いまさらではないけど、呆れ返りますな

学とみ子の記事、コメントには、以前から論理不明、日本語がおかしい等があるのですが、とみに最近ひどくなっています。最近の記事「ソーダ、ソーダと…」のコメントを読んだ方はほとんどの方があっきれ返っているところです。そのトンチンカンな発言集をご覧あれ。

2019/1/21(月) 午後 8:10学とみ子
臨床のデータ論文では、ネガティブデータと、ポジティブデータは入れ替わることがあります。
→ そんなわけ、ねーだろ!ネガティブデータの意味がわかってないんだな。

2019/1/21(月) 午後 8:46学とみ子
アレレッ、いつ、どうして、学とみ子を医者と認めるようになったのかなあ?
→ 当初からだよ。あんたの自称があって、あんたのミスで本名がバレただけでしょ。

2019/1/22(火) 午前 7:59学とみ子
学とみ子を含み、それぞれの人たちは、あそこ(当ブログ)を見て、己の片寄った価値観を、自らで反省できます。
→ 全くの嘘です。学とみ子は当ブログの記事・コメントを読んで反省などしたことはありません。

STAP事件は、研究不正是正を旗印とした研究界の権力抗争事件
→ 研究界の権力抗争は学とみ子の妄想です。自分の意見が認められないと陰謀説になるんだよね。

2019/1/22(火) 午前 9:13学とみ子
(小保方氏の行為が研究倫理の講義で捏造の例とされたことに対して)「STAP擁護派がいなくならない原因を作る、STAP派を奮い立たせるだけ
→ 科学的リテラシーを欠くSTAP擁護派は増えないよ、若い学生さんが正しい認識を得ることになるのさ。

2019/1/22(火) 午前 11:49学とみ子
あの日の英語版は、いつか出るでしょう。
→ 学とみ子が自費出版したらね。

結局、GRAS関連の研究者を含み、複数の協力がないとできないES捏造だから、複数の人の不正事件よ。現実には、そんな捏造は実行が無理よ。
→ 捏造に協力者が必要というのも、妄想ですな。一人でできた捏造だったのですな。アノ姐さんが協力者などありえないと解説しています。

デタラメな数値を入れて図表が作れると言った人は、嘘つきよ。
→ 学とみ子はエクセルで表から図を作ったことがないらしい。

2019/1/22(火) 午後 3:52学とみ子
ES、TS移行の弛んだ細胞
→ STAP現象は細胞に緊張が必要なのかもね。

2019/1/22(火) 午後 9:42学とみ子
データは無いのじゃないのよ。データはなきゃいけないのよ。論文にのっているのだから。
→ 2019/1/23(水) 午前 0:31[ アホかいな ]さんが正しいコメントをしています。撤回論文の図は捏造データで作成されました。捏造数値がなければ図はできないから、捏造数値があるはずという学とみ子の言い分は正しいだろう。しかし、その捏造数値も示されなかったわけですな。

STAP細胞は最初から無い!などと言ったら、ハーバード大学で、論文のデータの図表をどう作ったのか?で、議論がおきるわよ。
→ 理研の調査委員会で小保方氏に聞いたんですよね。元データを示せなかったんですよね。ハーバード大学(とはなんでしょね?)でなくても議論になってSTAP現象は確認できなかったとの結論がでたんですよね。

2019/1/23(水) 午前 6:28学とみ子
データが論文にあって、その存在に触れない報告書はおかしいのです。
→ 桂調査委員会にデータが提示されなかったとしっかり書いてあるだろうが。読めないのか。論文不正の場合、提示がなければデータがないと解釈してもいいのさ。

もし、データが無いなら、CDBに捏造協力体制がしっかりあったということではない??ここは反論できないでしょう?
→ 意味不明。小保方氏がデータ管理したんだよ?何言っているんだろ?

2019/1/23(水) 午前 8:59学とみ子
捏造者とされる人は、(データがないと)言えない理由があるのかも?と、第三者は考えます。
→ 第三者は 言えない理由はデータがないから と考えるのさ。わからないの?

2019/1/23(水) 午前 10:07学とみ子
論文上の図表・グラフは作成可能)だから、協力者が必要だと言ってます。数人は必要です。それぞれの分野が高い専門領域なので。
→ エクセルの表の数値を都合のよいように書き換えるのは一人でできるでしょ。数値を得るのには、小保方氏ができない場合があるので、専門家が必要だったかもしれないけど、その専門家は、その結果の論文上の位置付等に関与しないんだから、小保方氏が単独で書き換えたってその専門家にはわからない。

2019/1/23(水) 午後 0:22学とみ子
「(実験ノートもスカスカ)だから、彼女がやった実験じゃあ無いのかもよ。そうした指摘が第三者から出てきていると言うことです。
→ へ?第三者とは誰?桂委員会の報告書が読めないらしい。ほとんどのデータを小保方氏がまとめたと書いてある。

2019/1/23(水) 午後 0:34学とみ子
「(実際の実験ノートは)それがスカスカデタラメだったらすべて理研が公開して、世界に証明でたでしょうに
→ 実験ノートはスカスカだったと三木弁護士が明らかにしたし、桂委員会報告書でも(STAP幹細胞、FI幹細胞、キメラマウス、テラトーマなどについて、作製後の解析を行ったのも大部分が小保方氏だが、その実験記録もほとんど存在しない。p30)とあるよ。読めないんですな。

2019/1/23(水) 午後 6:01学とみ子
そもそも、ES説でしっかりとした根拠があるとあなたが思っているなら、こんなヘンピな所まで来て、反論する必要もないのじゃあない?
→ あらま、学とみ子ブログは辺鄙なところだそうです。ご謙遜ですな。それにしては傲慢なブログ主ですな。辺鄙だから嘘つきで傲慢なのか?

2019/1/23(水) 午後 8:16学とみ子
他の実験はES混入で説明できず、報告書ではデータがないと言って終わらせた(逃げた)点ですよ。
→ データを提示しないで逃げたのは小保方氏ですよ。当時はデータが提示できなくても不正と判定されなかったからね。このSTAP事件で理研の規則が変わったのさ。不正が疑われてオリジナルデータを提出しないなんて奴をこれまで想定していなかったからね。

2019/1/23(水) 午後 9:08学とみ子
ライバル研究者、マスコミがSTAP著者らを追い詰める材料として、細胞の新規性に問題があると攻撃をしたのです。
→ 用語の方々は”新規性”が水戸黄門の印籠みたいですね。新規性を誰も問題にしてませんよ。新規性があるとした実験のデータを問題にしているんですよ。ライバル研究者とは誰?京大の山中氏?彼が一番のライバルだよね。

2019/1/24(木) 午前 8:43学とみ子
「(当方の記事を無断転載して)せっかく書いてくれたから、情報操作の見本として提示します。
→ 無断転載を許すわけではないけれど、どうせ違法行為をするのなら一部だけでなく、全部やってよね。引用元もつけてよね。論理学の基礎もベン図も理解できなかったという事実を示さないと読者に伝わらないでしょうが。ま、意図的なんだろうけど。

2019/1/24(木) 午前 8:44学とみ子
以前のため息氏は、理研のiPS細胞を持ち出してきたけど、この時で懲りたみたい。
→ ちっともこりてないよ、理研のレポートを理解できなかったのが学とみ子でしょ。
細胞を弱酸につけると細胞は丸坊主になりDNAメチル化もすっかり無くなるとのため息氏の思い込み
→ そんな思い込みはしていない、発言もしていない、書いてもない。嘘を書くな

2019/1/24(木) 午後 0:19学とみ子
今、科学者がキメラにTCRが無くても良い!と宣言していただけるとありがたい
→ そう言っているでしょ。論文にキメラにTCR再構成があるように書いてあるから問題になったんでしょ。キメラのTCR再構成は必須ではないと言っていますよ。学とみ子だけがわかってないんですな。TCR再構成があったら初期化の証明で、なかったとしても初期化を否定したわけではないと、何回もいわれているでしょ。理解できていないのですね。
T細胞はキメラに寄与する可能性は低いといっていただけるとさらにありがたい
→ どうして、自分で言い出したんだから、その根拠を探し出して示さないのさ。すぐ、専門家と思われるかたが来るとお願いばかりで、その専門家に否定されると

2019/1/24(木) 午後 6:51学とみ子
あなたの否定は、私の判断に影響を与えない
→ のだそうで、お願いして、自分の意図に沿わない答えだと、その答えを否定するというのは、ご都合主義もいいところというか、人間としておかしいですな。擁護の方々もおかしいと思いません?学とみ子がまともな臨床医と思いますか?

そして次の記事のコメント 2019/1/25(金) 午後 8:17 学とみ子 では
私は私で判断しています。研究者(T細胞からできていないからねつ造とした、あるいはT細胞からできてないのはおかしい」とした研究者)が実在する必要は無いです。私の判断ですから。
→ と開き直っています。さんざんこれまでは、T細胞からできなかったのだから捏造だと主張する研究者がいる、T細胞からキメラができてないのはおかしいと発言する研究者がいると主張してきたのにもかかわらず、そのような主張をした研究者は誰?と聞くと「いない」と答えるわけですな。擁護の方々でも、この学とみ子の無責任発言はあまりにもひどいと思いません?

丹羽先生は、小保方氏がESを使って捏造したなんて思ってないです。
→ さすが、「2019/1/25(金) 午前 6:26学とみ子医系の人のカバーする領域が広い」というオールマイティな学とみ子なので人の心を透視できるんですな。

私が研究者の立場なら、STAP事件のコメントしませんもの。
→ 意味不明。201。9/1/25(金) 午前 7:25[ hir*tan*3*wank* ]さんも意味不明だと言っている

2019/1/25(金) 午前 6:26学とみ子
医学系の論文を読んで理解すると言うのは、臨床家にできてしまう事ですね。
→ 臨床家というのは学とみ子のことですね。すごいね。ここまで傲慢になれるんだから。
2019/1/25(金) 午前 7:33[ hir*tan*3*wank* ]さん曰く:「学さんが披露した数々の見解は科学的には出鱈目に近いもので、とてもではありませんが、これらを読む限り、学さんがSTAP論文を読んで理解したとは思えません。」という意見は、ほとんどの科学的リテラシーを備えた方々の意見と一致するでしょうね。一部の擁護にとっては意味がわからないから議論に参加できないか、この意見の通りと理解しているのでコメントできないか、のどちらかなんでしょうね。

2019/1/26(土) 午後 5:56学とみ子
「(テラトーマにキメラマウスを)作ったのは、小保方氏ではないですよ。上司が作り、このデータを使って論文を書きなさいと言われて、小保方氏が教わった通りが正しいと信じて(小保方氏は記憶力が良いらしい)、論文に書きました。彼女は実験者でない
→ じゃ、彼女(小保方氏)はなんなのよ。秘書か?研究室のペット飼育者か?論文書いたのは笹井氏だぜ。

2019/1/26(土) 午後 6:42学とみ子
学とみ子が無知とか、レベルが低いとかの悪口…ため息ブログで利用されてしまいますので----。
→ 拙ブログでは第三者の悪口そのものを利用はしておりません。悪口に同意する場合はあります。当方が利用するのは、悪口の原因となる学とみ子の発言でして、なにか問題があるんでしょうか?公開しているのだから、引用して問題があるとは思えません。それより拙ブログからの無断転載をお断りしているんですけどね。

019/1/26(土) 午後 7:21 学とみ子 2019/1/26(土) 午後 9:05 学とみ子 2019/1/26(土) 午後 9:09 学とみ子 (魚拓)同じコメントだぞ。管理人自らのコメントの管理もできないのか。管理できないんだから承認制やめればいいんだよ。

2019/1/26(土) 午後 9:09 学とみ子
論文なんて、大事なところは理解できます。
→ うそでしょ。Refreeの英文コメントにある however の意味わからなかったでしょ?
英語も平易です。
→ 意味不明。だれの書いた英語?シェークスピアの英語、読めるのか?

上記データ(細胞増殖グラフ、メチル化の図)は、どう考えても、STAPの根幹には影響しません。ESを混ぜたり、TCRサンプルを入れ換えるといった不正行為は重大で、不正のレベルが根幹から異なります。
→ 2つの本人が捏造を認めざるを得なかった図は、STAP幹細胞の増殖能力と初期化を示す重大な実験結果です。この2つだけで、他のデータに不正がなかったかのように学とみ子は妄想していますが、ほかの実験結果は、当時の理研の規則で不正とされなかっただけで、現在の規定では不正です。つまり、この2つが、学とみ子いわく”軽微”だから”いいの”という主張は誤りです。このことはもうすでに何回も言われていることで、擁護の方々ですら学とみ子のこの考えを支持する方はいないでしょ?ちがうかな?

2019/1/26(土) 午後 11:14 学とみ子
「(T細胞由来のSTAP細胞はキメラには寄与しないという学とみ子の推測について hir*tan*3*wank*さんが当方と同じように根拠を求めたのに対し)臨床家にとってT細胞は危ない細胞なのです。かなりの病気はT細胞の暴動で起きます。T細胞は増えないようになってるとの発想があります。
→ ほんとに学とみ子は理解できてないのがわかりますね。初期化されたT細胞ですよ。当方のみならず、複数の方々が学とみ子の推測の根拠を求めても答えられないわけです。学とみ子の問題は、質問を理解できなく答えられないという認識がないことにあります。わからないとも答えられないわけです。認知症といわれてもやむを得ないのでは?

2019/1/27(日) 午前 8:43 学とみ子
ライバル学者による拡大解釈があり、それが達成されてないとの指摘が、そのまま、捏造論に…ライバル学者の情報操作です。
→ 情報操作、印象操作という言葉が大好きですな。それより、あんたの嘘を謝罪・訂正しなさいよ。こっちのほうが大罪ですよ。

「いまさらではないけど、呆れ返りますな」への5件のフィードバック

  1. 学婆さんの言っている第3者てのは、ネットであれこれ妄想を働かせている素人連中のことでしょうな。

    彼らにも相手にされていない妄想婆さんですが(爆笑)

  2. ・【論文は、著者に都合の良い事しか書きません。】
    ・【私は私で判断しています。研究者が実在する必要は無いです。私の判断ですから。】

    学さん自身の言葉の中で、私が見過ごせないのは上記の二つです。
    他にも多々ありますが、特にこの二つは=学さんが語る科学=は科学ではない、私のような一般素人が持つ科学に対する常識とも言える前提の知識すら持っていないと判断する衝撃的な言葉でした。
    いえ、前提の基礎知識が全く無かった上に自身の脳内での考えを構築した、まさに砂上の楼閣そのものだったのだとハッキリとした言葉でした。

    なまじ学さん自身のブログプロフィールで、某国立大学医学部出身、博士学位持ちと書いていただけに、ここまで私は引きずられました。自称背景から乖離したブログ内容が故に、怖いもの見たさで面白かったのも否めません。
    他の擁護の方々に対するように放置上等にならなかったのは、私自身に人を学歴で最初に捉えてしまい目を曇らせてしまう向きがあったが故と内省しています。
    学さんの書く内容は、学さん自身が書いたプロフィールにはそぐいません。

    以下は独り言ともいう内容です。
    この数日の学さんが語るSTAP細胞=不正により撤回された論文が主張した細胞=は、撤回論文で論じられていたSTAP細胞を明確に否定しています。(以前からですが、より顕著になっています)
    以前に私が揶揄したように=GAKU細胞=を語っています。
    学さんは「自分の脳内で作り上げた人物」、「自分の脳内で作り上げた細胞」に、【小保方氏】【STAP細胞】という世間を騒がせたSTAP事件に関係する人物名、単語を当てはめて書いているが故に、意識してか無意識かに関わらず、擁護の方をも含め他者にSTAPを語っていると誤解を与えてきたのです。
    そして今では学さん自身もどっぷりとその欺瞞世界に浸ってしまっている。

