台風にともなう休講

アッチの大学コッチの大学と兼務しているもんで、どっちがアッチで、どっちがコッチと、このブログで書いていたのがわからなくなりつつあるこの頃ですが、台風襲来にもめげず皆様にはご健勝のことと存じます。

というわけで超大型で非常に強い台風21号が直撃の予想の明日月曜の講義は、アッチの大学では大学当局が「23日(月)6:30に大学のWebページに掲載する予定」で、現状では多分一斉休講だろう。コッチの大学は「当該授業科目の授業担当教員の判断により、…授業を実施しない場合の学生の周知は、学習管理システムのページで教員が連絡」しろとの連絡が教員に来た。対応が異なる。

キャンパス全体で統一して休講にするのと、教員毎に判断するのとどっちがいいかは、一目瞭然だ。休講にする場合のみwebページに連絡をアップするようにすると、アップできない教員がいたりするし、判断基準も異なるだろう。1限は休講、3限は実施なんてばらつきが出てきちゃう。しかもだ、本日は電源の定期点検で、サーバ自体は生きているものの、途中の経路のネット機器が18時位まで動いていないから、休講と決めても、情報をアップできない。学外からだったらできるかな。

大学当局が、統一して授業なし、先生も来るに及ばないとしてほしいね。

学生という商品を作っているけど、1日くらい、いじらなくても欠陥商品にならないだろ。

[ 追記 ] 2017.10.23

「23日(月)6:30に大学のWebページに掲載する予定」というんだけど。掲示されてない。

どうやら朝7時、中心は土浦付近。さって、授業開始の9時ころには水戸を過ぎて仙台あたりに行っちゃうだろうけど、1時間以上通学時間のある学生が結構いるわけで、休講か否かの案内がないのはひどいな。

休講になるようだったら朝6時半に掲載すると宣言しているのだから、休講にならないときは掲示しないという理屈らしい。学生が少なくなって大変だとサービスに努めることにしているはずなのに、あり得ない態度だな。