気が狂うょ

学とみ子は「どういう立場…いた様相」(魚拓)で理研のアクションプランの58ページを批判しています。

理研は疑惑が持ち上がった当初、疑惑は単なる不注意で「科学的成果そのものはゆるぎないものと考えている」としたわけです。事態を単純ミスとして小さな事件として早く収束したかったんでしょうね。アクションプランで「 」でくくった理由は、疑惑が調査中なのにこのような結論を述べるべきではなかったということと、この”ゆるぎないもの”は、結局このアクションプランの公開日(2014年8月27日)には論文が撤回され、誤りであったことを示したいからですね。

この学とみ子の記事では、アクションプランで「 」でくくった意味がわからず、以下に示すように学とみ子にとっての「ゆるぎない」証拠をあげていますが、そのゆるぎない証拠はことごとく証明されていないのが理解できていないというなんとも情けない医学博士なんですねぇ。

1)ライブセルイメージング:→ このライブセルイメージングで示された細胞塊=STAP細と称している細胞塊=が当初はテラトーマやキメラ作成に使われたらしいが、成功しなかった。そして故意にか細胞がES細胞に置き換えられた・ES細胞が混ざってしまって幹細胞やキメラができちゃった。
2)キメラができた:→ 故意かアクシデントか、ES細胞を渡されたからですね。
3)次世代のマウスの一部になった:→ 故意かアクシデントか、ES細胞を渡されたからですね。
4)分化能と増殖能があった:故意かアクシデントか、ES細胞だったからですね
5)どのマウス。臓器由来でも酸浴で変化した:→ 変化してほとんどが死んでいったわけで、生き残った細胞塊には論文にあるような特徴がなかったわけです。
6)普遍的な現象:→ 御本人を含めた誰も、どの細胞でも再現に成功していない。

始め、学とみ子のこの記事を読んだ時、ありえないことを書いているので、「 」でくくった意味を皮肉っているのかと思ったのですが、それは学とみ子を買いかぶった(管理人が懲りてない)わけで、学とみ子は皮肉、アイロニー、パロディが理解できないので、そして書けないので、冗談ではなく、ホントにこの1)〜6)を未だに信奉しているということなんですね。

学とみ子の文章を読むと、意味不明でなんとか理解しようとすると、しばしば気が狂っちゃうような感覚になるのは管理人だけなんでしょうか?

「気が狂うょ」への2件のフィードバック

  1. <対象理研資料の書誌的情報追加です>
    運営・改革モニタリング委員会による評価について
    の参考資料でした。
    http://www.riken.jp/pr/topics/2015/20150320_1/

    又、参考資料の57ページ以降の「STAP論文問題に対する理化学研究所の対応について」は理研100年史
    http://www.riken.jp/pr/publications/anniv/riken100/
    の第4部第1章にも再録されています。

    それにしても世の中には色々と不思議な読み方があるものです。「心象を動因とする可能世界」での出来事でしょうか。

  2. 澪標さん

    情報ありがとうございます。
    「心象を動因とする可能世界」でいいんですけど、それだったら小説「STAP事件」なんてのを書いてくれたら楽しいのですけどね。しかし、資料をこつこつと集め、それらしきストーリーを作ることができる玉ではなさそうなので、松本清張の小説とか映画JFKのような、面白いものは望むべくもないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください