機能的識字能力

以下の引用は一田和樹著 フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器 (角川新書) に記載されているらしい。らしいというのは、読んでないからで、とあるツイッターに引用写真があるからだ。

■検証記事を理解できない人聞が増えている?
 そしてフェイクニュースを語る際に見落としがちな社会的問題がある。機能的識字能力の低さだ。文章を読んでも正しく意味を理解できない人々がいる。日本の識字能力は世界でもトップレベルで100% に近いと信じている人もいるが、実は我が国は識字能力の調査を長い間行っておらず、義務教育修了をもって織字能力ありと判断しているだげだ。最後に日本で識字率の調査が行われたのは1955年で織字率そのものは高かったが.機能的識字率は低かった。識字率の低さは世論操作への耐性に大きく関わっている。
 機能的識字能力の低い人とは、極端な表現をすると「ツイッターはできても文章の意味は理解していない人たち」だ。ツイッター上でふつうに発言し、受け答えもしている。しかし、そのやりとりをよく見ると相手の言っていることを明らかに埋解していないように見えることがある。そんな経験がある人も多いだろう。その齟齬は機能的識字能力が低いことに起因している可能性がある。

2018/11/10(土) 午後 5:53 [ m ] に対して当方が書いたコメントについてで、確かに、まさに「そんな経験がある」わけですね。

こういう方に対しては、かなりしつこく丁寧に説明した記事を書いているのですが、無駄なようですね。

「機能的識字能力」への3件のフィードバック

  1. 機能的識字能力が低い上に、WikipediaとGoogle翻訳で判ったつもりになっている。
    基礎からの積み重ねと研究活動の裏づけがなければ、砂上の楼閣でしかないのだが・・・

  2. mjもんたは、当方のブログに毎日アクセスし、御本人に言及した記事、コメントがあると、ご自身のブログに目次とともに、卑劣だ、屁理屈だ、理科学研究所そして文科省にメールする、病気だと誹謗中傷コメントを必ず書きます。

    本記事の前の記事についても当方とoTakeさんのコメントに対して「この程度の人格者なのか」とアホなコメントを書き、その次は、本記事の次の記事に対して当方を「いつ死んでもおかしくない老害」との誹謗コメントをしています。

    つまり、本記事を、毎日アクセスしているのですから目に入るわけですが、ほかの料理とか機器の作成・修理等の記事同様、無視しています。本記事には、mjもんたを対象にしていると書いてあるのですが、(mjもんたにとっては難しい内容だったので)理解できなかったようです。
    機能的な識字能力がない証拠がまた出てきましたね。

    これまで、文科省の学習指導要領とか名誉毀損とか、引用、転載、コピペの違い等を丁寧に説明したつもりだったのですが、無駄だったようです。読めない方に文書で解説しても意味がないのは当然ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください