投票先がない

自民党しか当選しない小選挙区に済むようになって、ん年なんだけど、選挙権を得てから自民党に投票したことがないので、この地で投票した候補者が国会議員になったことがない。

自らを最高権力者だといったり、立法府の長だなんていう右翼が党首の党を好きになったことがない。

今回のこの地の小選挙区の立候補予定者は、今日の新聞によると、自民、希望、共産の3名だけだ。

学生時代から共産党は、民青の諸君を見ていたから、大嫌い。なんせ上からの命令は絶対だもんね。

希望は政策も戦略もなく、戦術だけだもんな。野田数という大日本帝国憲法復活を主張するUltra Rightを所属政治団体の代表にしたりしたが、党首本人の政治的スタンスはwiki をみてもよくわからない。その場その場で勝ちそうな側につくんだからな。同好の士が集まっているんだろうな。花粉症をゼロにするとはどういうことだ?杉を国内から一掃するんだろうか?それとも花粉症患者を一掃するんだろうか?政治とは関係ない事項を公約にするなよな。できないんだから。

つーわけで投票先がないのだ。比例区しかないのだ。

「投票先がない」への1件のフィードバック

  1.  共産党が与党となる可能性はゼロでしょ。
     せいぜい政権批判票の受け皿ですな。
     民青には個性がない。理論武装に過去への反省がない(例えば消費税への反対をまともに総括できてない)。よって政権に入るつもりなら支持できない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です