変身

赤い唐辛子は青い唐辛子が成熟したものと思っていたが、さる人から収穫した青唐辛子を放置したら赤くなったと聞いたのでやってみた。日本三大朝市というのがあって、その一つに行ったのだが、三大と名前がつくほどの大きな規模ではなく、観光化しているので、価格もそこそこだ。そこで青唐辛子を手にいれたので、ベランダに放置してみた。直射日光はあたらないが、この暑さなので干からびるだけかもと思ってやってみた。

Before

After

というわけで、きれいな赤に変身した・しつつあります。

擁護の方々にも日の当たるところに出て、騙されたことに気が付き静かに変身されるのを薦めするわけですが、それにしても筆頭著者はグラビアにでたり「あの日 audibleAmazon)」なんかを発売したりして科学に弱い方々を煽るのですね。いやな奴ですな。オレオレ詐欺にひっかかった方には何回もおさそいの電話が来ます。どうやら柳の下にいた二匹目のドジョウはやせ細っていたようですが、三匹目は太っていると、出版社にそそのかされ、期待しているんでしょうね。

変身できない方には教祖様のお声が聞けるので3500円なんて安いものなんでしょうね。サンプル音声では「医学の道もあるけれど…研究の道を選んだ…広く人類に貢献できる応用化学を進学した」だそうで、書くだけでなく声にだしても嘘をつくようです。受験勉強がいやなのでAO入試で入れそうなところを選んだのでしょ。もしそうなら応用化学分野で人類に貢献できる下水処理細菌の研究をすればいいのに、なんで最初に否定した医学に首を突っ込むのさ。

青唐辛子を使うと警戒されることなく辛いものを提供できるけど、辛いと承知して食べる料理には赤いほうが似合うね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください