Switchの交換

先日のギガビット対応Apresiaの交換がなんとか済んだので、それより末端をギガ化することにした。

実はユーザは気がつかなかっただろうが一部フロアはすでにギガ化していたのだ。医学内を全面ギガ化することにしたのだ。なんていうことはない、ギガハブが安くなってきたからだ。ループ阻止というおまけがついているハブだ。8Fから地下まで、一カ所30分の予定であったが、オーバーしてしまった。その理由は、各部屋への配線は当然のことながらタグがついているはずなのに、そのタグのないケーブルが結構あったからである。最初の一斉配線のときは、ネットワークを必要としない部屋には配線しなかったのだが、その後部屋の用途が代わって追加配線したからだ。そのとき業者は1本だけだからタグを付けずに放置してしまったのだ。おかげて予定が遅れてしまった。

一部、残ってしまった。

Apresiaとはインテリジェント・スイッチなのだが、48ポートの製品はDHCP機能が27ポート以上に割り当てると機能しない。そんなのは事前にわからなかった。こまった。最大48セグメントで運営できるとおもったからだ。すでに26セグメント使っており、近々さらに4セグメントが増えるからだ。DHCPサーバを立てないといけない。とほほ。

サーバを医学内に置かず、学情において、保守を外部業者に委託するというポリシーなのに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください