またルータを接続した奴がいて...

またルータを誤接続した奴がいた。

昨日は1時限目がM3の講義。だから朝早く7時には来てメールチェック。応答しないといけないからな。講義はあっという間に終わって、そのあと今後のレンタルサーバ移行計画に関係する業者との打ち合わせ、セキュリティドアの業者の訪問、臨床講義室の録画配信システムの打ち合わせ、なんてやっていたら、あっという間に12時だ。3時限目からはM3の実習である。昼飯を食う暇がなかった。実習は無事スタートし、採血も終わったので、あとは事故も生ずることがないだろうと、某先生に任せて昼食を食べながら月曜日に提出の学生の博士論文のチェックをしようとしたら、基盤室から1Fでネットにつながらないユーザが複数いるようだから調べてくれとの連絡。あいにく基盤室の職員は休暇をとっていて一人しかいない。基盤室を空けることは避けたいので、管理人がでかけないといけない。ユーザのパソコンは基盤室に持ってくると異常がないので、ユーザのパソコンのせいではないというのだ。現場に行くと、確かにつながらない。取得IP address を見たら、192.168.11.16 である。あー、まただれかルータを立てて配線を間違えたのだ。このような障害は基盤室職員が対応できるようになったんだけど、あいにく休暇を取っている。

しょうがない。基盤室から障害検査用のノートを持ってきて、192.168.11.1 にping をとばしながら、ハブの配線を1本ずつ引っこ抜く。ビンゴとなるまで半分以上の線を抜いた。アンラッキーだった。

ルータを発見し、誤配線であることを確認し、ルータの所有者をとっ捕まえ、厳重注意。障害が生じてから解決するまでは4時間であった。

医学系専攻では月曜日からの博士論文受付をPCでやりたいがそのパソコンにプリンタドライバがないから、あっても設定の仕方をしらないからなんとかしてくれとの連絡。もうどうしようもないな。そのくらい自分でやれよ。

というわけで、学生の論文チェックは18時過ぎから。終了したのが21時過ぎ。このあと、折角の花金は、某助教(男)と中華料理屋でビール飲んで24時帰宅。

なんという一日だ。新たに仕入れた情報はなにもない。過去の資産を食いつぶしている毎日だな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください