梅雨時のお食事

梅雨だろうとなんだろうと関係ないのですが、この週末のコース料理を;

20150704dinner

八寸です。アワビの酒蒸し肝ソース、酒盗、サザエの壺焼き、ルイベ、枝豆、もろきゅう、カツオのたたき

20150704ebi

エビとアスパラガスの塩焼き、大根おろしシバ漬け添え

20150704kinme

金目鯛の西京味噌漬け焼き

写真がないけど かますとじゅんさいのお吸い物(鱧のお吸い物のイメージです。鱧なんか手に入らないからね)

同じく写真を撮り損ねたのだが 牛肉ときのこのホイル蒸し焼き そばつゆで味付けしたのですが、物足りないということでワサビ醤油がでてきました。なんせヨッパなんで、すべての写真を撮ることができないのですな。

締めは;

20150704udon

稲庭うどんと鰻の蒲焼

デザートはさくらんぼといただきもののブルーベリーでございました。

なんかなー。これを召し上がった二人のご婦人(つーか二人の X”X”ァ は、料理人が言うのもなんだけど、幸せだよな….)

ちなみに、鮑の酒蒸し なんてめったに作れないので、レシピで検索すると、蒸し時間が極端に異なる。

1,2分から5分というのが、クックパッド
蒸しあわびのレシピ/作り方は、2時間半~3時間蒸す。
手前板前: 酒蒸しは3時間。
圧力鍋を使った場合は5分というのと15分

スライスしてから蒸すのと蒸してからスライスといろいろだ。今回は圧力鍋でスライスせずで5分だった。十分柔らかい。鮑の肉そのものは味がないからソースが肝で、だから肝を使うのだ。