキシメーターで見つけることができるケースもあるのです。

    ですから、

    在宅パルスオキシメーターの有用性は断言できない。

    などとおっしゃらずに願いたく思います。
    おっしゃりたかったことが、在宅パルスオキシメーター有用性の全否定ではなく部分否定であるということでしたならば、それなりの表現をして頂ければよかったなあと残念です。

    なお、以前にもこちらでもうしましたが、陽性にてホテルに待機しているグループについては、各ホテルにパルスオキシメーターの配置をと厚労症がガイドラインを出しております。

  63. plus99%さん。
    失礼しました。
    ①「間もなくあの反応でしたから、幾ら気の長い私でも顔をしかめました。」
    → 7月31日のOoboe氏からplus99%さんに対し「〜理路整然とした揚げ足取りでない素敵な反証考察〜敬意を表します」て回答がされたことに対し、直後学氏より「plusさん独自の間違った科学論をここで交換されては困る」の部分。
    ②「Ooboeさんに語る気がすっかり失せてしまいました。」なのはなぜ?
    → 同一陣営(こういう言い方は好きではないですが)として見做していた筈(と言えるか疑問に思う場面も多々ありますが)のOoboe氏に対しても、自身の意に沿わないplus99%さんに敬意を表したという位で、上記の様なセリフが良く吐けるものだ、と腹が立ち、一瞬「擁護」の方々全般への話しかける気力が失せかかったという意味。でも、この部分については今回、は学氏に限った話でしたね。
    ③筆頭著者が表舞台に出たところで、
    「このブログ間のやりとりのように、延々と生産性のないすれ違いが続くだけなんじゃないかな。」
    → 仮に、「STAP現象と目された事象」(私は、現時点で実態を認められてない事象に、STAP細胞という言い方をしたくなく、こういう言い方をします)について、筆頭著者が表に出てきて、内外の科学コミュニティや、マスコミから科学面の説明を求められてる機会を与えられたとしても、エビデンスに基づく説明が出来ないだろうこと、自身の「思い」を表明するだけで、不正の原因の核心等には何ら踏み込む可能性は殆ど無いと思ってます。それは、2014年4月の会見でほぼ分かってますが、その後の手記や日記、寂聴氏との会談、グラビアなど、表に出てきた際の行動で明らかです。
    だから、我々としては、もし筆頭著者に改めてご質問する機会が与えられたら、どういうすれ違いになるか、ということを、図らずも筆頭著者の伝道師となってる学氏とのやりとりで模擬体験してるのです。
    表現力不足で申し訳ありませんでした。お伝え出来たかどうかわかりませんが、大体この様な感じです

  64. ハンニバル・フォーチュンさん
    山の住人さん

    とうとうこの件でブチギレたようです。
    ○○は××とか(当方が科学界に関連してるとか。ある意味間違いじゃないけれど、そんな高尚な人間じゃないし。)、○○は××と同一人物とか、散々なこと言っておいて…。更にoTakeさんの件でしたらば掲示板に情報漏洩しておいてこのざまですからね。

    そもそも本名がバレた原因は自身のだらしなさが原因だったでしょうに。

    再度申しますが、ちゃんと登録されたら、この件は一切ネタにしません。勿論「とうろくかくにん、よかったね。」といった感じで茶化すことはしませんよ。あなたと違って嘘つきではありませんから。
    ですから速やかに登録してください。医者と自称するなら尚更です。

  65. sighさん

    先ほどコメントミスしてしまいました。「ブチギレた」のところをリンクできるように修正していただきたいです。

    お手数をおかけしますが、よろしくお願いいたします。

  66. サラリーマン生活30年さん

    了解です。
    おっしゃる通りだと思います。
    私はあの手記を出すことで、再び出てきて質問に答えて、茨の道でしょうが研究者に復帰する道を自ら閉ざしたと思っています。

  67. 小保方氏が代理人を通じて200回の報道について述べた内容では、
    200回のうち100回は様々な部位から作成する、酸浴以外の方法での初期化などを行った
    残る100回は80以上の図表にそれぞれ実験がありそれに対応した。キメラなどの多能性確認だけでも複数回づつ行っている
    という説明ですね。必要不可欠の実験を行っただけでも200回になるという主張です。

    「動物をいちいちと殺さなくても、フレッシュ細胞は入手可能」などとは述べていませんよ。
    200回もSTAP細胞を作る必要などあったのか、200回もキメラをやったのか、という疑問に、きちんと答えるものになっていますよ。

    学とみ子さんはご当人が主張していないことをその場しのぎでどんどんお話を作るからいろんなひとに軽蔑される、そのように指摘されて
    「論文や著書を読んでいると、小保方氏がいろいろな細胞にチャレンジしていたことがわかります。
    STAP論文にあるように、心筋、脳、骨髄、脂肪組織などCD45以外の細胞からも小保方氏はSTAP細胞を作製しています。」
    などと書き足しましたが、まだ
    「いろいろなルートで、フレッシュセルやら、プライマリーセルを入手できたと思います。」
    などと負け惜しみを書き足してポーズを取っているんですな。
    人格の卑しさがが出ていますよ。

  68. plus99%さん
     ご指摘の追加、すごいですね。うーん。
     バカンティ研は計上対象外。補充説明書で小保方さんはそれなりの説明をしていると、説明申し上げたのに・・・
     意地を張っている内に見当識を失ったような、それとも得意のパルプンテ・メガンテ戦法?

    学とみ子さん 
     「フレッシュセルやら、プライマリーセルを入手できたと思います」
     理研時代、とりわけ補充説明書にある2011年6月以降の事象と想定しているのなら、小保方さんへの疑惑をいや増すことにしかなりません。
     バカンティ研での事を仰っているのでしたら、200回は2011年6月以降の話(補充説明書)ですので対象外です。

     
     

  69. 澪標さん

    そうなんですよ。
    学とみ子氏の悪徳で群を抜いてすごいのはものぐさであるということです。
    澪標さんの貼ってくれたリンクを開けるということをすればあんな出鱈目を書かなかったんですね。
    しないんですね。クリックするだけなんですけどね。
    かつても改革委には科学者はいないと書いたりね。plus99%が科学者はいると書いたら委員長位の岸氏を科学者ではないとか書いたり。岸氏は工学博士だよと書いたら工学博士なんて科学者ではないとか書いて小保方氏も工学博士だと言われたり爆笑ものですな。悪口を書く前に何文字か入力してぐぐる、それだけのことができないんですね。

  70. もう…笑うしかないですね。

    (੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾ バンバン!ギャハハハ

  71. 医師登録の話は、ため息氏が根拠ない個人情報暴露をしたことが原因である。

    「根拠無い」ってのは、ダウトではないでしょうか。根拠は他ならぬ学とみ子さんが提供していたものです。

    これから学とみ子さんがすべきことは2つあります。

    ①:医師等資格確認検索システム掲載申請;
    ただちに、「医師等資格確認検索システム掲載申請書」に記入して厚生労働省医政局医事課試験免許室免許登録係に送付してください。送付先には「登録係」とありますがこれは《医籍への登録》ではなく《医師等資格確認検索システム掲載への申請》です。こんな申請をわざわざしなくてはいけないのは、医師法に違反している学とみ子さん御自身のせいです。医師法第六条第三項に基づく、平成30年末の届出(平成30年末の届出、提出期限は平成31年1月15日)を行っていない医師については、次回の届け出(令和2年末の届出、提出期限は令和3年1月15日)までは違法状態が続いていますが、厚生労働省は敢えて罰することなく猶予を与えています。厚生労働省としては医師法第六条第三項に基づく平成30年末の届出をしていない医師については《医師等資格確認検索システム掲載への申請》を行うように要請しているのです。運用上のお目こぼしですね。

    ②:こちらはただちに、ではないのですが、第六条第三項の二年ごとの届け出(令和2年末の届出、提出期限は令和3年1月15日)を忘れずに必ずしてくださいね。

    ……
    さて、以上において学とみ子さんがすべきこととして、私が申し上げたことがらには、《申請》と《届け出》とがありました。《登録》? なんのことでしょうねえ。

    医師登録の話は、ため息氏が根拠ない個人情報暴露をしたことが原因である。

    いやだからそもそも《登録》ではないくらいググればおわかりでしょうに。自分自身のことなのですから、ものぐさがらずにきちんと調べてください。

    ひ・と・の・せ・い・に・す・る・な・法令違反をしている自分が悪いくせに、ことが露見するやそのことを指摘する人物を悪し様〔ルビ:あしざま〕に言うのでしょうか。

    いや今まで何度も指摘されまくり済みですのに、罰金50万円の根拠を医師法から抜粋された日に逆切れするなんて、学とみ子さん、筋が悪いです。

    ※私の本音は次のようなものです。すなわち、学とみ子さんはたぶん御自身が医師法違反をしていることに【気がついていない】。だから本日、詳しく御案内したまでのことです。そしたらアドバイスに感謝するのではなく逆切れするばかりなのでした。

    …… わけがわからないおひとですねえ …… せいぜい来年には罰金でも払ってくださいな。

  72. 学とみこさん
    一つ誤解して欲しくないのですが、私はキツイ言い方をせざるを得ない場合もありますが、何も沈黙させてやろうとか、へこませてやろうとか、その様な感情は何もないということです。語弊はありますが、コメントの場所をお借りしてることへの感謝以外、ため息さんにも特段の感情はありません。
    学さんのような科学の経験と基礎が無くても、良識と合理的精神を失う姿勢は失うまいとしてますよ。それで見えてくるものだってある筈です。
    とにかく、ES細胞やIPS細胞の様に、現在諸々のアプローチを尽くすことが可能で、その存在に一点の曇りがない対象と同じような扱いで、件の「STAP細胞と目されたもの」を扱う記述が目立ちます。
    例えて言うなら、前者は落丁のない百科辞典や生きた生物、後者は数ページかつ数文字しか残ってない辞典、ないしバラバラになって散乱した一部の骨しか残ってない生物の死骸位の差があります。
    これは嫌がらせとか侮辱とかではないです!実態がないとされた研究を援護するにはそれくらいの認識から始めるべきです。
    それとも「研究は死んでなどいない。潰された」と強弁するから見えるものも見えなくなっていると思われませんか?

  73. 阿修羅氏はおそらく釈然としないでしょうから、豆知識を幾つか。

    その前に「天の川流星」と「星は惑星」は恥ずかしいだけの間違いですから捨ててください。

    アフィ太郎氏が述べた、銀河系に最低でも40の知的生命が存在するであろうという話は、ノッティンガム大学の研究チームがアストロフィジカルジャーナルで発表した論文について書かれた記事を読んだのだと推測しますね。webにも複数の記事があります。この論文が2020年6月のものであることと、銀河系内に36の知的生命があるという推定であること、電波によるコミュニケーションが可能な文明の存続期間を人類が電波文明を獲得してから現在までの100年という短期間を基準に設定しており、常識的に、その36は最低限の数値であるという形からそのように思いますね。
    この推定は1961年に発表された「ドレイクの方程式」という科学のゲームに沿った推定値なのですね。ドレイクの方程式についてはwikiででも調べてください。
    この推定方式に沿った推定では銀河系内に存在する知的生命に関してこれまで一桁から200超のものまで複数の考え方が示されています。
    このような考え方が示された背景には、1950年代ころには、原始の地球の環境であれば必然的に生命が発生したであろうという説が優勢にあったことが一つと、恒星の進化の過程で惑星は必然的に生まれるであろうという説が優勢になったことが挙げられます。それであれば、銀河系には多数の生命が存在するはずであり、知的生命もうようよいて、地球と他星とのコンタクトがこれまでに成立していなければおかしいではないかという疑問が発生します。これがノーベル賞科学者のエンリコ・フェルミが問うたフェルミのパラドックスというものです。
    フェルミのパラドックスについても詳しくはwikiでも引いてください。
    ドレイクの方程式というのはフェルミのパラドクスにどう応えるかという数学的ゲームのひとつなのです。
    言うまでもなく、ジョージ・アダムスキーの述べたことの正反対のところから発生した考え方です。同じ時代の同じ空気、明日にも人類は滅びてしまうのではないか?という不安の中から発生したものであるとも言えますけどね。
    ノッティンガム大学の推定値である現在銀河系内に36の知的生命が存在するであろうという数値が示すのは、悠久の時間のうちある時点に限るならば、その時に存在するハビタブルゾーン内の惑星のうちほんの一握りにしか知的生命が存在しないであろうという推定であり、直径10万光年の銀河ディスクに散らばっている各々の電波コミュニケーションを保持している文明の平均距離は1万数千光年であるということです。現在の物理学では光速を超えるコミュニケーションが不可能とされており、その制限内ではすぐ隣とのコミュニケーションが成立するには万年のオーダーで時間が必要であり、それまでに文明を持った生命は滅びるであろうという非常に悲観的な推測なのです。

  74. ハンニバル・フォーチュンさん

    パルスオキシメータの件。
    パルスオキシメータで測定して、他に症状があるのにSpo2が十分だからOKとか、測定方法が素人には無理だとか、測定値の解釈は素人にできないので誤解を招くだけだとか、家庭内で測定することの弊害があるのなら別ですけど、発熱、咳、味覚嗅覚障害等々にもう一つSpO2値が低いというのが加わって、医療機関へ行くのに問題はないかと思います。呼吸困難を伴わない低酸素症がありうるという状況なので、そしてそのような状況は重症の一歩手前の短い期間にのみありうるとしても、診断の情報として有用だと思います。体温や血圧を家庭で測定してその値を持参して診断に臨んでも病院で再度測定しますよね。同じかと。

  75. >それは悪徳でも、ものぐさでもない。
    >単に学さんに揶揄われているに過ぎない。君の様に一直線思考の人間は、良い鴨なんだ。借りて来た猫なんだよ。
    https://katura1.blog.fc2.com/blog-entry-1326.html#comment6519

    気まぐれペルドンさん

    あなたの言葉にうなずく人なんているかどうかだね。
    実際には学とみ子さんはplus99%にアレルギーかと思えるような反応を示してますな。

    あなたはずっとお独りだけの世界で強がってるだけに見えるね。
    ぼろきれになる前に巣に帰ったほうがいいよ。

  76. 医師登録の話は…魚拓)で

    学とみ子の個人情報をさぐるようなコメントを禁止あるいは削除してください。

    という学とみ子のクレームです。学とみ子は医師を自称しているわけで医師なら医師等資格確認検索システムに氏名の情報があるはずなのにどうやらないようなので、登録すべきであるとする意見は、学とみ子の個人情報でもないし、それを探るコメントであるとは判定できません。あしからず。個人名が明示されていたら削除します。よろしいでしょうか?
    「登録してあるわよ」と木で鼻をくくったらいいでしょ。

  77. sighさん
    パルスオキシメーターについてのアドバイスを有り難うございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください