社会は寛容??

科学においても、失敗はつきもの、勘違いはつきものであり、難しいこと、経験がない事については、社会は寛容なはずです。」2018/11/16(金) 午後 8:26 学とみ子氏のブログです。はい、そのとおりです。単純なミスや勘違いはね。捏造には寛容ではないです。以下の赤字は学とみ子氏の記事にある文を引用しています。

「小保方氏についても、図表の入れ替え、博論の流用などは、不正と認定されたものの、寛容的な科学的ミスでもあるのです。」
本当の単純・ケアレスミスだけだったらですね。博論の異なった実験結果を論文にするのは寛容されるミスではないです。グラフの捏造もメチル化の捏造も寛容するのは学とみ子氏だけです。誰も許していません。もちろんES細胞を混入させた実験結果を論文にするのは、誰も(きっと学とみ子さんも、と期待しますが)許していません。

「多くの素人たちが議論に参加した結果、新規性も、未知の部分についても、理解不十分なまま、ライバル研究者の思うがままに傷つけられてしまうのです。」
素人(の方かどうかはしりませんが)がネットで疑問点を取り上げたから、不正が素早く明らかになったのです。ネットでの指摘がなければ、多くの研究者が無駄な経費と時間を費やすというさらに不幸なことになっていたでしょう。

「STAP細胞に新規性が高かった結果、その成果について、疑問を感じたライバル科学者層が、世界的な協力のタグを組んで、STAPねつ造論の一大キャンペーンをはったのです。」
そのようなキャンペーンがあったという事実をお示しください。根拠のないデマをばらまかないでください。どっかの沈殿した自称ジャーナリストがメディア・スクラムと言っていましたが、スクラムを組んだ証拠があるのでしょうか?

「さらに、論文の問題点について、著者の中から論文否定者が出てしまったことです。」
騙されたと思い当たることがあるからでしょう。事実に正直なら当然ですね。

「TCRでは、丹羽氏が著者見解をはっきりさせるために、幹細胞におけるTCRの未検出を発表したわけですが、それがマイナスでした。」
科学的な事実を明らかにしてどんな不都合があるのでしょうか?科学者として隠すべきではないと判断してどこに問題があるのでしょうか?

「この発表を契機に、STAPキメラには、TCRが無いから、リプログラミングの証明ではないとの説が、まことしやかに流されたのです。」
TCRによる初期化の証明に失敗しただけです。「TCRがないから初期化はなかった」という藁人形を学とみ子氏が作り、一人で騒いでいるだけです。

「元T細胞がキメラ体細胞を形成できるのか?について、考察していませんでした。」
ここでもTCR再構成があるT細胞がキメラの体細胞になる可能性があることは議論されたのではないでしょうか。できることについての証明がiPS細胞であって、STAP細胞(もしあったらですが)に可能性があることは否定できないでしょう。学とみ子さんひとりが酸浴で初期化されたT細胞は増殖できないと、根拠なく提唱しているだけです。「TCRトランスジェニックマウス」なんて話はしていません。これなんですか?(追記:できるようですね、なおさらTCR遺伝子は正常発生(免疫系を除く)に不可欠ではないようですね。)

「STAP細胞とは全く実験の質が異なるため、比較にもなりません。」
は科学者として間違った考えです。STAP現象(もしあるとしたら)の詳細がわからないから、他の実験と様々な類似点、相違点を比較し、初期化についての理解を深めるのが科学でしょう。

「こうした違いを考察できない研究者層が、STAPねつ造論の根拠にTCRを持ち出しているのです。」
TCR再構成が確認できないから捏造だとは誰もいってません。ES細胞だったから捏造だったのです。

「酸浴による初期化については、まだ一部の細胞変化が証明されているだけです。」
ちがいます。酸浴による初期化は証明されていません。「細胞を酸に浸すと、いろんなことが起こるね」だけです。

「初期化の質についての本質的な議論をすべきと提唱する人もいません。」
あたりまえでしょ。まともな研究者は証明もされていない酸浴による初期化を、証明されたiPS細胞と比較検討するわけがありません。火星人と地球の人間との本質的な違いの議論をする方がいますか?

「こうした本質的な議論のできる方は、残念ながら、当ブログにはいらしてくれません。」
学とみ子さんとは議論ができないからですね。当方のような無駄を承知としている”おめでたい”人間がコメントしているだけです。

「社会は寛容??」への87件のフィードバック

  1. どうしようもない さん

    いらっしゃい。ご自由な意見をどうぞ。

    どうしようもない さんのこのコメントは、学とみ子さんの記事の2018/11/21(水) 午前 10:08 [ どうしようもない ] と同じで、これに対する当方のコメント2018/11/21(水) 午後7:47はすでにあります。

    当方の学とみ子ブログへのコメントは、基準が一定でないバーがあって、承認されないことがほとんどです。ですので、学とみ子ブログへのコメントは、当ブログにコピーを置いています。面倒で、議論がスムーズにいかないのですけどしょうがないです。
    どうしようもない さんからも承認制を止めるようにいっていただけると嬉しいです、

    1. やっぱり普通は気付かないですよねー。

      学とみ子氏があのメッセージを削除したということは、コメント中のアレに気付いたということです。普段見慣れているからこそ視界に入った途端に気付いたんでしょ。間違いないとは思ってたけど、これで確実になりました(笑)

      1. どうしようもない さん

        別にあっても問題ない内容なので、そして答えている方がいてそのコメントの意味がわからなくなっちゃうので残して置きたいのです。それでも削除をご希望ならお知らせください。

    2. ため息先生
      はじめまして。いつもは閲覧のみですが、今回だけコメントさせていただきます。
      どうしようもないさんのコメントですが、実はあるトリックがあります。一見文章を読むだけでしたら擁護に見えますが、文章の全体をよく見ますと、あちらのブログで削除された理由が分かります。
      ただ、削除により、ある意味それを認めてしまったため、削除しない方がよかったりします。

      1. Dさん

        いらっしゃい。どうぞ自由に意見をおっしゃってください。
        で どうしようもない さんのコメント 削除された等いきさつがよくわからないのです。解説していただけますか。

        1. ため息先生
          やっぱり解説します。
          どうしようもないさんのコメントを縦読みしてください。ただし、あちらのブログのコメントではなく、こちらのブログのコメントをです。
          普通なら気づかないのですが、あちらのブログ主は普段使っているために気づいてしまったのでしょう。
          あちらのブログを閲覧しなくなって久しく、あちらのブログのどうしようもないさんのコメントを先ほど初めて見たため、ここからは推測です。
          恐らく、どうしようもないさんのコメントはこちらのブログのコメントと同じ形だったと考えられ、あちらのブログ主は擁護と思い込み承認したと考えられます。ところが、あちらのブログ主はトリックに気づき、いったん削除し、どうしようもないさんのコメントをトリックがばれないように小細工して再掲載したと考えられます。
          以上ですが、あくまで推測ですので、違っていたら申し上げございません。
          因みに、ヒントで挙げたかまいたちの夜ですが、テレビゲームの名作で、縦読みを効果的に使った場面があったりします。ヒントを在原業平にすればよかったかな?

          1. 学さんの名誉の為に言っておくと、彼女は私のコメントに小細工なんてしてません。アレは端末依存型なんです。携帯などの横幅が狭い端末で見ると縦なり斜めなりで薄っすら出でくるんです。

            管理人さん、私もやり過ぎました。単なる実験だったんだけど、あまりにうまく行き過ぎて。ここにある私のコメントは全て削除してください。

  2. どうしようもないさん
    ため息先生
    コメントのタネを明かしてしまい、申し訳ございません。ため息先生がどうしようもないさんのことを擁護の方と誤解していると考えてコメントさせていただきましたが、藪蛇でした。
    個人的にもあのコメントは削除せずそのままでよろしいと思います。あちらのブログにも掲載されてますし、悪意のあるコメントとは思えません。

    話がかわりますが、本日とあるコンサートへ行くために遠出しました。素晴らしかったです。日常の疲れもなくなり、今は非常に気分が良いです。
    擁護の方たちはこうしたリフレッシュすれば、あんな誹謗中傷はできなくなると思いますが。そういう意味ではかわいそうな人たちだと思いますが、いつまでも無関係な人をねたみ続けるのが残念です。

    1. Dさん

      コンサートですか。うらやましい。当方はいいかげんなジジイですからLiveなど行く気もせず、クラッシックコンサートは、最後に行ったのは何年前だろという貧相な生活ですね。

      1. ため息先生
        いえ、コンサートへ行ったのは実に約15年ぶりで、そう頻繁には行きません。今回行ってきたのは好きな演奏家の演奏を生で観てみたかったためです。
        でも、めったに体験しない体験をすると、頻繁に体験することよりずっと気分がいい気がします。心理学的にも何かありそうですね。

  3. ジャーナリストで研究者の渡辺真由子氏の著書に、重大な無断転載があったとして騒ぎになっていますね。
    渡辺氏は「編集過程に齟齬があった」と出版社に責任があるかのような発言をし、また、自身については「無断転載の意図は一切ない」とされていることから、厳しい批判を受けているようです。

    また、本書が渡辺氏の博士論文を書籍化したものだということからなのか、国会図書館に置かれている氏の博士論文は貸出し中、さらに博士学位審査をした先生方の名前がネットに上がるという状況は、数年前を彷彿させました。

    ネットの反応を見ると、無断転載した事実よりも、渡辺氏が自身の非を認めず、謝罪・書籍の回収・返金という誠実な対応をした出版社に責任を押し付ける様な発言をしたことが問題となっているようです。
    毎日、数多くの犯罪が起きていますが、きちんと非を認めて謝罪すれば、必要以上の批判を受けることはないと思うのですよね。
    過ちは誰にでもありますから。

    1. 体内時計さん

      すごいね。御本人のブログ 2018年11月28日水曜日によると

      本書には、出版社側との編集過程における齟齬により、
      一部に無断転載と受け取られる記述が存在していたことが明らかになりました。
      当方と致しましては、無断転載の意図は一切ございません。

      だそうで、明らかに御本人が参照したのだから編集者とかの間で齟齬があったというわけじゃないでしょ。編集者だって引用してくれなければわからないもんね。

      ブログに全面的に顔写真を掲載するというのは政治家にでもなりたいんだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください