パワポが挿入したmp4ビデオを再生できない。

Windows7 で Office2010 がインストールしてあるのだが、講義に使うパワポに動画を挿入しようとしたら再生できない。ハングアップしちゃう。.mp4 ファイルだ。Macのパワポ2011 だったらmp4 でも再生できる。

WindowsだからWMVだったらいいだろ。Macで動く変換アプリをさがした。Evom というのがあった。ドラッグドロップで簡単にコンバートできるようだ。ダウンロードしてApplications フォルダに入れて起動したら、開けませんといってきた。App Store経由でないからGatekeeper がタグを付けて開けなくしちゃったんだろ。ターミナルで確認。

drwxr-xr-x@    3 hoge  staff      102  8 13  2014 Evom.app

と@が付いている。

Mac:Applications hoge$ xattr -c -r /Applications/Evom.app

とすればいい。もしファイル名にスペースがあるときは
xattr -c -r “/Applications/abc def.app”
とダブルコーテーションで囲む
xattr -c -r /Applications/”abc def.app”
でもいいはず というか、こっちが普通か。

drwxr-xr-x    3 hoge  staff      102  8 13  2014 Evom.app

と@がなくなっていれば、このアプリが起動できる。

でwmvに変換したファイルなら、windowsのパワポ2010で挿入・再生できた。Media Player で一度再生しておかないと、キャッシュにないのでギクシャクするぞ。

講義で使っているノートはWin7 なんだよね。MacBook でもいいんだけどさ。

Mountain LionサーバのEl capitanへ更新ー未完

Macでサーバを構築しているのだが、自宅の方のサーバがこの夏調子悪かった。OSX 10.8.6 Mountain Lionでサーバ管理.appは10.6.5 なわけで、現在の最新がOSX 10.11 El capitanなので3世代前なのだ。調子悪いし、遅いから…そろそろ新しい機器に更新かな、と思ったわけだ。んでEl capitanのダウンロード開始前のYosemiteのMac Mini を購入しちゃったわけだ。

結局、不調の原因はHDDが壊れたからで、一気に壊れてくれればいいのに、うじうじ壊れて行ったので、解決に時間がかかってしまった。

んで、現在のサーバをOSX 10.11 El capitan、OSXServer5.0 にするのだ。その方法としては

(1)新しいMac Mini のSDDに現在のサーバのTimeMachinで バックアップした外付けHDDからTimeMachineで復元する。つまり新しいMac Mini を古いOSで動かすわけだ。その後El Capitanなどにアップデートしていく。これが一番楽なのでは?

(2)新しいMacMiniをOSX 10.11 El capitan、OSXServer5.0にして、TimeMachinで バックアップした外付けHDDから移行アシスタント.app で吸い上げる。

(3)現在のMacMini をOSX 10.11 El capitan、OSXServer5.04にアップデートして、これをTimeMachine でバックアップし、このTimeMachine で記録したHDDを使って、TimeMachine で新しいMacMini のSDDに復元する。

(1)はだめだった。TimeMachineで新しいMacMiniのSSDに復元しようとしたら、適応できないと拒否された。

(2)はデータはともかく移動することができそうだが、これをシコシコ再設定しないといけない。Mailman とかWordpress のデータベースの再設定はうまくいくのだろうか?試しに移行アシスタント.appを動かしたら、ユーザが一杯できた。そりゃそうだな、adminとかmailman とか一杯あるからな。これじゃ面倒だな。全てを新しく設定し直すのと大差ない。

(3)は、現在のMacMiniが最新のバージョンにアップデートできるかどうかが問題だ。調べたら、現在のMacMiniは2010年3月に購入している。注文書のメールに記載してある製品番号がMC408J/AだからLate 2009 ということになる。 OSX 10.11 El capitanはMac Mini の場合 Early 2009以降だったらインストールできるようだ。だからできる可能性が高い。

OSXServer5.04はOSX10.10.5 Yosemite 以降ならOKだ。いまさらOSXServer 4 は手に入らないし。多分El Capitan に上げることができたら、その後インストールできるだろ。だから、次回のトライは(3)だ。

(3)の手順は

1)現行のMachineを起動できるUSBメモリーにEl capitanインストーラをコピーして、このUSBメモリーから起動できること・ユーティリティが使えることを確認する。TimeMachine で復元するのに必要だ。

2)ネットから切り離し、現行のMacMiniのバックアップをTimeMacine とCarbonCopyCloner でそれぞれ別HDDにバックアップしてから始めないと連続性が保たれない。失敗したら復元できないと最悪な結果になるからな。

3)そんで、El capitan OSXServer5.04 にアップして、ネットに接続するが、localだけでテスト*1)して、うまくいくことを確認する。だめだったら、潔く2)で作成したTimeMachieHDDから復元して、もとに戻して再考する。

4)local ネットからも切り離し、TimeMachine で別HDD にコピーし、このHDDから新しいMacMini のSDDに復元する。復元できて起動できて、local net でテストし問題なかったら、入れ替えて、本来のTimeMachine とCarbonCopyCloner でそれぞれ別のHDDにバックアップして、ネットに接続する。

*1テストとはメール(PostFix)、Webメール(Squirrel Mail/Round cube)、メーリス(Mailman)、ブログ(WordPess)だな。php の設定とか引き継がれているのかしらん?