このサイトのCMS

こういうコメントがありました。

ワードプレスを何故使うのかの理由を全くわかっていない。
素人は騙せても、その道に詳しい者は絶妙にだませねんだよ(ひきつった笑い)

うーん。WordPressを使っている理由?そんなの意識していない。なんだろ?自転車を使う理由を聞かれているみたいだ。

というわけで、管理者のブログは昔はどうだったのか、記録を探ってみました。
WordPressを何時バージョンアップしていたかの記録はありませんでした。

2006年7月にP_Blogをインストールしていたようです。この時期にはこのOSにはデフォルトのCMS(Content Management System)としてWikiがインストールされていたのかも?あやふやです。XOOPSかな?ともかく使いにくいと思ったようで;「2007年3月6日 P_Blog より WordPressME2.1.2 に移行」という記録があるので P_Blogをインストールし、それでも満足できずWordPressMEを導入しています。Mobile Typeを試行した記憶があるのですが、記録がない。
2007年12月 WordPressME2.2.3 にアップデートしたようです。
2012年12月 に新しいサーバ機にしてWordPress3.5を導入、コンテンツを移築したようです。
現在は4.9.4ですね。

12年前になる2006年当時はブログの必要性をあまり感じていなかったと思います。静的なページを作成しftpでアップロードするのに問題がなかったからです。しかし、複数の場所・パソコンからページを構築するのは面倒だなと思いつつありました。MSWordでもhtmlファイルを作れたし、GoLivedとかHome Page Builderなんかがありましたね。最初はエディターでべたにhtmlを書いていたこともあります。

でCMSが出てきたので乗ったんですな。最初はトラブルがありましたが、そこそこ便利になってきましたね。WordPressのアップデートも最初のころは、パソコンにダウンロードしてftpでサーバにアップするなんてことが必要だったので、アップデートが滞りがちでしたな。今ではftpを受け付けているサーバでは2クリック位でできますね。レンタルサーバでも各利用者がそれぞれアップデートするんですかね?それとも業者が一括して実施するんだろうか?

というわけで10年近くWordPressのお世話になっています。で、問題の「何故使うのかの理由」ですが、CMS自体の特徴以外には、無料、プラグインが豊富、themeもいっぱいある、安定している、情報が多い、と以前にも書いたことが理由ですな。プロのアフェリエイターには別の理由があるのかしらん?別にWordPressを使っているから信頼できるなんてことはないでしょ。筆頭著者のページもWordPressです。再現できないレシピなんかがあるようで、信用できるページですかね?アフェリエイトで稼ぐのには必須なんでしょうかね?

べつに10年選手だと威張っているわけではないですが、このコメントをされた方がこんなに昔からWordPressを使っているとは思えないし、上記のような利点以外になにか使う理由があるのかしらん?

「その道に詳しい」方が説明してちょうだい。