ゴニオメーター その4

電子ゴニオメーターと称する角度を電圧に変換し記録するための道具を作り、学生実習に供与したことは前に書いた。

ところが提出されたレポートでは、上腕二頭筋・三頭筋という拮抗筋の筋電図はあるものの、同時記録した関節角度が掲載されていないのだ。関節角度の記録は切り捨てられていて表示されていないから、どこが屈曲なのか伸展なのかがわからないレポートが多数あった。

なんてこった。苦労して十数個作成したのに。昨年はこの電子ゴニオメータがなかったから、上級生のレポートには関節角度の記録はないわけで、だから提示しなかったのか?

実習開始前の説明で、屈曲・伸展がいつから始まるのかが重要なんだぞと言ったんだけどね。クラスの誰かが削除しちゃうと、右へ習いなのだ。レポートが金太郎飴なのだ。

虚しいな。