「結論ありきを科学する」は科学なの?

2019.6.19 区切り17を訂正しました。

結論ありきを科学する。」 と他所様のブログを科学するとしていますが、yap*ari*w*katt*na*がおっしゃるように、学とみ子の「科学する」とはナンジャラホイ。

科学ではなく、記事の構成を解析してみましょ。

この記事は全部で17の区切りからなります。一般的な文章と異なりこのブログでは記事で記載されている内容からみると、1行空いていることをもって段落とするのは不適切です。客観的に区切ることのできるのは、この1行を開けたところですので、ここでは区切りとよぶことにします。2つの区切りが1段落に相当するような部分があります。
区切りに番号をつけると最初の区切りが区切り1、区切り13が引用部分ですね。

区切り1と2はまとめることができて、学とみ子の要望です。

区切り3は学とみ子のこれまでの事件の総括です。

区切り4は学とみ子がこの記事では何を意図して書いたものかを示しています。序文でしょう。

区切り5は問題としている引用ブログのコメント欄での一部のテーマについてのあらましを紹介しています。

区切り6は区切り5で示したテーマについての学とみ子の考えを示しています。しかし区切り5で示されたテーマは「なぜ多くの税金がSTAP調査につぎ込まれたのか?」であるのに、このテーマとは関係のない理研内部の派閥争いについてのコメントです。

区切り7は理研上層部に対する反対勢力のマスコミを利用した計画があったとの推測です。

区切り8は若山氏と若山研究室の責任問題を話題にしています。しかしその内容には誤りがあります。桂委員会報告書は若山氏の責任を追求していますが、若山研究室についてはその責任を問うてはいません。

区切り9は桂委員会報告書の内容についてで、小保方氏有利になるような配慮があったとしています。これも疑問で報告書の何処が小保方氏有利な記載なんでしょうか?小保方氏が実験データ・ノート等の記録を提示しなかったのが小保方氏有利になったのは当時の規則のおかげで、現在の規則では研究不正ですけど、これが配慮なんでしょうかね?

区切り10は理研内部に隠れ擁護がいて、疑惑の責任を小保方氏ではなく若山氏になるようにした(報告書に?)とあります。しかし、疑惑の責任は小保方氏にはないという理研の報告書は見当たりませんので、この区切りの内容はでたらめです。

区切り11は、隠れSTAP支持派の策略にのせられたES派は、研究所ではありえない、無理な空実験説を言い出したとあります。隠れSTAP支持派という空想組織を作り出さないと学とみ子の頭は満足しないようです、

区切り12と13は学とみ子を潰す意図のあるplus99%さんのコメントの引用です。端折って書くと「論文に不正がありSTAP現象が再現できないというのがわかった時点で検証実験を税金を使って実施するのはありえない」という内容のコメントです。このコメントにはどこにも学とみ子を潰すという基本姿勢が見当たりません。

区切り14と15はplus99%さんのコメントに対する学とみ子の考えとしています。しかし、ここに書いてあるのは、学とみ子の論文撤回理由についてです。plus99%さんのコメンとは全く関係がありません。しかも学とみ子は「実験に使っていたマウスが論文と異なっていたから論文が撤回されたのならマウスを提供した若山研究室に責任があり、(小保方氏には責任がなく)実験そのものは正しく行われたていた」としていますが、これは間違いです。論文撤回の公式な理由は「掲載図が正しくない、STAP幹細胞が提供したマウスではなく別マウスまたはES細部由来だ」ということですね。正しく実験が行われていなかったのは2014年12月に桂報告書が公開されて明らかになりました。

区切り16は、遺伝子解析しても、どっちが先に作られたのかわからないから証拠にならないとしています。

区切り17は、本来はこの記事の結論なんでしょうけど、小保方氏を捏造者にしてCDB上層部の責任を回避しているのはけしからんということが言いたいようです。
[ 訂正 ]2019.06.19
区切り17は、本来はこの記事の結論が個々にあるべきです。しかし「マウスが異なったから論文を撤回するだけでは、あるいは遺伝子解析だけだったら、STAP幹細胞とES細胞はどちらが先に作成されていたのかわからないのかだから、理研内部のES派はCDB上層部責任追及ストーリーが作れない」と学とみ子は考えるというのが結論のようで、タイトルと関係ないようです。

というわけで、タイトルの「科学する」はどこにあるのでしょうか?「結論ありき」ブログには全く関係ない記事です。この記事の内容は理研内部の抗争とか陰謀論を、これまでの事実や報告書等を捻じ曲げて解釈して述べているに過ぎません。なんの根拠もない与太話ですね。

普通、このような記事を書くときに小学校で習うのは「起承転結」なんですが、この記事には何もないですね。普通は結論があって、これに導く文章構成を考えるわけですが、陰謀論へ導く筋道はこの記事に全くありません。

他所様のブログですからブログ主がどのような記事を書いてもかまいませんが、少なくとも擁護の方々が賛同できるような論理のある記事を書いたらどうでしょうか?なにか言いたいようですが、誰も参加してくれていませんね。

ほんとに頭大丈夫なんでしょうかね。

「「結論ありきを科学する」は科学なの?」への9件のフィードバック

  1. 区切り17、に対して
    学さまがコメントで言っていることが
    理解できません。
    わたしの頭がおかしいのでしょうか?

    ES派は、小保方氏を捏造者として祀り上げておいて、攻撃の本丸であるCDB上層部責任追及を徹底させたといってるのです。

  2. STOP細胞さん

    当方の区切り17の解釈を書き換えました。

    「ES派は、小保方氏を捏造者として祀り上げておいて、攻撃の本丸であるCDB上層部責任追及を徹底させたといってるのです。 」と学とみ子が言い換えたのですが、なにが言いたいのかよくわからないところです。

    多分、学とみ子はこのSTAP事件は理研内部の派閥抗争に原因があるとしているので、ES派=アンチCDB上層部は小保方氏を捏造者にして、この小保方氏を雇用したCDB上層部の責任を追求したとでも言いたいのではと思いました。つまり、CDB上層部批判のために小保方氏捏造説をでっちあげたと学とみ子は言いたいのではないかと思います。

    どうして、小保方氏が捏造したとすることがCDB上層部批判になるのかわからないところですが、学とみ子の頭の中では繋がっているようです。

    小保方氏無罪を説明するためにはなんでもありなんで、そのような事実がなくても、他人に説明するための筋が通らなくても。米が異なったものが詰まっている頭では問題ないわけです。

    この区切りを含めた各区切りの解釈はさておき、当方のこの記事の最後にあるように、学とみ子の記事は文章の構成ができていない、論理がない、根拠のない与太話であるというのが当方の記事の主旨なのですが、学とみ子はこの批判が理解できていないんでしょうね。医学博士という称号が泣いています。

  3. ため息さん

    ありもしない”派”を創造したり、仮想敵、を作ってないことないこと妄想するのは、カルト集団や、頭がおかしいから無罪、になる人によくあること。
    あちらの方々がそういう人たち(だとは言いませんが)にならないことを祈るばかりです。

  4. 2019/6/19(水) 午前 8:38 学とみ子曰く:「ため息氏の理解は少し進み、ES派のターゲットは、CDB上層部であったの学とみ子説を理解したようです。そんなこと、前からずっと言ってるのに、」

    なに言っているんでしょ。学とみ子の考えを書いただけで、そんな理研内部での派閥抗争という根拠のない妄想を理解・承認したわけではありません。

    学とみ子曰く:「ため息氏がこうした作業を続ける限り、ES派が何を吹き込んで、理研出向役人を取り込んだか?ばれてしまいます。 」
    バカいってんじゃないよ〜♪ なんで当方が理研理事とかに意見を吹き込むのさ。互いに知り合いでもないし、見たこともない方々だぜ。どうやったらこのような妄想が湧き出てくるのだろうか?

    この記事は、学とみ子がどのように言っているかを、各区切りに書いてあることをまとめてみて、記事として論理性があるかを示したわけです。その結果、学とみ子の主張は論旨に根拠がない、論理ができていない与太話であると結論しているのが全くわかってないようです。”科学する”はどこにあるの??
    医学博士という称号が泣いていますな。

  5. 学さん、学さん

    日本語の文章ですからGoogle先生を使わなくても理解できる筈なのです、普通ならば。
    この ため息先生の記事は、学さん記事を論理的に解釈し説明している文章です。
    ですから素直に読み進めば良いだけです。

    裏を読む、行間を読むのがお好きなようですが「行間を読む」行為は「なんでも自分の思い通りに解釈する」とは全く違うということを知っていますか?
    「行間を読む」行為を適切に行うには、まずは基本の「日本語を正しく読み書きする技術」、またそれと共に「自分の思い込みを捨てて物事(ここは「文章」「人物」その他の単語が入ります)に対する姿勢が必要です。

  6. 理研の中のSTAP派とES派の対立なんて、仮にあったとしてもコップの中の嵐みたいなもので、そんなことに目を向けていても仕方ない。STAPが真実ならば重要だということで、論文発表直後に世界中の科学者のもとで再現実験が行われたが実現できなかったことを婆さんは無視してる。もう5年も経っていて、特許は拒絶され、再現に成功したという報告もないものを、未だにSTAPに固執し続けている婆さんのおめでたさ。ピエロだねぇ。詐欺師に騙されても分からないタイプのひとで、田舎のジジババと同じだね。

  7. はなさん

    学とみ子は行間を読むのではなく、書かれた単語を自分の都合に合わせて繋げる、書くときは論理なく言葉を連ねて、行間を読めと他人に強要するですね。

  8. 山の住人さん

    当方等はピエロとして見ていて、批判するわけですが、すでに学とみ子は当方等を敵対関係に置いているので、批判を非難と思っているわけで、聞き入れることはできないのでしょう。

    ですから、擁護の方々が学とみ子説を批判することができればいいのですが、一言居士さんはあっきれかえって出ていきましたし、mjもんた、Ooboeはコメント欄を利用するだけで、何もしない・できないです。

    もっとも擁護の立場、つまり小保方氏は無罪というスタンスに立つと、桂報告書を否定するしかないわけで、そうだとする立脚する事実がないから、擁護は学とみ子説を科学的に批判あるいは賛同できないわけで、当方が擁護の方々も科学的に学とみ子と議論しろと言ってもできないですね。

    オレオレ詐欺に騙された方は現実に現金がなくなっちゃったわけで、騙されたのがわかるでしょうが、学とみ子は記者会見で刷り込まれた・騙されたと教えてあげても、ネットでの批判は彼女にとって痛い目にはならないので、目がさめないでしょうね。

    もし、当方が学とみ子のように、複数の方から厳しい批判をうけたら、めげちゃうけど、学とみ子は偉いですね。めげることを知らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください