過去問の勉強

定期試験の時期だ、前期/後期制度を採用している大学が多いと思うが、そういう大学は7月が前半の定期試験だ。学生は担当教員が同じだと、昨年の試験問題を先輩からもらって過去問の勉強をするわけだ。過去問は部活の先輩からというのが一番多いと思うが、ときには新入生歓迎会のゲームの商品が正解付き過去問であったり、成績がよかった実習レポートだったりして、引き継がれていくのだ。3年分持っていればだいたい問題ない。教員の方だって、試験に出す問題はそんなに手持ちがない。重要なところを問題にするわけで、重箱の隅をつつく問題は出したくないからね。

さらに作る方も面倒なんだよ。昔の大学の試験は、2,3問を記述式で答えさせてよかったのだ。学生数が少ないから、記述問題でも採点が難しいわけではない。今はマークシートだ。履修学生数が100名なんかだと、記述問題は現実的ではない。というわけで、試験の前の週は売店のコピー機がおおいそがしなのだ。

マークシートつまり多肢選択問題や空白を語群から選ぶような問題になると、いくらなんでも昨年の問題と同じでは…と思うわけでちょっと違った問題にするために;

「血圧が高くなると(問1)受容器線維の活動が(問2)し、その結果、延髄の循環中枢が迷走神経の活動を(問3)させ、心拍数が(問4)する。」

なんていう問題を逆にして

「血圧が低くなると(問1)受容器線維の活動が(問2)し、その結果、延髄の循環中枢が迷走神経の活動を(問3)させ、心拍数が(問4)する。」

と形を変更するのだ。教員が怠惰だからな。

昨年度の問2は(増加)、問4は(増加)、問5は(減少)が正解なのだが、今年度は(減少)(減少)(増加)が正解になる。

過去問を勉強する学生は、問題を理解しているのではなく、答えを憶えるだけなので、アホなことに今年の問題が昨年とほとんど同じパターンだと知ると、憶えたままの(増加)(増加)(減少)を選択するのだ。

動脈血中の二酸化炭素分圧はどれか?

(1)10mmHg  (2)20mmHg (3)30mmHg

(4)40mmHg (5)50mmHg

という問題の正解は(4)なのだが、この語群の並べ方を逆に

(1)50mmHg  (2)40mmHg (3)30mmHg

(4)20mmHg (5)10mmHg

とすると、学生は(4)を選んでしまうのだ。なんてことだ。正解の番号を憶えるのであって、正しい数値を憶えるのではないのだ。

普通は、意味のある数値を憶えるほうが楽だと思うのだが、苦痛となる意味のない答えの番号を憶えるのだ。自動車運転免許の問題だったら、正解の番号を憶えてもなんとかなるかもしれないけど、大学の試験はそうはいかないでしょ。

国試の過去問の勉強は、同一問題がでることはないのだから、答えを憶えるのではなく、何故この選択肢が誤りで、こっちの選択肢が正しいのかを理解するのだ と口を酸っぱくして言うのだが….

どうやら、高校まで、「勉強とは、ひたすら憶えること」という教育だったのだ。教育方針は違っていたかもしれないが、学生はこの方法で報酬が得られたわけで、これを治すのはかなり困難だ。

 

LINE を使う羽目に…

管理人はジジイだし、これをつかっている学生がいっぱいで、学生が勝手に作ったメンバーに入れられちゃったりしたらめんどい(電話番号情報が漏れて、これを知った学生がグループを作って入れちゃうことはないと思うけど、そうなったら接続不可にすればいいんだろうけど)し、そもそもスマホで文字入力しにくいんだよね。だからスマホでメールを読むことはあるけど、出すことはほとんどない、せいぜい写メールするだけ。本人あてだから、プリセットの文字そのままでいいしね。

ところが、LINE で情報交換しているんだから、お前も使えということになって、インストールしてしまった。さっさとグループに加えられて、発言があるたびに、ぴこぴこ うるさい。なんせ入力に手こずっている間に、別人が発言したりしているし…
20150722line
友人グループに入って、使っているとエンドレスでなかなか寝られないという状況がよく理解できるね。発言が最後になってだれも応答しないというのはいやだし、だから相手にすることになるし…

[ 追記 ] 7月26日

誰だかわからんやつから連絡がきた。電話番号なんか教えたことのない奴からだ。削除するのも、よくわからんので時間がかかった。