winmail.dat を開く方法/winmail.dat にしない方法

Windows の Outlook を使って添付書類を送付するとしばしばwinmail.dat というファイルになってしまう。

再度、送付しろとかいっても、送付するほうに認識がないから面倒だ。送付する方は自分の所では問題がないから、受け取る方が悪いと思う。だから、再送付を依頼するのも、説明するのもいやだ。

Macユーザ

MacユーザはTNEF’s Enoughを使う。ダウンロードして解凍されたアプリ20140117TNEFS_Enoughに添付されたwinmail.datファイルをドラッグ・ドロップすると

20140117TNEFS_Enough-2

 

とUntitled Attachment ができるから、これをデスクトップなり適当なフォルダに移動させる。ダブルクリックすると出力先を聞いてくる。ドラッグ・ドロップしてもいい。

ファイル名や拡張子がないが、ファイルをダブルクリックすると開くことのできるアプリケーションが立ち上がって開くであろう。欠点は、ファイルの種類がわからないこと、本来のファイル名がわからないことである。しかし使える。

Thuderbird をメーラーとしているのなら。アドオンの LookOut をインストールしたらいい。これはwinmail.datを自動的に分解/解凍してくれる。何の操作も必要ない。もとのファイル名や拡張子がわかる。これが一番楽だ。

20140117TNEFS_Enough-3

 

Gmail のアカウントがあったら、そっちに転送してGmail で読む手もある。

Windowsユーザ

Winmail Opener を使う。こいつをインストールするとデスクトップに20140117winmail_opnerというショートカットができるから、ここにwimmail.datという白紙アイコンをドラッグ・ドロップする。

20140117winmailopner-2

 

添付ファイルが解凍されているから、どっかに別途ドラッグ・ドロップで保存すればいい。

 

winmail.dat にしない方法

Outlook を止める。これが一番いい方法だ。Thunderbird に乗り換えるのだ。

どうしてもOutlook を使いたかったら、「初心者でもわかる! Outlook 添付ファイルのトラブル対処法 : 送信トラブル 4」を読め。あとは知らん。Outlookなんか使ってないからな。

あるいは「Outlook を使用して送信された電子メールに Winmail.dat 添付ファイルが含まれている」を参照してちょうだい。

Outlook 2007 および 2010ユーザなら「Outlook 2007 および 2010 でメールを送信すると、受信者側に Winmail.dat というファイルが添付される」をよんでregistryを変更すればいい。

Outlook しかメーラーが無いというMicrosoft の態度が嫌いだ。