    学さんaddictionも最終章でしょうか。
    小保方氏がグラビアに登場した時に感じた時と同じく、一抹の哀れを伴いながら書いています。

  3. 2019/1/30(水) 午後 8:25 学とみ子

    またhir*tan*3*wank* さんのコメントに対して、あっちを向いたコメントをしています。

    学とみ子曰く:「一般人は、STAP細胞がES細胞になったと勘がいしたのです。」
    「勘違い」のミスタイプだと思いますが、学とみ子の一般人を見下した態度がよく現れている発言です。学とみ子の一般人の定義は元なんとか会長のような方なのかもしれませんが、ES細胞が何であるかを知っている一般の方は「STAP細胞がES細胞になった」などとは考えないですな。大福の皮と餡を逆転させたらおはぎのようになったとき、大福をおはぎにしたとは誰も言いませんからね。似たようなものになったーおはぎ様ーとは言いますけどね。

    学とみ子曰く:「そもそも、(プロなら)STAP細胞が、ほぼES並みになるなんて考えません。」
    理研の2014年1月29日のプレスリリースの「研究手法と成果」の最後の部分では「STAP幹細胞はES細胞同様の増殖性を持ち、それ以外の点でもES細胞に近い性質を有する」と説明しているのはどう考えるのでしょうかね。理研の発表はプロが監修していないのでしょうかね?もっとも、STAP細胞はES細胞より前の未分化状態にしたという説明ですから、ES並ではないですけど、ここでは学とみ子はそう言いたいのではないでしょうね。

    「ES並みという言葉のイメージが、プロとは違います。」
    アマチュアだって、小学生だって、「並」の意味は「同じ」とは違うことはわかるさ。「学とみ子の脳内の一般人が」わかっていないだけですな。

  4. はなさん
    >そして今では学さん自身もどっぷりとその欺瞞世界に浸ってしまっている。

    同感です。少し前までは、どんなトンチンカンなコメントであろうと、どんなにアサッテの方向を向いていようが、コメントの内容に対する反応が見られました。しかし、今回の長い長いコメントでは、初めはhir*tan*3*wank* さんに呼掛けてはいても、全くその内容とは関係ないどころか、hir*tan*3*wank* さんの存在すら意識から消失して妄想世界だけを語っています。僅かに繋がっていた現実世界への蜘蛛の糸も切れてしまい、完全に妄想世界に埋没したように見えます。

  5. 2019/1/30(水) 午後 9:09学とみ子
    「脾臓の未分化能をもった細胞が、そのままでは動かないけど、酸という刺激で瀕死の細胞が凝集し、初期化遺伝子の一部が働き始めた可能性を、STAP細胞は示したのではないですか?」

    未分化能 ね。また創作新語だよ。漢字の並び方から考えると、「分化した細胞が未分化状態に戻ることのできる能力」だろうね。しかしこんな言葉は聞いたことがない。STAP現象は、そのような能力のある(と仮定して)細胞を選んだのでもなく、どの細胞にもこのような能力があり、刺激でこの能力が顕在化したということを示したんだろうから、あえて未分化能なんて言葉は作らなかったのさ。撤回された論文の主張を理解していないんですな。

    2019/1/31(木) 午後 0:32 学とみ子
    「ES並みであるべきとして語られ、実際のSTAPはそうではないから、捏造に違いないにされたと思います。」
    ES細胞並あるいはそれ以上と著者等が言ったわけで、STAP細胞がES細胞並ではなかったから捏造としたわけではないですね。データが捏造で論文が撤回されたわけですね。どうも学とみ子の頭の中では、STAP問題に出てくる単語が正しく関連付けられておらず、そのため発言するたびにこんがらがっちゃうわけで、これを指摘すると怒り狂って反論するわけですが、その反論もこんがらがっているので、誰も理解できないわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください