出勤しちゃいけない

さって、年末年始の休暇に突入したわけですが、なんと、管理者の勤務する大学では29日〜4日は大学に来てはいけないといわれました。怠け者の管理者にとっては、当然と思うところですが、会社ではなく大学なんだからと研究者・教員の仮面を急遽かぶることにして、大学に来て研究や講義・実習の準備してもいいじゃん と思ったりするところです。

年末の冬休みになって御用納めの28日までの数日は大学に来ないから有給届けを提出たら、学部長に笑われたのは数年前でしたな。

それ以来、管理者の性向から当然のごとく行動は安易な方にどんどん流れていくわけで、年末年始の休暇は、カレンダー以上の長さに設定するわけですな。

それでも、貧乏人根性は変わらないので、誰も来ない大学に出勤して仕事をするのですが、個別暖房を誰も使わないもんで、建物が冷え切っちゃって、お燗した酒の消費量が増えるわけです。

なんでこんなことを書くかというと、今日29日から年明けの4日まで、毎晩は勿論、朝も酒びたりになるつらい日々になるからで、今日はその第1日の夜で、酒びたりだからですな。

それでは、皆様、良いお年を!

我が肝臓も頑張れ!