片割れ

大抵、紛失するのは片方だけです。

あたしの家はあっちよ。

埋められた、だれか掘り起こしてくれ。

僕の手先ならぬ手元はどこにいっちゃったの?

毎日のように通勤通学路を歩いていると、亀とか定期券とかいろんな物を拾うのですが、KOBANに届けたのは亀と中学生の定期券だけで、手袋は落ちていた場所の近くの植垣の上とか、木の枝にぶら下げて置きます。そのおかげか、もう一件は翌日見たらなくなっており、写真に取りそこねました。片方だけだから本来の持ち主が持っていったんでしょうね。

「片割れ」への5件のフィードバック

  1. 一番上の紺色手袋、透明人間にでもはめさせて撮影ですか?
    マジマジと拡大して見たり、顔を傾けて後ろを見ようと(無駄な)努力をしたりしてしまいました。

    あー、どうやって撮影したのかしら。気になります。
    散歩中にテグスを持って行かれるとかは無いですよね?

  2. 「片手袋大全」なるサイトがあります。

    katatebukuro . com / studies / studies.html

    面白かったです。
    よろしければどうぞ。

  3. ハンニバル・フォーチュンさん

    なるほど。御紹介の片手袋大全に従うと、分類は
    第一段階:ファッション・防寒類
    第二段階:介入型
    第三段階:植え込み&花壇系
    となりますな。
    「実際ジョギングが趣味の知り合いに聞いた所、…略…片手袋を見付けると、分かりやすいよう植え込みの上に置いておく」がぴったんこですな。

    現在までに撮影した片手袋の写真は4000枚以上。片手袋研究は13年目 とのことですので当方のたった3日、3枚では、富士山の裾野の1合目にも達していないですなぁ。だからといって競争する気もないですね。面白い方がいますな。oTakeさん好みでは?

  4. うーん、何だか、興味の対象としては微妙ですね(´-ω-`)
    手袋と言えば、防寒用やら作業用やら色々あり、当然、私も使いますが…
    そもそも“片手袋”というものにあまり出会わないです…
    かなりの数が落ちていたり、存在しているのでしょうが、地面見てませんから記憶に残ってませんねー
    動きの無いものは…目に入りませんね…それが良いのか、悪いのか…

    紹介されている「片手袋大全」の記事ですが、その中に少し気になる点がありました。
    記事の中に、フェンスの手袋と三角コーンの上の片手袋があります。これは…
    それが作業用の軍手・ビニル手袋なら、作業員等が干していて片方を忘れてしまったのでは無いかと思う部分があります。
    私自身、今は内勤ですが、昔、外勤つまり外での調査業務の時、薬品試薬等使いますから、その際、作業用の軍手・ビニル手袋を使います。そして、終わった後、洗って、フェンスやコーンの上などの目につくところに干すことが当たり前になってますから…その可能性もあるかなと思ったりします。
    片手袋…ユニークな話ではありますが…余り出会わないですからね…
    サンプリングに難あり…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください