感想文の添削

小保方晴子の現在!!小保方日記の内容とは!?  2018/4/21 という感想文を添削してみました。多分、だれも読まない感想文ですが、今日は、都合でちと早く出勤する必要があり、その仕事が終わって暇ができたので。

########################################

小保方晴子さんが、婦人公論で連載していた日記を単行本として再編集し出版しました。この日記は理研を退職した後の650日間をまとめた綴ったものです。今日は、その「小保方晴子日記」の読後感想です。

実は、管理人は婦人公論なる雑誌に掲載された記事を一度も読んだことが無く、小保方さんが連載している事はネットの情報で知ってはいましたが内容についてはほとんど知りませんでした。瀬戸内さんとの対談も、ネットの情報でしか知りませんでした(興味があったにも関わらず何故これらの原文にアクセスしなかったのかの理由をここで述べる)。そんな管理人ですが今回、(何故購入し読んだのかその理由をここで述べる)この日記を読み強く感じた事は、彼女はこのような仕打ち(世間?マスコミ?理研?誰からどのような仕打ちを受けたか例を挙げるとかして具体的に説明する)を受けるほど酷い事をしたのかと言う疑問です(彼女が科学界、マスコミ等から批判されたのは事実なので、その批判が妥当でないとmjもんた君が判断したことを記載しないと、mjもんた君が疑問を持ったことの理由がわからない)

正に、彼女は想像される生き地獄と言える想像をはるかに超える内容生活を強いられました。普通に物が食べれてを食べる事ができて、行きたい所に行けて誰に怯える事も無く普通に暮らせると言ういう人間ならば普通に認められる人権(人権は人間対象だから「人間ならば」は重複するので削除)を踏みにじられさぞや辛かった事だと思います。でも、きまぐれ先生をはじめ彼女の理解者が身近にいてくれて本当に良かった。これらの人たちがいなければ、彼女も確実に命を絶っていただろうと思うとぞっとします(どのようなサポートがあったから自殺することがなかったかを、日記の記述を基に具体的にあるいは例を挙げて記述する)

今後、彼女がどのような道を歩むにせよ、心から応援したいと思います(何故、どのように応援するのか理由と手段を記述する、そうでないと単なるおべんちゃらと思われてもしょうがない)

以下2つのパラグラフは日記の感想文とは関係がないから削除するか、感想文には関係のない旨の断りをいれて記載する。

アマゾンなどでの評価は高いようですが前作の「あの日」に比べると今の所、勢いは、やや無レビューの数は少な(勢いとは増加率とかで示されるような値で、レビューが少ないから使えない)いようです。ただ、いくつかのレビューはとても分かり易く、的を得的を射(得るのではなく射るが正しい)ていると思います(レビューのページのURLを記載し、例えばどなたのレビューなのかを明示する)。どのような問題でも一定数の批判者はいるわけですが、中には酷い人も見受けます(例えばどなたのレビューなのかを明示する)(だから、このパラグラフで言いたいことは何なの?)

以前、アップしたこちらの記事
●stap細胞の真実!小保方批判者の幼稚性とその人間性を考えて見ました
での管理人(管理人とすると、前出の管理人はmjもんた君のことだから別の名前にしないと混乱する)氏は、小保方さんが生きている事が嫌なのか酷い記事を書いています(引用した”管理人”が「小保方さんが生きていることを嫌っていると」と発言している根拠を記載する。根拠がなければデマを撒き散らしていることになる。 plus99%さんにスピン屋と言われないためにもね。拙ブログ管理人を嫌いなようですが、今回の記事とは関係ないでしょ。このパラグラフは、悪口を言いたいでしょうけど、関連のある内容ではないから削除しなさいね

また、サイエンスライターの粥川準二氏はYahooニュース(リンクを記載する)でのコメント数を引合いにだそれが「一般大衆の声」だと言わんばかりに批判しています(もし、該当記事が粥川準二氏の「STAP騒動渦中の心境を綴った『小保方晴子日記』 疑惑に答えず同情・誤解させる記述ばかり?〈AERA〉」 ならば、粥川準二氏はこの記事で自身の記事へのコメントの数を一切問題にしていない。デマを書いてはいけない。「この記事へのコメントの数をもって一般大衆の声とする」と記載した文献をここに引用する。)Yahooニュースでのコメントは自分も見ましたが、そのほとんどが、5chの書き込みと同等レベルのもので、セクハラとしか言いようのないコメントまで有り、これをもって「一般大衆」とは、如何なものかと思います。日本の「一般大衆」とはこんな下品な民族なのかと聞きたいですね(誰がコメントしている方々を一般大衆と言ったのか不明なので、批判対象をmjもんた君が勝手に作った(藁人形)と思われてしまうから、誰が言ったのか明示する。5Chan等での匿名発言だったら引用してもしょうがないからこの部分は削除する)

★まとめ
この単行本は、あの日(この場合”あの日”は固有名詞なので「 」でくくる)とセットで読むとより分かり易いです。基本的には小保方さんやstapSTAP(固有名詞なので原著に忠実にする)細胞に興味の無い方にはお勧めしませんが自分は人生のどん底にいると思っている方には、参考に成る部分も多々あるのでお勧め致します。(何故、STAP細胞への興味がある落ち込んだ方へ勧めるのか、あるいは何故興味がないが落ち込んだ方へは勧めないのか、そして具体的にどのような点が参考になるのかを記載する)

落ち込んだ人を助けるための著作ではないと思うので、筆頭著者が何故このような日記を出版することにしたのか、mjもんた君自身の推論・妄想でもいいから記載してくださいね。それが他の方と異なるmjもんた君のユニークな感想文になるための肝ですからね。

最後に”落ち”とかユーモアがあるともっと素晴らしい感想文になるでしょう(が無理することはないですよ)。

##################################

評価:100点満点で20点
その理由は、日記に記載されていることを具体的に引用して書いた部分がないので、本当にこの日記を読んで書いた感想文なのか疑わしいからである。読んだとしても、ただ眺めただけで、日記を読む前からmjもんた君の頭の中にあること(妄想)を、根拠なく繰り返し記載していると判断されてもしょうがないだろう。
繰り返すが、感想文なので、mjもんた君が思うこと(妄想でもいい)を書くのはいいが、その根拠となる日記からの引用を必要とします。
粥川氏はコメント数を議論していないと思われる。したがって、この部分の記述は嘘だと思われるが、その根拠がわからないから正しいか嘘かを決めつけることはできない。

つまり、他のブログでのコメント同様、根拠を示すことなく発言するので、他の方の同意を得ることはできないコメント・感想文になってしまっているのです。

mjもんた君、最近はコメントしないけどアクセスしているからこの記事も読むでしょ。最後までゆっくり読んで、屁理屈などとは言わず、反論してちょうだい。いつもの罵倒する言葉や引きつった笑いがなければ検閲せず掲載しますからね。

青字で指摘した部分を加筆すると、行間を開けて文字数が多いように見せかけた A4版1枚にしかならなかった原文が、行間を空けることなくA4版2枚にはなって、スペースを必要としているらしいアフリエイト・ブログ・ページを埋めることができますよ。

こうやって自分の学生でもない、大の大人の書いた文書を、頼まれもしないのに添削するというのは、はなはだけしからんことです。傲慢でしょう。しかし、mjもんた君のこれまでの拙ブログ管理人に対する言動、および今回の「拙ブログ管理人が『「小保方さんが生きている事』を嫌っている」というデマを撒き散らす行動から文句は言えないのではないかと思っております。他の方の、この添削することについての是非ではなく添削内容についてのご意見があればここにコメントしてください。

mjもんた君のブログのページビューが増えたら感謝してね。

[ 追記 ] 2018.4.24
mjもんた君は予想通りアクセスし、この記事について悪態を自身のブログのコメント欄に書いています。この記事を読んで理解してのコメントではなく、いつもの罵詈雑言です。こっちにきて反論すればいいのですが、彼のブログでの自己レスと同じ罵倒と引きつった笑いだけのコメントでしたら当然検閲され黒塗りですね。反論できないからしょうがないですね。この記事の何処がmjもんた君に対する誹謗中傷なんでしょうかね。感想文の書き方を教えてあげているのに、心外ですな。当記事は、mjもんたの記事の無断引用ですが、mjもんた君とは異なり、きちんと引用元を記載し、引用部分を主文と区別し、明示していますので問題ないと思っていますよ。そもそも引用しなければ書けない記事ですからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です