11月の女子会

恒例女子会11月は昨日の10日(土)に開催されました。今回はいつもの2名の女王様と2名の遠方から来ていただいた方と近隣の1名の機織り女史の合計6名でした。

前菜は、左から戻り鰹の鰹節まぶし炙り、焼き鳥、カマンベールの自家製スモークサーモン巻イクラ乗せ でございます。
カツオは前日に醤油と味醂に漬けておいたものです。サクの表面に鰹節をまぶしフライパンで表面だけを焼きます。鰹節がうまい具合にまとわりつきます。スライスし、大葉の千切りと生姜の千切りを添えます。

焼き鳥は鶏腿肉と長ネギを串にさし、フライパンで焼き色を付け、醤油味醂で蒸し焼きにします。残ったタレに片栗粉を加えてとろみを付けると、たれをかけても隣に流れていかないのでいいでしょう。

カマンベールをスモークサーモンで巻けるくらいの大きさに切り、スモークサーモンで巻いて、イクラをトッピングします。超ミニ親子丼ですな。スモークサーモンは柿とスモークサーモンの記事の通りに、ノルウエー産のサーモンを使って作りました。チリ産より油が乗っていてぱさつくことはなく美味しくできました。

お造りは、ブリ、タイ、マグロ、甘エビと料理とは言えませんがご容赦を。

メインのお肉は、牛タンの赤ワイン煮カンボゾーラソースでございます。牛タンの塊を赤ワインで圧力鍋で炊きます。その後、鍋を変え、すりおろし玉ねぎ、すりおろしにんにく、水煮トマト、市販のデミグラスソースで炊きます。ゴルゴンゾーラと白ワインと生クリームと蜂蜜でゴルゴンゾーラソースを作るつもりでしたが、スーパーで売っていたブルーチーズはドイツ製のカンボゾーラでした。カンボゾーラはブルーチーズにカマンベールのような白カビで表面を覆っていました。知らないので、これを購入したのですが、外側が固くこれを白ワインで溶かすのが大変で、来客の女王様の一人がすり鉢で格闘したのですが、ある程度であきらめ、硬い表面はすてました。

野菜として煮物(牛肉、こんにゃく、人参、たけのこ、里芋、いんげん)をいただきました。女王様の持ち込みです。いんげんを湯がくのだけをシェフが行いました。女王様曰く、人参は面取りまでしたというご自慢の作であります。美味しかったです。

魚料理は、アイナメとイトヨリの煮付けでございます。普通にしょうがスライスと醤油と味醂と日本酒で炊きました。6名がてんで勝手にむしっていただきました。

イカスミスパゲッテイ、雲丹、イカ乗せが〆でございます。別の女王様がどっかの雑誌に掲載されていた写真をLINEで送りつけ、これを作れとおっしゃったわけです。女王様ですからしょうがないです。イカスミスパゲッティをAmazonから手に入れ、その雑誌の写真は雲丹とイカがトッピンされていますが、スパゲッティが浸っているソースの情報がありません。そこで卵の黄身と生クリームでつくりました。冷製スパゲッティです。イカ墨が入っているからと行ってスパゲッティそのものの味が違うかといわれてもわかりませんんでした。

デザートは女王様ご持参のなんとかという品種の皮ごと食べられるぶどうとコーヒーでごさいました。

例によって、シェフの頭の上を、何やら会話が飛び交っていましたが、酔っぱらいシェフには、その言葉がシェフを褒めているのかけなしているのかわからないという状況のもとに、無事、終了しました。シェフが口を挟む余地など、到底ありえません。ひたすら小さくなって飲むだけです。

前回のお持ち帰りに使ったタッパーウェアが返却されたのですが、すぐさま、牛タンと煮物の容器となりお持ち帰りになりました。