ストレートで卒業できるかな?

平成24年(2014年)度入学者の卒業が決まった。

平成24年に106名が入学し、15名(14.2%)が中途退学。4年生大学で学年制でないので留年は4年生として留まるのだが、途中休学とか単位不足とかの留年生が17名(16.0%)、ストレートで無事卒業できたのが74名(70%)だ。このうち国試に不合格と合否不明(厚労省は正解をまだ出していない。予備校の正解速報によるわけだが、この正解速報が複数の予備校で異なるのね、予備校のせいではなく問題の不備の場合もある)者が6名。現役合格率は91.9%以上ということになった。もちろん非公式集計だ。中途退学者が多いんだよね。どんな幻想を抱いて入学してくるのかわからないけど、1年生のときは、こんなはずではなかったというわけだ。管理者の講義・実習が悪いのかしらん?やっぱし、声優になりたい、服装関係に行きたい、親が医療関係なので医者になりたかった、なのだ。だからこいつらの場合、1年次の成績がすごく悪いわけではない。悪い奴もいるけどね。で2年次以降になると、大抵、学力不足なんだよね。

管理者だってストレートで学部卒業したわけじゃないから、ストレートと留年でなんら差別はしないけど、留年生はそれなりに留年している理由がわかる学内成績だからな。

卒業して、国試不合格というのが一番まずいパターンなんだよね。受験勉強て、1年間も続かないんだよね。3ヶ月がいいとこなんだよね。再挑戦するわけだが、最初の試験に不合格だった理由が学力以外(マークミスとか風邪で発熱していたとか)の理由ではない限り、次に得点が急上昇するというのはめったにないんだよね。大抵、一番最初の時の成績が一番良いのだ。

同級生と一緒に勉強するというのは、結構効果があって、卒業しちゃって一人ぽっちで勉強するというのはたいへんなんだよね。頑張ってほしいけど、予備校とか、大学で認めている聴講生とかでしっかり勉強してほしいね。