1つだけ残ったサイトは意味不明

<<コメントが多くなりましたのでこの投稿ではコメントを受け付けていません、続きは「元PTA会長」でお願いします。>>

STAP騒動はようやく鎮静化・沈殿してきて、一研究者・教育者の意見、小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会、DORAのブログ、木星通信、アトモス部屋、ryobu-0123のブログ、小保方晴子さんの冤罪を晴らすブログ等のブログ、小保方晴子さんに声援を送ろう、小保方晴子さんの大反撃、がんばれ、小保方晴子先生!、STAP細胞の検証グループ等のFacebookといっぱいあった擁護サイトはどんどん活動がなくなる・別の話題に移っちゃっているこの頃ですが、唯一、女医で医学博士の学とみ子のブログが活動しているようです。例のm氏が唯一存在できるサイトでもあります。

ところが、このブログ主の主張は意味不明な論旨が多く、批判すると「難癖、揚げ足取りと感じ」「揚げ足取りは免疫を付けるための抗原2017/10/9(月) 午後 7:56 )」だそうで、批判を理解できないようです。

「こうした揚げ足とりのコメントは、学とみ子がこのブログに書きこんでいる事は、非科学的、無教養、独断、偏見、想像、妄想、でたらめなんだから信じちゃダメダメ!とのメッセージが中心です。」だそうで、「非科学的、無教養、独断、偏見、想像、妄想」といわれていることは認識されているようです。しかし、このような評価を屁とも思っていないようで「桂委員会の報告書に書いてあるでしょ」などという指摘は無視し、妄想の連鎖を断ち切ることができず「STAP事件はマスコミが参入した(理研内部の)権力抗争」なんだそうです。

「女性頭で考えると、(学とみ子の妄想と言われようと)、小保方氏は、一旦は、疑惑の人となることを受け入れる決心をしたかも?と思うのです。周りがそれで助かるなら、私が犠牲になっても良い!と・・・。女性は命をかけて出産する性なので。2017/10/10(火) 午前 5:59 [ 学とみ子]  」

と発言したら;

「人は自分一人で生きているわけではないので。
もし、本当に小保方氏がES細胞で捏造していないのであれば、捏造者の家族として一生バッシングされる身内のことを思って、無我夢中で戦うと思いますけどね。
女性は命をかけて家族を守ろうとする性なので。2017/10/10(火) 午前 10:06 [ 命をかけて出産した人 ] 」

と返されて、これに対して;

「ご見解、ありがとうございます。当然、ご指摘の懸念も感じていたと思います。(2017/10/10(火) 午前 11:23 [ 学とみ子] )」

と、とぼけた返事をしています。皮肉も理解できないようですな。

この学とみ子という方はホントに医学博士なんだろうか?まともなサイエンスの議論をしたことがあるのだろうか?