Yosemiteでは開いたファイルは再起動で…

2台のモニターをつかっているわけだが、yosemite では、再起動したとき、再起動前の開いたファイルの位置が保持されていない。デスクトップは保持されているのだが。

例えば、スティッキーズとかカレンダーが、シャットダウンしたときその位置を覚えていてくれないので1つのモニターに集まって表示される。隣のモニターに移動させないといけない。

カレンダーとかスティッキーズはメインのモニタではなくサブのモニタに常時提示しておきたいのだ。サブモニタに表示させておいて、再起動すると、メインモニタに開いちゃうから、サブモニタの方へ毎回移動させることになる。

よくわからないのだが、yosemite にアップグレードした直後は、カレンダーだけでスティッキーズはサブモニタの方に留まっていてくれたのだが、今日は、再起動したらカレンダーもスティッキーズもメインモニタに表示されてしまう。

システム環境設定 一般 「アプリケーション終了するときにウインドウを閉じる」 にチェックをいれた。再起動でカレンダーがだめだが、スティッキーズはサブのモニタに出現する。mi のウインドウはこのチェックの有無に関係なくサブモニターに置いておくとそのままサブモニタに出現する。どうやらアプリごとにばらばらばらのようだ。

再起動のプロンプトで「再ログインの時にウインドウをサイド開く」のチェックをはずすと、また様子が変わって、カレンダーはサブモニタに出現するがスティッキーズはサブモニタにでてこない。

組合わせがあるのか、再現性があるのかないのかよくわからなくなってきた。

何回もやっていたら、確実に、カレンダーやスティッキーズ、開いたフォルダのウインドウなどすべてが再起動時にメインのモニタにあつまって開くようになってしまった。どうやら、最後に閉じた時の位置とサイズが記憶されていないと思われる。どこに記録されているんだろ。

デスクトップのアイコンは .DS_Store に保存されているが、こっちは問題無い。サブのモニタに表示されていたフォルダなどがメインのモニタに集まっちゃうなんてことはない。もっぱら開いていたウインドウの位置を記憶していないことだ。

~/ライブラリ/Preferences/com.apple.finder.plist を削除して新たに作成してもだめだった。

 

何故かうどん屋はなくて蕎麦屋ばかり

さいたま市岩槻区に職場があるわけで、そこまで通う途中の道のりで、国道16号と埼玉県の県道2号との春日部付近の交差点から、東武野田線岩槻駅までの県道2号の約3kmに麺類の店が幾つあるかをかぞえてみたら、蕎麦屋が8軒、ラーメン屋3軒でうどん屋は1軒もない。ほかには鰻屋が1軒、寿司屋が1軒、ファミレス(中華)が1軒だ。何故かうどん屋がない。

20141104iwatsuki_map

都道府県の県民性とかを調べているサイトである都道府県別統計とランキングで見る県民性によると、人口10万人あたりの店の件数で、埼玉県は、蕎麦屋が12位、うどん屋は13位、ラーメン屋はなんと41位だそうな。埼玉県の傾向が岩槻地区にもあてはまるのなら、うどん屋はそこそこ多いはずなのに、なぜか岩槻地区には少ない。もっとも岩槻区全てを調べたわけではないけど。ラーメン屋はそこそこあるような気がするが、幹線道路近辺しか見ていないからだろう。幹線道路ではどこでもラーメン屋が多いからね。下の図は人口10万人当たりの店舗数だ。

20141104sobaya

人口10万人当たりの蕎麦屋の多い都道府県

20141104udonya

人口10万人当たりのうどん屋の多い都道府県

この「とどラン」というサイトの統計は、タウンページなどからデータを採取しているようだけど、結構面白い。10万人あたりの銀行店舗数は鳥取県が最高で埼玉県は最低らしい。埼玉県と正の相関のある軒は神奈川と千葉県だ。一方、茨城県と正の相関があるのは栃木や群馬だ。埼玉、神奈川、千葉は東京の衛星県だが、茨城は多分、南部は東京の衛星としての性格が強いが北部は東北に性格が近いのだろう。だから栃木や群馬に県全体としては似てくるんだろうな。

石川県はうどん、そばの店は多いが、ラーメン屋は少ない。山形県はラーメン屋数でもトップで、山形県民はメンクイなのがよくわかる。